ピクシブ百科事典

笛木奏

ふえきそう

笛木奏とは、『仮面ライダーウィザード』の登場人物である。
目次[非表示]

演:池田成志

本記事は39話以降のネタバレが含まれます
















概要

最後の希望


白い魔法使いおよびワイズマンの正体である男性

本業は物理学者であるが医学や化学にも精通し、魔法やアクマイザーなど魔法に関わる伝承についても知識があるなど非常に博学で、エクスプロージョンやメイジなど自力でもある程度指輪を製作可能な模様。また輪島にスタイルチェンジ用の指輪を作らせた際に大量の資金を用意してたことから資産家でもあるようだ。下記の事情があるとはいえ、戦闘でも白い魔法使いの姿でビーストハイパーを圧倒しインフィニティースタイルと素手で互角に戦えるほど身体能力も高い。
黒幕が元人間であることが多い2期平成ライダーでも中々の高スペックである。

かつては妻の京子、娘の暦とともに暮らしていたが、京子は早くに他界した為、彼の希望は残った娘だけであったが、やがてその暦も不治の病で喪い、彼は絶望にたたき落とされてしまう。
(アンダーワールド内の過去の暦の発言によると元々体が弱かったらしい。)
暦の死で絶望した彼はやがて「娘を蘇らせるためにはどんな犠牲もいとわない」「他者が不幸になっても娘を失った悲しみに比べたら小さい事」と歪んだ思想を持つようになり、暦を蘇らせることを決意する。

そこで彼は魔法の研究を開始し、科学と魔法の融合により人造ファントムであるカーバンクルを造り上げて自らの身に取り込むという、いわば改造人間と言える状態で魔法を使えるようになり白い魔法使いとなった。そして暦の遺体に生死を反転させる「賢者の石」を埋め込み、蘇生させようと計画した。
彼女の蘇生の為多くの人々をとある海岸に拉致し、強制的に魔力を吸い取るサバトの儀式を行う。多数の人が犠牲になりファントムと化すが、しかし魔力が不十分だったせいで暦の復活は不完全となり実質的に失敗する。このとき発生したのが、暦の記憶を持たない魔力で動く人形、コヨミである。

しかしサバトの後唯一生き残った操真晴人という思わぬ「収穫」を得た彼は、コヨミの賢者の石を維持させるため、白い魔法使いの姿で晴人にウィザードライバーウィザードリング、そしてコヨミを授けた。
自身も来たるべき2度目のサバトの為、魔法使いとしてドラゴン系スタイル用の魔宝石を陰ながらに晴人に提供、自身の魔法の力の一部と言えるドラゴタイマーを与えるなど魔法使いとしての彼の成長を促し、また魔法使い候補となった稲森真由を連れ魔法使いに仕立て上げ魔法使い候補を探させ、日食を起こす「エクリプス」の指輪を輪島に作成させるなど入念な下準備を行う。
一方ワイズマンとしての顔では、唯一ゲートを見つけられるメデューサを言葉巧みに利用、自分の事を探るグレムリンに対しては賢者の石を餌としてちらつかせ、駆け引きをしながら様子見をしていた。

そんな中3人目の魔法使い候補の譲が誕生すると、魔法使いになるのを嫌がる彼を強制的に連れて行き洗脳させる手段に出る。また自身の情報を探る木崎を襲撃しデータも全て消去するなど、支援者だった一面から一転し非情に接する行動は晴人達に動揺を呼んだ。
46話で笛木の思惑を把握したグレムリンによりコヨミを人質に取られ甚振られる晴人を助け、グレムリンを撃退する。その後に変身解除して晴人にコヨミが世話になった礼を言い、コヨミを連れ安全の為特殊な空間内に避難させる。
山本が魔法使い候補となり魔法使いの数が揃うと自身の正体を明かし、用済みとなったメデューサを殺害。コヨミの体が限界に近づいていることもあり山本を洗脳し5日間でファントムの力を引き出せるところまで成長させ、晴人も強制的に連行する。

そして娘を完全に復活させるため、4人の魔法使いを捕らえサバトを起こそうとするが、仁藤攻介の捨て身の活躍により失敗。諦めきれず再びサバトの遂行を目論むも、当のコヨミは「他人を犠牲にしてまで命を得たくはない」と拒絶する。
そこに襲ってきたグレムリンと交戦、ハーメルケインを腹部に深々と突き立てとどめを刺そうとしたところで、インフィニティリングを持って逃げたコヨミが目に入り、グレムリンを放置して彼女の後を追う。
そこでコヨミを探してきたウィザードと激突、相打ちになった。

だがそこへ、やられたはずのグレムリンがハーメルケインで斬りつける。先の戦闘で串刺しにされてやられたように見えたのは、賢者の石を取り出す力のあるハーメルケインを手に入れるための、グレムリンの命がけの計略だったのだ。嘲笑するグレムリンに斬り捨てられた彼は、コヨミに手を伸ばし無念の表情を浮かべたまま消滅する。

ファンからの扱い

「コヨミを救えるのはわたしだけだ!」全ての元凶、白い魔法使い


登場当初は晴人の目の前で変身する以前から白い魔法使いの正体であることや、「白い魔法使い=ワイズマン」であることも予想していた人が多かったためそれ程注目はされていなかった。

しかし「娘のためなら他の人が犠牲になっても構わない」というとんでもない思想や、物理学者でありながら驚異的な格闘能力や科学と魔法を融合させた結果の強力な魔法の数々、その念入りかつ用意周到な様子などライダーシリーズの首領としても一つのキャラクターとしても強烈であり、劇中でコヨミを蘇らせる為にサバトに執着していたこともありふたば☆ちゃんねる等では「サバトマン」と呼ばれ、独特の存在感を放つようになった。

ウィザード放送終了後にも、単独でのスレでの登場や鎧武スレなどでも画像レスや話題に出され再評価、ネタにされるようになり、更に次回作との脚本繋がりや魔法ネタでFateスレにも登場し、「サバトを起こすために聖杯を使う」などやはり強烈な存在感で笑いを誘っており、クロス系で話題に出るととりあえずサバトというサバトにこだわり続けるネタが多い。

なお、笛木と同じくベルト開発者の戦極凌馬ベルトさんなどとんでもない性格が多い為、「ベルト開発者はとんでもない奴ばかり」とネタにされる。

余談

笛木役を担当した池田氏は、「天元突破グレンラガン」で笛木と同じヒロインの父親役のロージェノム役を担当したが、娘との愛情やキャラクター性は真逆であった。

ファンの間では、「大切な肉親の命を長らえさせる」という同じ目的の共通点を持つ『仮面ライダー龍騎』の神崎士郎と類似点が指摘されている。ただ神崎の場合、大抵巻き込むのは願いを叶える為にライダーバトルに同意するというある種の自己責任の側面が強く、かつ参加者も須藤や浅倉といった人間性が良いとは言い難い人物が多く、ライダー関連以外で巻き込まれる人も数える程しかない、人を襲うミラーモンスターも彼が作り出したものではないなどあくまで小範囲の域を出ないのに対し、(一概に比較はできないが)こちらは無関係な大勢の人命を奪い、利用したきたという神崎とは比べ物にならないほどの悪行を行っている。
もっと言えば、笛木は罪と分かってて棚上げしている理屈に対し、神崎士郎の場合、彼は隔離された幼少期から優衣以外に対し、人類は仲間と言う概念はないに等しく、罪を罪と思わない点で、二人の精神性は大きくベクトルが異なっている。

又、次回作の鎧武で王妃を蘇らそうとしたロシュオや、仮面ライダー大戦に登場した葵連/仮面ライダーフィフティーンも命を失った自分の子供を蘇らせようとする等「愛する者を蘇らす」という展開が続いたため、笛木はその代表格として扱われる事が多くなった。

戦隊シリーズでは「科学者である」「主人公の変身システムを作り出し終盤で同じシステムの戦士が登場する」「娘を失い人格が歪む」「娘そっくりの人形を作る」「人間ながら敵組織を傀儡として操る」「主人公の支援者と関係を持つ」など『電磁戦隊メガレンジャー』のDr.ヒネラーとも共通点が多い。

ウィザードと同時期に放映されていたドキドキ!プリキュアにおいても、「妻を失いが不治の病に倒れ、彼女を救う為に悪の道を選んだ組織のトップ」という同じ境遇のキングジコチューが登場している。ただしこちらは最後まで他者が不幸になることから躊躇していた。
同じ特撮番組の牙狼魔戒ノ花に登場した毒島エイジも愛する人を救うために、犠牲者を出した(彼の場合、間接的ではあるが)という点では共通している。
またザ・ハウス・オブ・ザ・デッドDr.キュリアンも同様自分の愛する人をを救うために、歪んでしまい沢山の犠牲を出してしまったという点でも共通している。

関連タグ

仮面ライダーウィザード
白い魔法使い ワイズマン(ファントム)
マッドサイエンティスト 哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「笛木奏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24113

コメント