2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

新たなる敵の登場。そんな彼の前に現れた謎のライダー、その名を仮面ライダー3号!
原作者石ノ森章太郎、幻の仮面ライダーが今ここに蘇る!

概要

2015年3月21日公開の映画。
正式タイトルは『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』
公開当時に放送していた『仮面ライダードライブ』を主人公に、『仮面ライダー』放送当時、児童誌に描かれただけに終わった幻の仮面ライダー「仮面ライダー3号」を巡る戦いを描く。

白倉伸一郎プロデューサー曰く「ドライブがこの3号と出会う所からとんでもない物語がスタートします!」とのこと。
「GP」は「GRAND PRIX(グランプリ)」の略とのことで、物語後半では最強・最速のライダーを決める究極のレース「仮面ライダーグランプリ」が舞台となる。

冒頭の1号2号の活躍シーンは、1973年に放送された初代「仮面ライダー」の実際の映像を再編集したものとなっている。

ED映像には、本作に登場するヒーロー怪人たちを石ノ森風に書いたイラストが使われている。

なお、「スーパーヒーロー大戦」と銘打ってこそいるものの、今作では遂に正式タイトルからも「スーパー戦隊」が完全に外されてしまい、戦隊の登場は当時現行だった手裏剣戦隊ニンニンジャーが顔見せ程度に客演するのみに留まっている。
…今度も「仮面ライダー大戦」で良かったのではないだろうか、と言うのは禁句か。

あらすじ

1973年2月10日。1号と2号の活躍により、地獄の軍団ショッカー首領は葬られ、世界に平和が戻った。
だが基地を後にする二人の前に現れたのは、本来存在しなかったはずの「仮面ライダー3号」=黒井響一郎だった。3号の圧倒的な力を前に、二人は為す術もなく倒されてしまう。

時は流れて2014年。
警視庁特状課に所属する「ショッカーライダードライブ」こと泊進ノ介と詩島霧子は、ショッカーユーゲントを選抜するレース大会を潰そうとする悪の仮面ライダー・仮面ライダーBLACKを逮捕するため出動していた。それはいつもの日常のはずだったが、霧子はどうしても違和感を抑えられなかった。

だが、BLACKを誘き寄せるために子供を盾に使ったブラック将軍のやり口と、それを庇って力尽きたBLACKの様子を見て、進ノ介に迷いが生じる。やがて「仮面ライダードライブ」としての使命に目覚め、反逆者として追われる身になった進ノ介だったが、その窮地を救ったのは黒井だった。

黒井は、1号と2号はまだ死んでおらず、巨大な電子頭脳にその魂を移し生き延びていること、その電子頭脳を保管してある秘密の場所「ライダータウン」に、正義に目覚めた仮面ライダーが集結していることを告げる。
進ノ介はショッカーライダー達の追撃をかわしながら、ライダータウンに向けて走り出すが…。

登場キャラクター

仮面ライダードライブ』より


仮面ライダー電王』より


仮面ライダー剣』より


仮面ライダー555』より


仮面ライダーBLACK』より


今作オリジナル


ショッカー


ショッカーライダー

☆はショッカーグランプリ参加者

その他ショッカー幹部


新型ショッカー怪人


戦闘員


手裏剣戦隊ニンニンジャー』より


映像ソフト化

2015年8月5日よりDVD&ブルーレイで発売された。

評価

スーパーヒーロー大戦スーパーヒーロー大戦Z仮面ライダー大戦とは異なり前作の主役ライダーオリジナルキャストが出演していない点については各所で不満の声が上がっている。
それどころか、トッキュウジャーはスーパー戦隊の件での前述の通り、一切登場していない。

また、一応大筋としては完結しているものの(過去の春映画が基本的に後味の良い結末で締めていたのに対して)多少後味の悪い終わり方をしている上に、本作単独では完全に完結しないまま終わってしまう。実質の完結編でもある『仮面ライダー4号』を視聴してやっとスッキリする終わり方をしている。要は『仮面ライダー4号』を視聴する事を前提になってしまっている為、単独で完結しない事も不満に挙げられる事もある。
この不満があったからかは定かでは無いが、似たような形式では後年の『超スーパーヒーロー大戦』と『仮面戦隊ゴライダー』があるが、これは映画だけを視聴してもその作品だけで完結する様になっている。

終盤に登場するショッカーの巨大ロボ「ライダーロボ」による歴史改変ビームは、そのあんまりにもあんまりな設定と、本来は歴史改変を受け付けない特異点である仮面ライダー電王すら歴史改変で消滅させるという無敵っぷりから、特撮ファンの語り草となっている。
まあ中身がモモちゃんだけなのかもしれないし特異点を消し飛ばす方法もあるっちゃあるのだが。

関連作品

2015年3月29日に放送された『手裏剣戦隊ニンニンジャー』と『仮面ライダードライブ』のクロスオーバー特番。時系列は本作『3号』の前日談に当たる。

dビデオスペシャル限定で配信(後に映像ソフト化)されたウェブドラマ。
本作での、とある仮面ライダーの死をきっかけに始まる、存在しないはずの「仮面ライダー4号」との戦いを描く。
前述したように、本作『3号』を見たのであれば、『4号』を見なければいけないほど、重要な作品である。

余談

「電子頭脳に意識を移した1号」「それを守る本郷家執事・立花藤兵衛」という要素は、石ノ森氏が執筆した萬画版仮面ライダーのオマージュとなっている。

関連タグ

仮面ライダー
スーパーヒーロー大戦 仮面ライダー大戦
レッツゴー仮面ライダー…こちらもショッカーが世界征服に成功している。
MOVIE大戦フルスロットルスーパーヒーロー大戦GPサプライズ・フューチャー

関連映像


関連記事

親記事

スーパーヒーロー大戦シリーズ すーぱーひーろーたいせんしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スーパーヒーロー大戦GP」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スーパーヒーロー大戦GP」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 356339

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました