ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

イナゴ怪人

いなごかいじん

『仮面ライダー鎧武』に登場する怪人。インベスでもなければ、名前の法則が同じでもゴルゴム怪人でもない。
目次 [非表示]

概要

『仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』の宣伝を兼ねた第37話『バロン・サッカー対決 夏の陣!』に登場。


オーバーロードインベスではないが鎧武ジンバーレモンアームズカチドキアームズ、そしてバロンレモンエナジーアームズを苦戦させる程の強敵。

初めて見た紘汰からはインベスと誤認されていた。


DJサガラの「まさかあいつが現れるとはな‼」というセリフや「ヘルヘイムの森の奥地で眠っていた厄介な奴が目覚めた」、「そいつが現れたってことは、時空が歪んでる」とのセリフから、この怪人の存在そのものが何かの災厄の前触れであることが推測され、また、映画に登場するコウガネやラピスとは何らかの密接な関連性が疑われる。


ローカストアンデッドムスカ・ゾディアーツと同じく自身を無数のイナゴへと分裂させて攻撃を無効化しつつ襲い掛かる事やから色の光弾(公式では液体という事になっている。)を吐き出して攻撃することができる。

イナゴというバッタに似たデザインだけにその姿はどことなく仮面ライダー風。強靭な脚力をいかしたキック技も披露している。


TV本編では時空の狭間より並行世界の沢芽市からラピス(或いはコウガネ)により召喚され、何らかの理由により紘汰及び戒斗を狙い飛来。

戒斗を並行世界の沢芽市へと誘い、何らかの計画に彼を利用する。余計な記憶(本来の記憶)を保持したままこちらの世界へと召喚された戒斗に襲いかかり記憶を消去しようとしたり、並行世界を行き来して紘汰に襲い掛かるなど暗躍していた。


仮面ライダーバロンや鎧武を一度は追い詰めるが、再戦時においては鎧武の猛攻に押され並行世界に逃れた後、サッカーを通して戦闘力がアップしたバロンとの再遭遇。激闘の末最後はキャバリエンドを喰らい爆散した。


余談

元ネタはおそらく旧約聖書で語られる「アポリオンアバドン)」が引き連れる「人頭のイナゴの大群」。

本作のアーマードライダー植物をモチーフにしているため、世界最古の害虫であるイナゴはまさしく因縁の相手と言えるだろう。

(「サッカー大決戦」なのでイナGOもかかっているのかもしれない?)


頭部は後に『仮面ライダージオウ』に登場するアナザーアギトのマスクの1つへと改造された。


作中では中村憲剛選手と太田宏介選手の連携が生み出したシュートに怯む描写がある。普通、映画の世界では仮面ライダーぐらいしか超人的なシュートを撃てないはずなのだが…この二人は超次元サッカー世界の住人なのだろうか…?


関連タグ

バッタヤミーウツボカズラ怪人→似た者同士?


ビーセクタ:同じく存在自体が不吉を告げる象徴。元ネタも同じイナゴ。


ローカストアンデッドカイザードビシ:自身を無数の虫に分裂させて攻撃や攻撃を無効化出来る能力持ち。


BLACKRX何か似ている。




















以下、映画『黄金の果実争奪杯』のネタバレのため閲覧注意‼




































その実態はオーバーロードインベスの1人、ラピスに付き従う人造生命体、あるいは彼等が生み出した人造生命体であるコウガネの分身体である。

「イナゴ怪人」自体は映画には直接登場しないものの、無数の分離態がコウガネの指示の下、彼にエネルギーを与え成長させるべく活動する。

ラピスの能力で作り出されたの世界の沢芽市に閉じ込められた、あるいはその世界の住人であるアーマードライダーに邪悪の種を植えつけ、コウガネを完全態にするべく暗躍し、最終局面で巨大なに変化するなど彼のサポートを行なっている。


TV本編の最終回にも登場し、仮面ライダー邪武のサポートを行うが異星から沢芽市のピンチを救うため駆けつけた紘汰の前に敗れ去った。




小説仮面ライダー鎧武でも狗道供界が大量に生み出し、沢芽市を襲撃した。

関連記事

親記事

ヘルヘイムの森 へるへいむのもり

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6025

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました