ピクシブ百科事典

こそうし

こそうし

「こそうし」とはアニメ「蒼穹のファフナー」シリーズの登場人物の通称である(画像手前)。
目次[非表示]

概要(※EXODUS最終話ネタバレ)

CV:遠藤綾

蒼穹のファフナー EXODUS第26話(最終話)「竜宮島」エピローグにおいて、パイロットである皆城総士が生存限界に至り砕け散って消滅した後のマークニヒトのコクピット内で発見された赤子。男性用のシナジェティック・スーツ(皆城総士のスーツは彼の肉体ごと結晶化している)にくるまれて眠っていた。
皆城総士は第22話で皆城織姫から「マークニヒトはあなただけの器」「消えた後も、きっとあなたの命は続く。もう1つの島に新しいミールが根付く時、あなたとあなたの器が生まれ変わる」と宣告されていた。

2年後の海神島で真壁一騎と共に浜辺を歩いていくシーンが描かれ、後期OPの砂浜に残された2人分の足跡の主が最後に明かされた。
瞳や髪の色は皆城総士と同一で左目に傷痕はなく、後ろ髪を結んでいるのが特徴。
一騎はこの少年を「総士」(漢字表記は公開された台本やXEBECzwei公式サイトの画像から判明)と呼び、海神島で生まれた彼に故郷は別の場所だと教えた。なお、皆城総士は本編ラストで「僕らは出会い続け、まだ見ぬ故郷へ帰り続ける」と語り継いでいる。

放送直後、ファンからは「ネオ総士」「二代目」などと呼ばれ決まった愛称や通称が存在しなかったが、数日後の総監督のTwitterにより「こそうし」の呼び名で定着し、2016年からは「こそうし記」が(総監督の妄想モードという添え書きと共に)始まった。裏庭や縁側付きの家で父親と暮らす記録の主は、彼が悪いことをしたら一緒に謝ったり、小学生になった彼のお弁当を作ったりする立場にあるらしい。
2017年9月21日の公式生放送「真壁一騎生誕記念特番」で、一騎役の石井真氏による「こそうし記」1~6及び番外編の朗読が行われた。

2016年9月21日に開催された公式イベント「真壁一騎生誕祭」の真壁一騎年表において、一騎が「生まれ変わった総士を引き取って育てている」と明言され、2017年12月27日のイベントで生年月日は2151年11月23日と確定した。

2016年12月29日のイベントにて制作が発表された新作アニメーション「蒼穹のファフナー THE BEYOND」のティザービジュアル及びティザーPVにも成長した姿で登場。
伸ばした髪を高い位置でポニーテールにしており、ファフナー搭乗用のアルヴィス製シナジェティック・スーツや白い襟付き半袖服を着ているのが確認できる。

「ここにいると定められたのなら、僕はその運命に抗う」
「第五次蒼穹作戦  奪われた皆城総士を奪還する  蒼穹作戦再び」


こそうしまとめ

男暖房 17センチ 足湯 朝稽古 新一年生ランドセル 短冊短冊2 よし
目標 チョコ お嫁さん はらぺこハラペコ   
こそうし記     まるとみ  番外編

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「こそうし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 335221

コメント