ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ダロム

だろむ

ダロムとは、『仮面ライダーBLACK』に登場する大神官。画像は本来の姿である「大怪人ダロム」。
目次 [非表示]

概要編集

CV:飯塚昭三

スーツアクター:庄司浩和(大神官ダロム)、山本貴浩(大怪人ダロム)


暗黒結社ゴルゴム三神官の一人で、彼らのリーダーを務める男。青い「天の石」を持つ、「知恵の大神官」。深い皺が刻まれた白い肌を持つ小柄な老人の姿をしているが、優れた頭脳の持ち主で、念動力を使って敵を攻撃する。右手から遺伝子操作ビームを放ち、人間を怪人に改造したり、怪人達の食料が底をついた時はビームで怪人を眠らせたこともあった。剣聖ビルゲニアの復活以降は彼とバラオムの仲裁に入ることもある。ちなみにダロムが念動力を使う時、某宇宙犯罪組織首領のように「カォーッ」と痰を吐き出すような声を発する。


真の姿・大怪人ダロム編集

世紀王シャドームーンを復活させる為に天の石の力を使い果たし衰弱したダロムは、三葉虫の大怪人に変化した。(正確には退化したらしい)以前よりも増して強力な念動力を持ち、触角をムチのようにしならせて攻撃する他、触角は切り離して対象を捕縛する事も可能な他、ビームとしても発射可能。

水中を泳ぐことも可能だが、遺伝子操作ビームは撃てなくなった。大怪人となってからは性格も攻撃的になり、物語の終盤では「怪人など使い捨てだ!どうなろうと構わん!」という問題発言をしてしまった。その結果、ゴルゴム怪人の一人が離反するという事態が発生する。


ビシュムバラオムが倒され、三神官がダロムのみとなった時は、コウモリ怪人と共に東京を襲撃。少年戦士を念動力で吹っ飛ばしたり、ゴルゴムに降伏した人間達を使って「ゴルゴム親衛隊」なる組織を作り、この組織を使ってクジラ怪人を捕らえた。


最期編集

用済みと見なしたゴルゴム親衛隊をクジラ怪人ごと始末しようとしたが、クジラ怪人の「命のエキス」によって復活・パワーアップした仮面ライダーBLACKの邪魔が入り、コウモリ怪人との連携もクジラ怪人の超音波攻撃で乱される。触角からの光線をキングストーンフラッシュで押し返されてダメージを負い、ライダーパンチライダーキックのコンボを受けて爆死した。

自分が見捨てたクジラ怪人が原因となって死亡するという自業自得の最期となった。


その後の活躍編集

仮面ライダー世界に駆ける編集

CV:依田英助

スーツアクター:渡辺実


クライシス帝国の策略で過去へと飛ばされた仮面ライダーBLACKRXの前に突如として登場(RXが過去に飛ばされた影響で復活したらしい)。「最早戦う意思は無い」と嘯き、同じく蘇ったバラオムとビシュムと共にRXに手を差し伸べるが、お約束どおり真っ赤な嘘であり、暗黒超能力(?)を使い、仮面ライダーBLACKRX以前の姿である仮面ライダーBLACKの姿へと戻し襲い掛かるが、更なる未来から自身を救うためにライドロンに乗り駆けつけたRXに阻まれ、どこかへ行ってしまった。

なお、彼らがクライシス帝国と手を結んでいたのかどうかは謎のままである。

レッツゴー仮面ライダー編集

CV:飯塚昭三

スーツアクター:藤田慧


歴史改変に伴い、ショッカーと手を組んだゴルゴムの代表者として世界会議に出席し、クライシス帝国が掲げる「全人類の根絶」の提案に賛同するなど、原典での本来の姿である大怪人としての性格に近いものになっている。

暗黒超力で空を飛ぶ暇もなかったのか、ショッカー首領の本来の姿である岩石大首領が引き起こした地割れに飲み込まれ退場するという、呆気ない最期を迎えた。

本作からスーツが作り直されたのか、顔の造形が以前とは異なっている。

スーパーヒーロー大戦GP編集


ダブルライダーの死によりショッカーによる統治が成功した改変世界のショッカー幹部として登場する。こちらではかつてのように空を飛んでいた。しかし、大怪人に変身するヒマもなく仮面ライダースーパー1飛び蹴り(スーパーライダー閃光キック)を受けて倒されてしまう。


仮面ライダーBLACKSUN編集

信じる三葉虫が正義


「私を倒すことはできないっ...!」


演:中村梅雀/岡部尚(50年前)

護流五無の三神官の一人。原典と同じく念動力の使い手で三葉虫怪人。『ゴルゴム党』の党首として総理大臣と繋がっている。怪人の権利獲得の為に時の総理大臣と手を組み、屈辱を受けながらも耐え続けるなど、怪人の未来を最も案じている。

怪人たちは特殊なゼリー「ヒートヘブン」を摂取する事で身体能力を活性化させ、老化さえ止める事が出来るが、三神官で唯一ダロムだけは摂取せず時の流れに任せて老いを重ねている。

上記の通り三葉虫の怪人なのだが堂波真一からはダンゴムシ呼ばわりされている。


余談編集

ダロムの声を担当した飯塚昭三次回作でも敵の幹部格ボスガンの声を担当する事になり、バラオムを演じ次回作ではジャーク将軍(スーツアクター)とガテゾーン(声の出演)を担当した高橋利道とは結果的に2作連続で同じ様な立ち位置で共演を果たしている。

更に言うと飯塚と高橋は仮面ライダーBLACKの前年度に放送されていた『メタルヒーローシリーズ』の一つ『時空戦士スピルバン』でも敵側のレギュラーとして共演しており、作品を跨いで約三年間共演した事になる(両者共にメタルヒーローシリーズには立ち上げ当初から参加していたがレギュラーとして揃ったのはスピルバンが唯一だった)。

映画『仮面ライダー世界に駆ける』では飯塚の出演が無かった為、ダロムの吹き替えが代役の依田英助となりボスガンは台詞を一切発していない。


関連タグ編集

仮面ライダーBLACK ゴルゴム 三神官

バラオム ビシュム

剣聖ビルゲニア

シャドームーン

関連記事

親記事

三神官 さんしんかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19759

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました