ピクシブ百科事典

サジタリウス・ノヴァ

さじたりうすのゔぁ

仮面ライダーフォーゼに登場する怪人・ゾディアーツの一体「サジタリウス・ゾディアーツ」の進化形態。
目次[非表示]

月面の塵と消えろ、コアチャイルド!」

概要

超新星によって変貌したサジタリウス・ゾディアーツキャストオフもとい究極進化形態

超新星の発動後、燃え盛る太陽をバックに全身の装甲が弾け飛ぶ形で変化するその様は、ヒーロー物顔負けのカッコよさを誇る。

その姿は人型の(=ケンタウロス)のような姿に変化して体色も赤くなり、最強形態のライダー2人を何度も苦戦させた通常時よりも更に驚異的な戦闘力を発揮したが、ダークネビュラを開いている間、攻撃力がゼロになる点は変わっていない。

主な攻撃手段は、通常時と同様にコズミックエナジーを収束したを放つだけでなく、全身に太陽のようなコズミックエナジーを纏い、自身を「矢」としての飛び蹴りを放つことが可能で、特にこのキック攻撃は通常時では破れなかったコアスイッチのバリアを破る程の威力を誇る。

他作品では

仮面ライダー生誕45周年記念としてYoutubeにて配信中の『仮面ライダーゴースト 伝説!ライダーの魂』のフォーゼ編にも登場する(前話となる第3章で台詞はないが、カメオ出演している)。声は当時と同じく鶴見辰吾が担当する。
劇中ではスペクターと対峙し、彼の事を「自分と同じ、目的の為に手段を選ばない孤高の存在」と評している。最終的にフォーゼ魂の力で倒されるものの、倒される直前に「それでいい。人との絆が、人を強くする…!」と、本編の最終回を踏まえたかのような台詞を残している。

余談

スーパーヒーロー大戦GP』では何があったのかショッカー幹部として登場。こちらも今までのお祭り作品のゾディアーツ同様、イマジンオルフェノクのような単なるモンスターとして描かれている。今までのライダーがショッカーライダーとして登場する本作に於いて通常時の姿ではなく、ライダーに似たこの姿で登場している辺り、ショッカーの悪意が感じられる。
最後は仮面ライダーゼロノスに倒された。これは射手座がゼロノスのモチーフである夏の大三角と同じく夏の夜空に輝く星座である事と、未来の桜井侑斗の恋人となる野上愛理の経営するカフェの店名が『ミルクディッパー』(射手座を構成する南斗六星の事。)から来たネタだと思われる。ついでに言うと未来の桜井侑斗は天文学者でもあったりする。

また、中の人ネタ橘朔也の変身した仮面ライダーギャレンにぶん殴られている。更にライダーレボリューションではギャレンとの掛け合い(通常態との掛け合いとなるが。)を見る事ができ、そっくりさんが従順な態度を取っていたに対し、やたら反抗的な態度を取られていた。

通常時の頭が馬の頭蓋骨をモチーフとしていたのに対し、こちらの形態の頭部がバッタモチーフになっている理由は、スカルマンの企画が仮面ライダーの企画へと変わったことに対するオマージュと思われる。

サジタリウス・ノヴァが射手座のモデルとされるケンタウロスではなく、ライダーに似た姿をしているのはもしかしたら、ケンタウロス⇨馬⇨バイク⇨ライダーという連想から来たのかもしれない。

関連タグ

仮面ライダーフォーゼ ゾディアーツ ホロスコープス

サジタリウス・ゾディアーツ 超新星

ラスボス

シナンジュネオ・ジオングコンパチヒーローシリーズで共演しているボスユニット仲間。赤いボディ、カースト制度の頂点がモチーフ(シナンジュは間接的だが)という共通点がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「サジタリウス・ノヴァ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1340

コメント