ピクシブ百科事典

山本昌宏

やまもとまさひろ

仮面ライダーウィザードの登場する仮面ライダーメイジ(緑)に変身する青年。
目次[非表示]

演:川口真五

概要

仮面ライダーウィザード』第46話より登場。
劇中で登場する最後の一般怪人であるアラクネが付け狙っていたゲート。
既存者で、亜矢という名のがおり、彼女との間に設けた新しい命の誕生と父親になる事を心待ちにするごく普通の青年であったが、ワイズマンの命を受けたメデューサに最後のゲートとして目を付けられ、その命を狙われる事となってしまう。

当初は自身が狙われていたが、その道中で肌身離さず持ち歩いていた“妊娠した妻”の写真を見られたことで、彼を絶望させるには妻と彼女が宿しているを狙われる事となってしまい、一時はメデューサの攻撃によって2人が死んでしまったと思い込み絶望しかけるが、ウィザードに変身した晴人のよって2人が助かった事や凛子瞬平の説得にとって“家族を守る”という使命感から絶望を乗り越え“4人目の魔法使い”としての素質に目覚めた。

が、それは全て娘のをこの世に呼び戻すための儀式“サバト”を行う為に必要な生贄である“魔法使い”を生み出そうとした白い魔法使い(仮面ライダーワイズマン)=笛木奏の目論見通りの結果であり、その後、突如として現れた笛木の「魔法使いになれ‼」という要求を断るも同様に強引に連れ去られ洗脳されてしまい、晴人の前に現れ彼の前に立ちはだかる。

その後、晴人や仁藤の活躍により“サバト”が阻止され人柱から解放させた後は笛木の死によって彼の支配から解放された事で正気に戻るが、“魔法使い”としての素質があるが為に厄介事に巻き込まれたと憤慨。
「これ以上魔法使いに関わることはない‼」と宣言するが、己の欲望の為に無差別に人々に襲いかかるグレムリンを目撃した事で、“自分の後ろに家族がいるから、守りたい”という思いを抱き、そんなの背中を押してくれる妻の言葉もあってグレムリンの凶行を止めるべく、再び戦いへと赴く事となる。

グレムリンとの決戦の後は無事に生まれた娘と共に幸せな家庭を築いて平穏に暮らしているようだ。
また、上記の出来事以降、自身が持つ力を役立てたいという思いも抱き始めたようで、笛木たちが起こした事件が収束後も0課からの要請を受け笛木の事件の事後処理やファントム絡みの事件解決の為に他の魔法使いたちと共に事件解決の為に奔走する事もある模様。

余談

演じた川口真五氏は仮面ライダー響鬼轟鬼を演じており、仮面ライダーに変身するのは二度目となる。(ディケイドの響鬼の世界のトドロキを含めれば三度目)
偶然か意識あってか、轟鬼と同じ緑色のライダーで、メインライターも一緒。

関連項目

仮面ライダーメイジ 稲森真由 飯島譲 仮面ライダーウィザード

pixivに投稿された作品 pixivで「山本昌宏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14

コメント