ピクシブ百科事典

バッタ男

ばったおとこ

バッタ男は「仮面ライダーBLACK」に登場する怪人。南光太郎が仮面ライダーBLACKに変身する途中の中間形態。
目次[非表示]

概要

光太郎から仮面ライダーBLACKへの変身の途中で一瞬だけこの姿になる。一般的に「バッタ男」と呼称されているが、ゴルゴム怪人の命名法で考えると「バッタ怪人」と呼ぶべきかもしれない(本来の「怪人バッタ男」に関しては後述)。
ちなみに秋月信彦シャドームーンへの変身途中で同じ姿に変身し、覚醒前まではこの姿で眠りについていた。

姿

BLACKと異なり皮膚の色は黄緑色変身骨格を含む全身に及んでいる。頭部は完全なバッタそのものであり、にあたる器官は見受けられない。皮膚は外骨格化している。外骨格化は胸部・手首・足首において顕著であるが、太股部にもバッタの足のような模様が現れており変化がうかがえる。足のかかとにはが生えている。

変身

変身に際しては光太郎の全身からエメラルドグリーンの光が放出される。

能力

第1話でのショックによる初変身の時にはしばらくこのバッタ男の姿のままであったが、この状態では人間の時と同じ動きはできないのか、立ち上がり方、歩き方なども怪人然としていた(BLACKの姿になると同時に完全に直立し、普通に歩き始めた)。このほか唸り声のような音を発していたが、言葉は発しておらず喋れない様子であった。この状態で戦っても、怪人とパワーでは引けを取らないとされているが、戦うシーンは描かれていない。なお、BLACKはバッタ男の体の上に強化皮膚リプラスフォームをまとった姿であり、リプラスフォームの下にはバッタ男の肉体が隠されている(変身の際、透明マスクが黒くなるところで確認できる)。ノベライズである「仮面ライダーBLACK MADソルジャー計画」では翅の生えた姿のイラストも描かれている。怪人としての肉体年齢は0歳と設定されているが、加齢によって成長するのかは不明。

ちなみに、原作者の石ノ森章太郎氏が描いた漫画版『仮面ライダーBlack』では、この姿が変身後の状態である。こちらでは「変身すると心まで人間ではなくなる」という設定が存在しており、普段は体色が緑色だが、怒りを覚えたり自身に危機が及ぶと皮膚から黒い液体が分泌され、特撮版同様体色が黒く変化し(言わばリプラスフォームのようなもの)、身体能力も大幅に向上するが、反面自我が減衰し、ただひたすら敵を撃破する為に暴れまわるようにもなる。
対人間用の毒に対しては強力な抵抗力を示すが、昆虫用に調合された毒には弱く、人間時でも効果が顕著に現れる。

小林たつよし版の漫画ではやはり中間形態として登場するが、体形は特撮版よりも四肢は細長く、頭部の形状や顔がバッタそのものである、背中に翅があるなどよりバッタに近い。特に第1回での最初の変身の際には巨大な昆虫めいた姿で描かれた。
変身ベルトは特撮版とほぼ同じ形状である。
怒りのエネルギーで変身するため、初期には光太郎の意志に反して変身してしまう、変身しかかることが複数回描写された。

その他

なお、このバッタ男という設定は仮面ライダー1号2号ショッカーによって「怪人バッタ男」として改造された姿であるという設定を元にした原点回帰でもある。そのため、仮面ライダー1号・2号の姿を「怪人」として描いたイラストにもこのタグが付けられることがある。
また、BLACKとは関係のない、仮面ライダー風のバッタ怪人を描いたイラストにシャレとして付けられているものも存在する。
フィギュアとしての商品化もされているが、『仮面ライダーBlack』に近いデザインのものが多い。

ちなみにコンパチヒーローシリーズの一つバトルドッジボール2において仮面ライダーBLACKRXが『グラスホッパーズ』という必殺技を使うとバッタ男に変身し飛蝗を操って攻撃する。

関連項目

ズ・バヅー・バ ゴ・バダー・バ アークオルフェノク 
ホッパー・ドーパント バッタヤミー
仮面ライダーシン

pixivに投稿された作品 pixivで「バッタ男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5954

コメント