ピクシブ百科事典

御門零央

みかどれお

アニメ「蒼穹のファフナー EXODUS」の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

  • 生年月日:2136年8月10日
  • 身長:152cm(※EXODUS時点)
  • 体重:46kg(※同上)
  • 血液型:AB型


概要

CV:島﨑信長

蒼穹のファフナー EXODUS」において新たに選出された、次世代のファフナーパイロット。中学三年生。
鏑木彗水鏡美三香の同級生。真壁一騎は憧れの存在で、彼の働く喫茶「楽園」への菓子配達のついでに楽園の手伝いもしている。
家が菓子店のため父に菓子作りを教わっており、ケーキ和菓子を作れる。父子家庭。
152cmと小柄ながら非凡な格闘技能を持ち、剣道を始めとする複数の武術を修め、真剣の扱いも心得ている。
名前の由来はライオン(=ラテン語でレオ)。父母の出会いの地・ベルギーの国旗であり、獅子のように強くとの母の願いが込められている。なお、星座も獅子座である。

少しぶっきらぼうだが武道家であるため芯が通っており真面目。年相応の少年らしいところもある。
童顔で普段の表情や仕草もどこか可愛らしいところがあり、慕っている一騎の前などではあどけない表情を見せるが、真剣な表情は凛々しい。
美三香に恋心を抱いており、お守りに彼女の写真を入れている。美三香の母親にはそのことを知られてしまったが、美三香を障壁の中から救い出した件もあり信頼され、同時に応援されている。
美三香の左目が黒い結晶化し、部屋に閉じこもってしまった時も助けを求められていた。

スサノオのSDP(後述)を使って戦う中、「消失」を生身で発現。
さらに新種の同化現象により、胸の中心に空洞が出来てしまう。傷口にあたる部分は同化結晶のような緑色に光り、心臓が丸ごとなくなっている状態でありながら健康状態に問題はない。同化現象の進行で徐々に穴が広がっている。
17話ではとうとう、へそ辺りにも新たに穴が空いて消化器官が消失してしまう。本人曰く、食事は普通に出来る模様。
更に末期の同化現象で美三香が肉体を失ってしまうが、残された球体から恐らく戦闘時の心の接続(クロッシング)で美三香の心を感じ取っており、彼女を守るという誓いは全く揺るがなかった。
その後の第4次蒼穹作戦を肉体を取り戻した美三香と共に戦い抜き、生き延びている。

乗機

ファフナーノートゥング・モデル・マークエルフ改[コードネーム・スサノオ(14番機)に搭乗。
スサノオは近接型で、かつて一騎が搭乗していたマークエルフ(11番機)の改良型。
右手にレヴィンソード、左手にルガーランスまたはレヴィンソードを持つ二刀流で、零央の卓越した技量をもって敵を斬り伏せる。
変性意識下では冷静かつ強い闘志を持ち、腕を捩じ切られる激痛の中でも剣を投擲して一撃を返し、窮地に追い込まれても心折れることなく戦い続ける。

キールブロックでのゴルディアス結晶発生とノートゥング・モデルのコアの増殖に伴う超次元現象(SDP)覚醒の際、零央が「もっと早く動け」と願ったことで空間跳躍能力「消失(ロスト)」を発現。次元移動による瞬間移動が可能になった。
さらにはスサノオ含むファフナー4機を一度に長距離移動させることにも成功したが、零央はすぐには動けないほどに消耗した。

関連イラスト

零央くんと美三香ちゃん



関連タグ

蒼穹のファフナー 蒼穹のファフナーEXODUS 水鏡美三香 鏑木彗 真壁一騎 れおみか

pixivに投稿された作品 pixivで「御門零央」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111195

コメント