ピクシブ百科事典

エインヘリアル・モデル

えいんへりあるもでる

アニメ『蒼穹のファフナー』シリーズに登場する機動兵器「ファフナー」の一モデル。
目次[非表示]

概要

蒼穹のファフナー EXODUS』で羽佐間カノンが己のSDP(超次元現象)未来予知によって手に入れ、残した情報を元に開発され、画期的と称された新モデル。
ノートゥング・モデルを改修する形で半数以上が第三次蒼穹作戦より導入された、3.5世代、ないし第4世代相当のファフナー
名称のエインヘリアルとは、北欧神話に登場するワルキューレによってヴァルハラへ召し上げられた英霊達を指す。

それまでのファフナーは一人(パイロット)を犠牲にして「兵士を一人でも多く生かす」か、「一体でも多くの敵を倒す」かのどちらかが問題だったが、本機はそのどちらとも異なり、パイロットの消耗を防ぎ「一秒でも長くファフナーに乗せる」事を目的とした設計がなされている。
また、パイロットとファフナーのコアとをクロッシングさせる機構が構築されており、竜宮島のミール及びゴルディアス結晶と情報共有をする機能を有する。これにより、過去に倒れた敵味方双方の生命の情報から更なる力を得る事が可能となっている。
加えて、判明したばかりの新型同化現象への対処法が全て導入されている他、開発予定の新技術すら取り入れる事を前提に設計がなされていた。

完成した機体は人類軍製ファフナーの10分の1以下となるほどの同化現象抑制を達成し、加えてカノン式増幅器(アクセラレーター)と命名されたSDP増幅器が搭載された事により、機体出力は勿論の事、戦闘能力の大幅な向上をも両立させている。
最小限のリスクで(フェストゥムの)能力を最大限に引き出す」と言うある意味ではファフナーの悲願に到達した機体とも言える。

ノートゥング・モデルとの違いは、ベース機のコンセプトはそのままに各部がより流線的な形状となり、頭部・胸部・両肩・スラスターに赤色のクリアパーツが追加され、ヒロイックなデザインへと変化している。
最大の特徴であるカノン式増幅器は胸部と大腿部に内蔵され、使用時には装甲展開させて増幅器が露出、回転と発光という形で稼働が見て取れる。
『THE BEYOND』では一部の欠番機らも再建造され、既に改修した機体も含めてそれぞれにコードネーム(脚本の冲方丁氏曰く「死と生のネーミング」)が与えられている。

マインブレードやデュランダルに代わる内蔵兵装は前腕部に集約され、手甲部にマークドライを始めとする近接型を除いた全機に小型ブレードが、中距離支援型のノインらにはフェイルセーフ用の機関砲が腕部の内側に搭載されている。

機種

メインカラーはダークグレー。パイロットはレガート
マリス・エクセルシアプロメテウス(マレスペロ)に寝返った際の手土産としてフェストゥム側に渡り、特殊なフェストゥムであるレガートの乗機となる。
変身するSDPを有しており、武装だけでなく固有のSDPまでも使用可能。この能力の応用によって「液状の影」と形容される姿に変じることで迅速な撤退も出来る。

メインカラーは濃紺。パイロットは真壁一騎マリス・エクセルシア
第五次蒼穹作戦時には一騎が搭乗していたが、彼が無限のクロッシングの副作用で休眠に入ったことで空席になった所をアザゼル型ウォーカーに奪われ、以後マリスが搭乗する。
あらゆる攻撃を無に還すSDPを保有し、増幅させることでより広範囲の攻撃を無力化できる。

メインカラーはオレンジ。パイロットは要咲良
SDP増幅によって能動的なフィールドを形成し、破損しなければ増殖できなかったトルーパー・モデル一度に大量に増殖させる事が可能。

メインカラーは焦げ茶色。パイロットは春日井甲洋
第四次蒼穹作戦に投入。ガンドレイクからワームソードを展開しての近接戦闘やメドゥーサからワームスフィア砲撃などで仲間を守る。

メインカラーはピンク。パイロットは水鏡美三香
SDP増幅により、強固な防壁を瞬時に広範囲に展開する事が可能で、最大で竜宮島全島を覆い尽くすほどの防壁を展開した。

メインカラーは白。パイロットは鏑木彗
SDP増幅により、約15万トンの海水に変異したミールの中からアザゼル型ウォーカーのコアを引きずり出している。海神島上陸作戦時にはウォーカーのコアが反射したゼロファフナーの砲撃を引き寄せウォーカー撃破に繋げた。

メインカラーはマゼンタ。パイロットは遠見真矢
第四次蒼穹作戦より投入。SDPは多次元視界。一度に複数かつ遠距離(通常の狙撃方法ではまず当たらないほどの距離)の標的を捕捉し、より精密に狙撃できるようになった。

メインカラーは緑。パイロットは近藤剣司
ジークフリード・システムを搭載する事によって指揮と戦闘を同時に行う。ドライと同じくスレイプニール・システムも搭載しており、トルーパー・モデルの使役も可能(ただし、こちらのトルーパーは増殖できない)。
SDPは。トルーパーモデルかマークアハトの直接接触によって破損した部位を再生し、同化現象の肩代わりも可能。

メインカラーはカーキ色。パイロットは西尾里奈
アルヴィス本部と接続し、供給されたエネルギーをSDPで増幅する事により、ミールにダメージを与えられる程の超火力砲撃が可能。直接接触で他のパイロットのSDPも増幅できる。

メインカラーはライトグレー。パイロットは真壁一騎。一騎のエネルギー増幅能力に耐久しながら戦うがマークザインほどの全開戦闘はできない、それ以外にも島の祝福を受けたことによりフェストゥムの同化や攻撃による無効化も出来る。
ファフナーは乗れば乗るほど同化現象の進行で命が危険にさらされる上に一騎の場合は徐々に人の心を失うというリスクを抱えている。名前元と同様にファフナーという兵器そのもの及び一騎が受けた祝福がアキレス腱になるという皮肉なネーミングである。
そして、この機体に追加されたある機能を用いて、本機は文字通りの一騎専用の機体として生まれ変わることとなる。

メインカラーは藍色。パイロットは御門零央
SDP増幅により複数人同時転移後すぐに動けなくなることはなくなり、増幅したエネルギーを機体出力に回す事により、複数のノートゥング・モデル、トルーパー・モデルでも突破できなかったアルヘノテルス型24体分の防壁を破壊している。

メインカラーはワインレッド。パイロットは立上芹
同化のSDPが大幅に増幅され、全長60kmにも及ぶ超巨大リヴァイアサン型の牙を同化している。ショットガンホーンは続けて装備されている。
第四次蒼穹作戦の末、パイロット共々竜宮島に封印される。

メインカラーは赤。パイロットは来主操
『EXODUS』で改修された機体の中で唯一外見に変化が無い(ただし、カノンは未来予知で改修されたと思わしき本機を見ている)。『BEYOND』にて外装も統一された。
SDPは来主操曰く「今をたくさん見せてくれる」能力(所謂、タキサイキア現象)を発現している。

関連項目

蒼穹のファフナー ファフナー ノートゥング・モデル トルーパー・モデル 羽佐間カノン Alvis
エインヘリヤル・モデル(表記揺れ)

関連記事

親記事

ノートゥング・モデル のーとぅんぐもでる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エインヘリアル・モデル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19205

コメント