ピクシブ百科事典

山本昌

やまもとまさ

中日ドラゴンズに在籍していたもとプロ野球選手。本名は「山本昌広」。
目次[非表示]

概要

山本昌(本名:山本昌広)とは、もとプロ野球選手である。ポジションは投手。ラジコンプレイヤーとしての一面もある。
1965年8月11日東京都大田区生まれ、神奈川県茅ヶ崎市出身。日大藤沢高校から1983年ドラフト3位で中日ドラゴンズに入団。

一軍初登板は3年目の1986年、翌87年には開幕一軍になるもののナゴヤ球場初登板で負傷退場、そのままシーズンを終える。
88年には中日と交流のあったMLBロサンゼルス・ドジャースへ留学、シーズン終盤に帰国し先発として5連勝、優勝に貢献する。日本シリーズでは工藤公康と投げ合うが敗戦。
89年は不振からアメリカ再留学。スローカーブの習得に励んだ。
93、94年は最多勝投手となり、93年は防御率1位、94年は沢村賞を獲得。
97年は初の開幕投手となり、ナゴヤドーム初の公式戦で初めて勝ち星を付ける。同年3度目の最多勝、初の最多奪三振となるもチームは最下位であった。
99年は4月に月間MVPを獲得。
2006年、新井貴浩から通算2000奪三振、その1週間後にプロ野球最年長(41歳1か月)でノーヒットノーランを達成。
07年、セ・リーグ最年長(41歳8か月)で完封試合達成。
08年、セ・リーグ最長実働年数を更新、8月に通算200勝を達成。200勝目は完投勝利で、どちらも42歳11か月と最年長記録であった。同月最年長完投記録、最年長二桁勝利を更新(43歳0か月)。8月月間MVPに選ばれ(もちろん最年長)、出身地である茅ケ崎市から市民栄誉賞を贈られた。
09年は二軍暮らしが続くものの、シーズン終盤で一軍昇格、初勝利を挙げセ・リーグ記録となる22年連続勝利となった。
2010年は最年長完封および完投記録を更新(45歳0か月)。クライマックスシリーズではポストシーズン最年長出場記録を更新した。
11年には工藤の退団によりプロ野球現役最年長選手となる。この年はケガにより一・二軍とも登板がなかった。
12年は開幕ローテーションに入り開幕3戦目(4/1)に登板、セ・リーグ最年長登板記録、最年長勝利記録、プロ野球最年長先発勝利記録を更新。また、4/22にはゴロによる打点を挙げ、金本知憲の持つセ・リーグ最年長打点記録を更新した(いずれも46歳7か月)。4/30には球団最多となる通算212勝目を挙げる。その後2軍に降格するも復帰、10月に47歳1か月でセ・リーグ最年長勝利記録を更新した。
30年目となる13年はプロ野球最年長先発登板とセ・リーグ最年長登板・勝利記録を更新。また、野村克也を抜いて歴代2位となる実働27年を記録している。
14年、実働28年目。49歳0か月で迎えた9月5日の対阪神戦で先発で今季初登板、5回無失点で勝利投手となり、自らのセ・リーグ最年長登板・勝利記録をさらに更新。浜崎真二の持つNPB史上最年長試合出場記録、NPB史上最年長勝利投手記録などの最年長記録も塗り替えた。
15年、実働29年目となり、工藤らの持つプロ野球記録に並ぶも、9月25日に今シーズン限りでの現役引退を発表。大リーグ最年長勝利記録を上回ることはできなかったが、10月7日の広島戦(シーズンラストゲーム)で打者1人限定という形で先発登板、プロ野球初の50歳登板を成し遂げた。結果は打者をゴロで打ち取り、見事有終の美を飾った(試合も中日が2-0で勝利した)。

現役引退後は野球解説者として、テレビ・ラジオなどで活躍している。

野球は副業!?

・・・・・と嘗ては言われるほどラジコンカーにのめり込んでおり、2002年の全日本選手権には中京地区代表(1位!!)として出場、4位入賞を果たしている。趣味として好きになる一方で、細かくデータを取りセッティングを詰めていく姿に「野球もただ一生懸命やるんじゃなくて、こんな風にシステマティックに出来ないだろうか」と大いに感銘を受け、その後の野球人生にも反映させていたという。

独特のフォーム

自他共に「カッコワルイ」と言われてしまう独自の投球フォームだが、アクシデントによる怪我を除けば32年の長きにわたり故障なく自身を支えてきたフォームであり、毎年改良を加え現役中ずっとストレートの球速を維持し続けた。球の回転数も毎秒約52回転藤川球児をも上回る。またコントロールも抜群であり、両コーナー低めのストライクゾーンの出し入れが球1個の感覚で出来た。「球を投げる」ことに拘り研究を続け、「語らせたら誰にも負けない」と豪語するほどである。

関連リンク

中日ドラゴンズ・山本昌のページ

pixivに投稿された作品 pixivで「山本昌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26828

コメント