ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

人類軍

じんるいぐん

アニメ『蒼穹のファフナー』シリーズに登場する軍事組織。正式名称は『新国連人類軍』(NUNHF)。
目次 [非表示]

概要

フェストゥム襲来から1年後、新国連樹立と同年の2115年に設立された。3年後には瀬戸内海ミールの毒素に汚染された日本に核を放ち、北海道の半分と沖縄を除いて消滅させている。


南アフリカ・プレトリアに本部を置く新国連事務総長ヘスター・ギャロップに実権を握られており、2146年のヘブンズドア作戦で竜宮島部隊に北極ミールが破壊された後もフェストゥム殲滅のために戦い続け、彼らに痛みと憎悪を教え続けた。


アルヴィスとの関係

ミールの遺伝子汚染の拡大を防ぐために日本を消滅させたものの、その生き残り達が作り上げたファフナーを始めとした独自技術は喉から手が出るほど欲しいものであるために高圧的に出ることができず、基本的には交渉の構えを取っている。


しかし、アルヴィスの強大な戦力を通じてフェストゥムが学習して強大化する問題点を危険視してファフナーとコアだけ奪って島を消滅させようとする動きも見られ、アルヴィスの側もそれを見抜いているために基本的に人類軍に協力する意志はなく、距離を置いている。


とはいうものの、コアもファフナーもフェストゥムの研究が大きく進んだアルヴィスだからこその代物で、人類軍では扱うことは到底不可能。フェストゥム殲滅に固執する余り、自分達の手に余る代物という認識をできない人間のあり方の一つを示している。


新国連との対立及び人類軍の分裂

半世紀近く続く戦いで大きく疲弊した人類軍は大将だけで100人いるという階級が形骸化するまでに至った上に新国連自体も人類軍を統率する力を失い、ヘスターを暗殺して人類軍の指揮権奪還を試みる派閥やナレイン・ワイズマン・ボース率いる南アジア艦隊所属・ペルセウス中隊のように、敵との「対話による防衛」を唱える派閥も現れている。


同時に新国連首脳部は第三アルヴィス海神島から奪ったミールとコアを元にアザゼル型ベイグラントとなった宇宙ステーションを保有。ダーウィン基地の『プロメテウスの岩戸』でベイグラント及び岩戸のコアから作り出した生体端末『パペット』によるフェストゥムの誘導及び衛星通信の独占をしていた。


2151年ではヘスター主導でヘブンズドア作戦も含まれる人類救済の『トリプルプラン』を遂行しようとしているが、生存圏の確保もフェストゥム殲滅も出来ず無為に犠牲者を増やし、破綻寸前にもかかわらずに方針を変えない新国連に対する不満分子が増える一方となっている。


後にへスターの真意を突き止めた太平洋艦隊総司令ダッドリー・バーンズによって事務総長暗殺計画を決行される。フェストゥムを利用した二重スパイによりこれを防ぐも、プロメテウスが復讐のために反旗を翻し、ダーウィン基地にアザゼル型を誘導する。混乱に乗じて彼の艦隊に離反されると共に太平洋生存圏を掌握されると共に宇宙ステーションを失う。ほどなくして竜宮島によってベイグラントが排除され、トリプルプランそのものも破綻する。


分裂後の二つの人類軍

トリプルプランの破綻後、太平洋生存圏を掌握したバーンズの艦隊は「独立人類軍」を名乗り、人類軍が放棄したダーウィン基地を拠点としている。


新国連の人類軍は引き続きヘスター主導の下でフェストゥムと交戦しているが、2156年にはかつてダーウィン基地に存在した「プロメテウスの岩戸」のコアが「マレスペロ」を名乗り、自身の軍ベノンを率いて人類に宣戦を布告する。


この事態に際して、マレスペロに純粋ミール・アルタイルが渡るのを阻止したい共通の認識から独立人類軍と新国連軍は海神島に拠点を移したアルヴィスと休戦状態となり、一時的な協力関係を結んでベノンに対処することとなる。奇しくも竜宮島が危惧していた人間同士で争っている場合ではない状況となっている。


スーパーロボット大戦では

今の所、登場しておらず蒼穹のファフナーが参戦したスーパーロボット大戦UXも他の作品の組織で代用されている。

特に『UX』では原作以上に極悪非道な組織となっており、フェストゥムのみならずバジュラスクラッグを排除するためにへスターとハザード・パシャによって設立されたものの、ドクターミナミショット・ウェポン矢藩朗利金本平次などテロリストやマッドサイエンティストが所属、協力しておりもはや軍ではなくハザードの私兵に成り下がっている。

それゆえにカティ・マネキンをはじめとした地球連邦の良識派からはアロウズの再来と危機感を抱かれていた。

最終的にはELSとの対話に入る前に人類を見捨てて宇宙へ逃亡し、フロンティア船団と協力してバジュラの抹殺を図るという暴挙に出たため、大統領からUXに人類軍打倒が依頼され、バジュラ本星間近でハザードが死亡。へスターのいた本隊もショットと電脳貴族の裏切りにあいノーヴル・ディランを除いて壊滅。ノーヴルも後に打ち取られたため事実上全滅することとなった。

この扱いについては批判意見も多く、シナリオ担当の岸本みゆきも「正直やりすぎました」と後で反省の念を述べている。

なおへスターと大統領は声優が同じである。


関連タグ

蒼穹のファフナー 蒼穹のファフナーEXODUS ペルセウス中隊 アルゴス小隊 交戦規定アルファ 軍隊

ヘスター・ギャロップ ミツヒロ・バートランド 狩谷由紀恵 日野道生 カノン・メンフィス イアン・カンプ

ナレイン・ワイズマン・ボース ウォルター・バーゲスト ジョナサン・ミツヒロ・バートランド アイシュワリア・フェイン ビリー・モーガン

グノーシス・モデル メガセリオン・モデル ベイバロン・モデル ザルヴァートル・モデル パワーズ・モデル トローンズ・モデル ドミニオンズ・モデル

独善

関連記事

親記事

蒼穹のファフナー そうきゅうのふぁふなー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31325

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました