ピクシブ百科事典

マークニヒト

まーくにひと

アニメ「蒼穹のファフナー」に登場する機動兵器ファフナーの一機で、アニメ一期のラスボス。二期「EXODUS」では実質的なW主人公機。
目次[非表示]

概要

マークニヒト(Mk.Nicht)とは、人類軍ファフナーザルヴァートル・モデル」の一機で、マークザインの同型機。設計者はミツヒロ・バートランド

味方を生かすことを目的に製造されたマークザインとは対照的に、「一体でも多くの敵を倒す」というミツヒロの思想を前提として設計されている。
設計データにはマークザインのものも利用されており、より多く戦うために装甲はマークザインよりも堅牢。使用されているコアはマークフィアーのものである。
Nichtとはドイツ語で「否定」を意味し(英語のNotに相当)、「どこにもいない」ことを示している。

1期「Dead Aggressor」

マークニヒト



カラーリングは黒色。フェストゥムとの最終決戦「ヘヴンズドア作戦」に備えて開発された。しかし、起動テスト中、潜伏していた人型フェストゥム・イドゥンにパイロットの狩谷由紀恵を同化され、敵が欲するほどの力を生み出した事実に狂喜するミツヒロを手にかける形で機体を強奪される。その後竜宮島に襲来し、日野道生を戦死させ、皆城総士を拉致するなど多大な損害をもたらした。
最終決戦においても人類軍を強襲、竜宮島メンバーを追い詰めるが反撃され、窮地に陥る。戦いを終えて帰還しようとしていたマークザインごと真壁一騎と総士を同化・消滅させるも、春日井甲洋の手助けで無の領域から戻った一騎により、ザインに同化された。

劇場版「HEAVEN AND EARTH」

羽



マークザインに封印されていたが、人型フェストゥム・来主操と同じボレアリオスミールに所属するフェストゥムらによって解き放たれ、更に禍々しいのような外観へと変化した。カラーリングは紫。
この時点でイドゥンの意思などがあるかは不明。人類との敵対を選んだミールの支配下にある操を乗せて竜宮島を強襲、ファフナー部隊を壊滅させ、対峙する一騎に再び無の祝福をもたらした。
最終的には復活した総士に駆られてザインを人類軍の核攻撃から庇い、共に竜宮島側に渡った。

2期「EXODUS」

Nicht



宿敵から一転、マークザインと2つで1つの「存在と無の力」として事実上のもう一体の主人公機を務める。
竜宮島の機体として登録されたものの、ザイン以上に危険な機体故に総士以外に動かせる者がおらず、「石棺」に隔離・封印されている。
戦闘中の総士にクロッシングの要請を行うなど意思のようなものがあると思われる。
総士は心臓にあたるコア摘出後の本機の破壊を望んでいるが、彼の手で解体を試みても機体そのものが無に還ることを拒み、その行動も「否定」してしまうためそれすらままならない。この頃から総士に『虚無の申し子』という二つ名めいた呼び方をされることがある。
6話で総士が搭乗し、7話で機体に詰まった怨念と戦いながら封印を破り、起動した。
9話にてザインと共に遂に本格的な戦闘に加入、人と戦うことに特化していく圧倒的な数のフェストゥムに追い詰められていった人類軍および竜宮島派遣部隊を救援、戦況を一気に覆す活躍をする。

「憎しみと虚無の塊。ニヒトと同じだな」と評したディアブロ型フェストゥムを引き千切ったように、総士にとって憎悪の対象であったが、竜宮島のコア・皆城織姫は総士に「マークニヒトはあなただけの器」と告げ、更に彼とニヒトが生まれ変わると予言した。総士はコアの言葉を受け入れ、激戦の末ニヒトと共に命の源である無へと還る。そして主を失ったニヒトは世界樹アショーカの結晶に半ば取り込まれ、姿形はそのままに転生した総士の母体となり、次のパイロットが総士の遺した音声記録を再生する時を待っている。

スーパーロボット大戦

マークニヒト



K』および『UX』に登場。UXでは条件を満たすと終盤に操と共に加入する。
彼が加入したマップ以降フェストゥムがいないため同化のスキルが死にスキルになりMAP兵器がないため少し物足りない。
しかしバリアを無視する武器が多く操自身の能力が高水準を占めている上、復帰後のパーツボーナスが優秀であるためかなりの戦力になるだろう。

武装

ザルヴァートル・モデルの固定兵装である両翼のユニットに搭載された光学兵器。大型フェストゥムを一撃で撃破するほどの威力を持つ。
劇場版では使われていないが、ROBOT魂で販売された劇場版仕様でもちゃんと搭載しているのが分かる。こちらは『EXODUS』でようやく使用された。

  • アンカーユニット(同化ケーブル)
ザルヴァートル・モデルの固定兵装である両翼のアンカーユニット。大型のユニットで攻撃と拘束の両方が出来る。
劇場版では同化ケーブルに変化しており、名前の通り突き刺した相手を同化したり、同化出来なくても実体化を妨害する因子を流し込んだりして敵の行動を妨げることが可能。
なお、劇場版以降は元々6基だったアンカーが8基に増えている。

  • ルガーランス
この機体が装備していた物ではなく、大体自身の身体に刺さっていた物を同化・強化している
一期ではカノン・メンフィスベイバロン・モデルによって突き立てられた物を同化し、投槍の要領で使う「ワーム・ジャベリン」とでも言うべき存在になっている。
劇場版ではマークドライツェンが刺し、折れた刀身を同化・復元している。これでラーニングしたのか、『EXODUS』の第四次蒼穹作戦でもどこからともなく造り出して使用した。
これ自体が機体(肉体?)の一部と認識されているのか、ザインの様な同化結晶を生やしたことが無く、威力もそれなりと言ったレベルに収まっている。

  • 格闘
武装ではなく腕での殴り合い。
劇場版でのザインとのタイマンで使用。互いの力が拮抗していたためか両者の拳が砕けた。
『EXODUS』においても、ディアブロ型をいともたやすく引き千切った。終盤においてもアザゼル型を相手にハートキャッチ(物理)をかましている。

  • ワームスフィア
イドゥンの同化によって後発的に得た武装(能力)。
フェストゥムの物と同じく触れた物質を消滅させるがマークニヒトの場合は通常のフェストゥム以上に広範囲かつ複数の標的に拡散させることができる。

『EXODUS』においてはディアブロ型を同化することでリング型ワームスフィアをラーニング、更にホーミング機能の追加、展開のハイスピード化という強化を施している。

アザゼル型ロードランナーに対しても極大なワームスフィアを形成している。平たく言えば元気玉(通称:虚無玉)。
一度はロードランナーの炎に押されかけたが総士の「虚無の申し子がこの程度か!?」という煽り半分の挑発に奮起したのか炎さえも取り込み、更に強化して投げつけた。
アザゼルF型種クロウラーとの戦闘後は、凍結同化もラーニングしている。

また、自身をワームスフィアで覆うことでバリアーのように使用することや空間転移も出来る。

  • 同化能力
イドゥンの同化によって後発的に得た能力。尤も変異前のマークザインも似た能力は有ったので、同化されたことで更に強化された可能性がある。
マークザインと同じく武装強化に使われることが多く、ルガーランス以外にも戦艦、設置されたガトリング砲も同化して強力なビームを放っている。前者に至っては水中でも威力が減衰しない
あまりにも同化能力が高すぎるためか、アザゼル型以外のフェストゥムは接近したり、四肢の動作の延長線上に存在するだけで消滅してしまう。

  • ワームスパーク
『EXODUS』で使用。
紫電と形容できるビームらしきものをバラ撒き広範囲のフェストゥムを殲滅したMAP兵器。
最終決戦では紫電で拳を赤熱化し、アザゼルD型種ベイグラントにトドメを刺した。

関連イラスト

ファフナー・マークニヒト
無に還れ



関連タグ

蒼穹のファフナー 虚無の申し子 ザルヴァートル・モデル ファフナー 人類軍 フェストゥム
マークザイン マークレゾン 英雄二人
イドゥン 来主操 皆城総士 こそうし ニヒ総
虚無  みんなのトラウマ ラスボス 光落ち まるでラスボスのようだ

ネオ・グランゾンスーパーロボット大戦シリーズの同業者。ラスボスから反則級の主人公機に転身。
ジャクリアルトネリコシリーズにおける同業者。ロボット勢同様、全く自重しない全裸系ロリババァ
バンシィガンダムUCの同業者。カラーリングや製造ナンバー、建造目的、劇中の立ち位置などに類似点が多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「マークニヒト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 175367

コメント