ピクシブ百科事典

メガセリオン・モデル

めがせりおんもでる

アニメ『蒼穹のファフナー』に登場する機動兵器「ファフナー」の一モデル。本項目では後継機のトローンズ・モデル(メイン画像)についても説明する。
目次[非表示]

概要

蒼穹のファフナー(無印)における人類軍ファフナー3機種のうちの一つ。全高約43m。
専用プラズマライフルと他の2モデルと比べて重装甲なのが特徴。
その分シナジェティック・コード形成時に心理的重圧が掛かり、精神的にタフな人間でないと乗りこなせない。

日野道生機を含めて世界中で800機製造されている。
道生機のカラーリングは青紫色だが、一般機は灰色。

トップエースの道生機には特別な認識コード「666(トリプルシックス)」が頭部に刻印されている。上記のカラーリングも実質的に彼専用のカラーリングでもある。
本機種のエースには「マスターセリオン」の異名が与えられる。

名前の由来は、ヨハネの黙示録に登場する「大いなる獣(たち)」の事。

劇中での活躍

劇中初の人類軍ファフナーとしてカノン・メンフィスベイバロン・モデルと共に登場し、真壁一騎マークエルフを翻弄した。

竜宮島占領後は、島に侵攻してきたプレアデス型を相手に善戦するも左足を喪失して戦闘不能になる。
その後、修復されたが竜宮島を殲滅する二重計画にブチ切れた道生に持ち逃げされ、竜宮島の防衛戦力として加入した(この時の戦術核迎撃の際にプラズマライフルを喪失する)。

後にスカラベR型種との戦いで両手両足と胴体を切断され、修復不可能と判断されて廃棄された。

ロボットアニメ背比べ

2014年以前は所謂量産型の人型機動兵器としてリアルロボットアニメ最大の機体であったと思われる。2015年のEXODUSで新登場したパワーズ・モデルにその座を奪われている可能性が高く、具体的な数値の設定の公開が待たれる。
ロボットアニメといえど本機より巨大な量産型はモビルアーマーのような非人型やマクロス級のような多人数乗りの戦艦が殆どで、量産されること自体が少ない。

巨大ということはそれだけで莫大な時間・費用・資源を要求し、量産となれば更に工業力とメタ的な説得力までも必要となるためなかなか難しいのである。

なので、そのあたりの制約が比較的緩めなスーパーロボットアニメと比較した場合は、同じ量産型が相手でも一転してかなり小さい機体となる。
ザンザ・ルブ(156m)、シズラー黒(130m)、果てはスペースグラパール(推定全長数千m以上)など大人と子供ぐらいの差がついてしまう。

後継機

トローンズ・モデル

『EXODUS』に登場する機体。大隊指揮官機。
コクピットにはジークフリード・システムが搭載されており、クロッシング維持やシステムからのフィードバックによる機体把握の為にパイロットの負担が大きい。
でも、他の2モデルに比べれば(同化現象的な意味で)一番パイロットに優しい部類
継戦能力はドミニオンズ・モデルに劣るが、性能ではこちらが勝る。ドミニオンズ・モデルが一応はマークザインマークニヒトの量産型という設定を考慮すれば大したものである。

名前の由来は、「座天使」から来ている。

空戦型。棘のような6本のスラスターが特徴。左腕に格闘用の三本爪のシールドを装備しており、前腕部にはマインブレードのような小型兵装を格納している。
主なパイロットはダスティン・モーガンアイシュワリア・フェイン

陸戦型。ラファエルとは背部パーツが異なる。肩部に装甲板のような物が装備され、メデューサを搭載できるアタッチメントを有する。
主なパイロットはナレイン・ワイズマン・ボース

関連項目

蒼穹のファフナー ファフナー 人類軍
日野道生 アイシュワリア・フェイン ナレイン・ワイズマン・ボース
ガンダムスローネ:トローンズ・モデルとは名前の由来とデザイナーが同じ

関連記事

親記事

ファフナー ふぁふなー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メガセリオン・モデル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2465

コメント