ピクシブ百科事典

アバドン

あばどん

新約聖書の『黙示録』に記された怪物の一種。 詳細については不明だが、五番目の天使のラッパによって召喚され、イナゴの群れを率いて人間に襲いかかり、死よりも苦しい病をもたらすという。
目次[非表示]

アバドン【Abaddon】とは、『新約聖書』の黙示録に記される怪物(悪魔/魔神)の一種である。

概要

“第五の天使がラッパを吹いた。すると、一つの星が天から地上へ落ちてくるのが見えた。この星に、底なしの淵に通じる穴を開く鍵が与えられ、それが底なしの淵の穴を開くと、大きなかまどから出るような煙が穴から立ち上り、太陽も空も穴からの煙のために暗くなった。”
「ヨハネの黙示録」にて語られる"七つの災厄"の五番目に出現する存在。
その姿自体は不明であるが、彼が天使のラッパによって召喚された際に率いる奇怪なイナゴから"蝗の王"と呼ばれることもある。

また奈落の主ともされ、神に背いた堕天使冷獄に封じられたルシファーを千年の間封じ見張る、まがりなりにも神の御使い、天使である。

アバドンのイナゴ

蝗王アバドン


“そして、煙の中から、いなごの群れが地上へ出て来た。このいなごには、地に住むさそりが持っているような力が与えられた。いなごは、地の草やどんな青物も、またどんな木も損なってはならないが、ただ、額に神の刻印を押されていない人には害を加えてもよい、と言い渡された。”
アバドンが率いるイナゴは、「金の王冠、人の顔と女性の髪、獅子の歯、の尾」を持つとされ、人に襲いかかって尾の毒針で刺すという。その飛び回る様相は"戦車を轢く"に例えられ、おびただしい数の群れで襲来するという。
尾に付いた毒針の毒は人を殺すことはないが、死をも上回る激痛を5ヶ月ものあいだ人に与えて苦しめるという。

ただし、彼らが刺すのはキリスト教徒以外の異教徒だけであり、さらに言えば彼らは決して人を殺すことをから許されていないという。

原形について

名前はヘブライ語で「abad(彼は殺した、滅びる)」から転訛した【破壊者, 滅ぼす者, 奈落の底】という意味になる。
そして原形はイナゴによる虫害であり、その神格化とされる。実際イナゴによる虫害は凄まじく、1万の大群で4000kmを移動し、広大な田園を七日も経たずに食い潰すという。また繊維製のものならば何でも食うため、北海道の明治時代開拓期には衣服さえ齧られてボロボロになったといった記録が残っている。

創作での扱い

十六世紀の学者ハインリヒ・コルネリウス・アグリッパがアバドンを復讐の女神を統率する悪魔と明記するなど、悪魔としてのアバドン像は時代が降るごとに輪郭を強くしていった。
特にジョン・バニヤンの「天路歴程」ではアポルオンの名で主人公クリスチャンと戦う悪霊として登場している。
その正体が不明なことから、存在が類似する魔王ベルゼブブをモデルとしてイナゴ型の悪魔(怪物)として描かれることが多い。

メガテンシリーズ

男子ホイホイッ!★
奈落から愛を込めて


アトラスRPG女神転生』シリーズでは、不気味な緑色の悪魔として登場する。

デジタル・デビル・ストーリー女神転生Ⅱ』では中ボス「怪獣アポリオン」として登場していたが、「アバドン」名義での初出は『真・女神転生』である。このときの種族は堕天使であったが、以後の作品では魔王に属していることが多い。『真・女神転生Ⅳ』においては「大アバドン」なる概念も語られた。
ペルソナシリーズでは塔アルカナに分類されている。(ペルソナ4ファンがキャラクターの一人大谷花子のことをこう呼ぶことも…)

真・女神転生II』に登場した時は、センターの「天使に戻してやる」という誘いに乗り、街ひとつをまるごと呑み込むという暴挙に出る。
主人公たちはダンジョンと化したアバドンの体内に乗り込んでいくのだが、ここでは親しいNPCとの死別や主人公の出生にまつわる事実が明かされるといった重大なイベントが発生する。

真・女神転生NINE』では、舞台となる仮想空間「イデアスペース」に蓄積された欲望に惹かれて現れる。
ここのイベントは渋谷1009マルカジリしたアバドンの内部にハッキングで侵入するという、真IIのオマージュを思わせるものとなっている。

人修羅まだかな…
魔王 アバドン


真・女神転生Ⅲ』では、頭のてっぺんに天使の羽根を持ち、待機モーションでは地面に潜っているが、攻撃モーションで顔を繰り出す緑の巨人という姿になった。

【デビチル】ござる。
アニメのイナゴ


真・女神転生デビルチルドレン』ではデザインが異なり、赤い服をまとった忍者のような姿になっている。
アニメ版にも登場。声優は高木渉フェンリルとコンビを組んで作中様々なところに登場するギャグキャラポジションである。

無題
君は僕に似ている。


デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 アバドン王』ではついに作品名になるまで出世。物語の根幹に位置することなので詳しくは書けないが、蝗型の「アバドン虫アポリオン」が登場している。

なおPCゲームとして発売された『偽典・女神転生』では甲冑で身を包んだワニ顔の「降天使アバドン」と、下僕である蝗の群れ「下魔アバドンズ」が登場している。

関連タグ

ATLUS 金子一馬 仲魔

バトルスピリッツ少年突破バシン(漫画版)のスマイル

どいつもこいつもまったく……


漫画版におけるラスボス
「サウザンドスピリッツ団」のNo.4を倒し、新たなNo.4となった謎のカードバトラー。スマイルの名の通り「ケケケ」と不気味な笑いが特徴で、バトルにおいても人を喰ったような態度をとる等、腹の奥底が全く読めない。系統【天霊】を軸とした黄属性デッキの使い手(本人曰く、「かわいいは正義」)で、切り札は『大天使ミカファール』と『魔龍帝ジークフリード』。
データ上では年齢や性別、国籍、家族構成等が一切不明となっていたが、その正体は、「第5のラッパが呼びし 深淵の王アバドン」。世界に絶望したNo.9ことク条キューサクが、全てを壊すために封印を解き放った“快楽の権化”。分身を得意としており、当時の全世界67億9121万人と同じ数の分身を出現させバトルを展開、世界を混沌に陥れようとした。馬神トッパとのバトルにおいて、『大天使ミカファール』や【天霊】スピリットを駆使し、終盤に『魔龍帝ジークフリード』を召喚して優勢に立つ。しかし、仲間や全世界の人々、正気を取り戻したNo.9の応援を受け取ったバシンに逆転負けし、『魔龍帝ジークフリード』と共に消滅した。

悪魔城ドラキュラ

蝗の王


コナミのゲーム作品『悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架』に登場。
エリア「深淵」のボスキャラクター。イナゴの群れを率いる深淵の主。
演奏の指揮者のような服を着込み、青年風の人型に昆虫の肢を持った外見。
ピョンピョン飛び跳ね、タクトでイナゴの群れを自在に操り攻撃する。止めを刺す()のに失敗すると「アンコールかい?」と挑発的な台詞を言う。

次作の『悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンス』にも隠しエリアのボスの一体として登場するが、イナゴの群れを操るときの台詞のパターンが異なり、声も何かザコ敵みたいな声になっている。この隠しエリアでは各ボスとの対戦は何回でもできるため、倒すと時々アイテムを落とす

注釈

・・・・・・『悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架』の本編では一部のボスを除きボスに止めを刺す際にタッチペンで所定の一筆書きの図形(魔封陣)を描かなければならず、失敗するとボスの体力が4分の1回復した状態で戦闘継続となる。

ゴッドイーター2

アバドンがかわいすぎる件
あばどん(・ω・)ノ


ぽっと現れて走り去っていく謎のアラガミ。その姿は神機が捕食の際に繰り出す顎部に似ていなくも無い。何も悪い事をしないのにゴッドイーターに討伐対象より優先的に狩られることが多い可哀そうなアラガミ。理由は非常に希少な素材を出すコアを持つ為。その希少っぷりはアバドンが出現した時と仕留めた時のオペレーターのリアクションを見れば一目瞭然である。
攻撃はしてこない上に、全属性が弱点で非常に弱いが逃げ足が速く、やたら小さいので攻撃を当て難い。またシエルの感応能力にも引っかからない特殊な力を持つ。

神羅万象

*


どうみてもゆ゛る゛さ゛ん゛!!な蝗魔大公アバドンが登場。

るくるく

悪魔!


他の悪魔と同じく表面上はあまり怖くない、王冠をかぶりラッパを持ったマフラーのバッタ男「ドンちゃん」として登場。
余談だが作者のあさりよしとおは、怪人の日常をえがいたライトノベル『俺の足には鰓がある』の挿絵で、悪の組織の日常を破壊する毒針を持つイナゴ男「アバドーン」も描いている。

仮面ライダー

トノサマバッタ


バッタ(蝗)の改造人間ということで、オマージュやパロディとして呼称されることがある。
例:上記の『神羅万象』や、みなぎ得一の漫画の魔武具「アバドン」など。

関連タグ

悪魔 キリスト教 トランペッター
怪物 魔神 イナゴ

pixivに投稿された作品 pixivで「アバドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 531663

コメント