ピクシブ百科事典

目次[非表示]

(※「Long Long ago, 20th Century」のイントロと共に)
「この歌は……仮面ライダーBLACKの!!」

概要

仮面ライダーBLACKRX』を題材とした3D映画(偏光メガネを掛けて視聴する立体カラー作品)。1989年に初公開。
上映時間は17分とさほど長くないが、その短い尺の中で南光太郎という存在を恐ろしいまでに証明している

ストーリー

RXに連戦連敗のクライシス帝国。遅々として進まない地球侵略に業を煮やした幹部陣は、このままでは勝てない強敵・RXを打倒する一つの作戦を考案する。相手がRXなら勝ち目はないが、BLACKなら勝てる可能性がある(勝てるとは言ってない)ということで、RXを過去の世界に送ってBLACKに戻し、そこを攻撃しようというのである。
過去に送られたRXはかつてBLACKとして戦った頃のゴルゴムの三神官のダロムバラオムビシュムと遭遇する。
今までの事を水に流そうとダロムは言うが…。

てつを×4人


この映画の最大の特色。
クライシスの策略で仮面ライダーBLACKに戻されてしまった光太郎を救うためRX、ロボライダーバイオライダー未来から時を超え登場&参戦、本来なら同時に揃い踏みすることがないはずの同一人物4人が集結する(なお勘違いされがちだがRX、ロボライダー、バイオライダーがBLACKを助けに来られたのはクライシス帝国が過去に干渉し時空が歪んでいたせいであり、RXの能力ではない)。
今回襲撃してきたのはデスガロントリプロンガイナギスカンムサラビサラとかつてRXを苦戦させた怪人たちであったが、更に強くなったRXたちの敵ではなかった。

余談

 概要前の台詞について。
 RXが過去の世界に飛ばされた際のことである。当の曲は単なるBGMではなく、作中のRX自身にも聞こえていて、それを耳にして呟いたもの。後年の浦沢脚本作品でもしばしば見られた、いかにもこの人の作品らしい演出であった。

 また、ギャグ漫画とっても!ラッキーマン』では悪の宇宙人ラビットマンと戦うことになった友情マン2ページぶちぬきで紹介した友達の中にこの4人が全員別名義で入っていた。作者・ガモウひろしもこの映画見てたんだろうか?
 ちなみに当時最新のライダーは仮面ライダーシンだったが当然名前が入っている。


関連タグ

仮面ライダーワールド(次回作)
浦沢義雄(脚本。納得の人選である)
時空英雄仮面ライダー(BLACKとRXが共演した作品の一つ)
バッタ男(残念ながら?駆けつけることができなかった光太郎のもう一つのフォーム)
仮面ライダー電王 仮面ライダーオーズ 仮面ライダーウィザード(全フォーム揃い踏みを果たした後輩)

外部リンク

消そうとすると増えますニコニコ大百科における『仮面ライダー 世界に駆ける』の項目。……なのだが項目名が何一つ間違っていないのが一番酷い。

関連記事

親記事

仮面ライダーBLACKRX かめんらいだーぶらっくあーるえっくす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダー世界に駆ける」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72655

コメント