ピクシブ百科事典

ダロム

だろむ

ダロムとは、『仮面ライダーBLACK』に登場する大神官。画像は本来の姿である「大怪人ダロム」。
目次[非表示]

概要

CV:飯塚昭三/依田英助(仮面ライダー世界に駆ける)
暗黒結社ゴルゴム三神官の一人で、彼らのリーダーを務める男。青い「天の石」を持つ。深い皺が刻まれた白い肌を持つ小柄な老人の姿をしているが、優れた頭脳の持ち主で、念動力を使って敵を攻撃する。右手から遺伝子操作ビームを放ち、人間を怪人に改造したり、怪人達の食料が底をついた時はビームで怪人を眠らせたこともあった。剣聖ビルゲニアの復活以降は彼とバラオムの仲裁に入ることもある。ちなみにダロムが念動力を使う時、某宇宙犯罪組織首領のように「カォーッ」と痰を吐き出すような声を発する。

真の姿・大怪人ダロム

世紀王シャドームーンを復活させる為に天の石の力を使い果たし衰弱したダロムは、三葉虫の大怪人に変化した。(正確には退化したらしい)以前よりも増して強力な念動力を持ち、触角を鞭のようにしならせて攻撃する。水中を泳ぐことも可能だが、遺伝子操作ビームは撃てなくなった。大怪人となってからは性格も攻撃的になり、物語の終盤では「怪人など使い捨てだ!どうなろうと構わん!」という問題発言をしてしまった。その結果、ゴルゴム怪人の一人が離反するという事態が発生する。

ビシュムバラオムが倒され、三神官がダロムのみとなった時は、コウモリ怪人と共に東京を襲撃。少年戦士を念動力で吹っ飛ばしたり、ゴルゴムに降伏した人間達を使って「ゴルゴム親衛隊」なる組織を作り、この組織を使ってクジラ怪人を捕らえた。

最期

クジラ怪人の「命のエキス」によって復活・パワーアップした仮面ライダーBLACKと戦い、激闘の末にライダーキックを受けて爆死した。

その後の活躍

仮面ライダー世界に駆ける

クライシス帝国の策略で過去へと飛ばされた仮面ライダーBLACKRXの前に突如として登場(RXが過去に飛ばされた影響で復活したらしい)。「最早戦う意思は無い」と嘯き、同じく蘇ったバラオムとビシュムと共にRXに手を差し伸べるが、お約束どおり真っ赤な嘘であり、暗黒超能力(?)を使い、仮面ライダーBLACKRX以前の姿である仮面ライダーBLACKの姿へと戻し襲い掛かるが、更なる未来から自身を救うためにライドロンに乗り駆けつけたRXに阻まれ、どこかへ行ってしまった。
なお、彼らがクライシス帝国と手を結んでいたのかどうかは謎のままである。

リ・マジネーションダロム

レッツゴー仮面ライダー』に登場。
歴史改変に伴い、ショッカーと手を組んだゴルゴムの代表者として世界会議に出席し、クライシス帝国が掲げる「全人類の根絶」の提案に賛同するなど、原典での本来の姿である大怪人としての性格に近いものになっている。

暗黒超能力で空を飛ぶ暇もなかったのか、ショッカー首領の本来の姿である岩石大首領が引き起こした地割れに飲み込まれ退場するという、呆気ない最期を迎えた…(ヒデェ…)。

また、『スーパーヒーロー大戦GP』にはダブルライダーの死によりショッカーによる統治が成功した改変世界のショッカー幹部として登場する。こちらではかつてのように空を飛んでいた。しかし、大怪人に変身するヒマもなく仮面ライダースーパー1飛び蹴り(スーパーライダー閃光キック)を受けて倒されてしまう。

関連タグ

仮面ライダーBLACK ゴルゴム 三神官
バラオム ビシュム
剣聖ビルゲニア
シャドームーン

pixivに投稿された作品 pixivで「ダロム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7848

コメント