2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ソレスタルビーイングの監視者であるアレハンドロ・コーナーが、イオリア・シュヘンベルグの計画を改変するためヴェーダから引き出したデータを基に独自に開発した機体である。
3兄妹のガンダムマイスターチームトリニティによって運用され、プトレマイオスチームのガンダムよりも苛烈で徹底的な武力介入を行い、ガンダムに対する世界の敵意を増幅させた。
基本的に3機が一つのチームとなって作戦を行う。機体デザインは鷲尾直広

機体の特徴

第3世代までの主にプトレマイオスチームによって運用されるガンダムとは違って、最初から量産化を前提として設計されており、装備に応じて塗装や頭部の仕様などが変更されている以外はいずれも全く同じ機体である。

最大の特徴は通称「GNドライヴ【Τ】(タウ)」と呼ばれる、太陽炉=GNドライヴのデッドコピーである「擬似太陽炉(ぎじたいようろ)」を搭載している点である。オリジナルの太陽炉とは違って真紅のGN粒子を発生させており、さらにそのGN粒子には細胞異常を引き起こす強い毒性があるのが特徴。
また、GN粒子の生産には外部からのエネルギー供給を必要とする点もオリジナルとの大きな違いで、その為にスローネ各機には擬似太陽炉の始動機(スターター)が装備されている他、太陽炉そのものの駆動時間もオリジナルとは異なって有限であるなど、明確な太陽炉の劣化版である。

機体の構造は、プトレマイオスチームの機体が太陽炉を機体内部に格納する方式なのに対し、こちらは太陽炉そのものを胴体として四肢を取り付ける方式になっている。こちらも部品を少なく量産を容易とする構造であり、トリニティによる武力介入は量産化にあたっての実戦データの収集も目的だったであろう事から、スローネシリーズは最初から量産機を製造する為のテスト機体だったとも言える。

また脚部がハイヒール状かつ爪先が長くなっているのも特徴である(後述のアルケーガンダムも踏襲)。

スローネシリーズ

ガンダムスローネアイン

スローネアイン


機体番号GNW-001
頭高長18.6m
本体重量67.1t
所属ソレスタルビーイング
パイロットヨハン・トリニティ

長男ヨハン・トリニティが搭乗する1号機。アインはドイツ語で「1」の意味。
ガンダムデュナメスの精密狙撃能力と、ガンダムヴァーチェの大火力を融合させた遠距離重砲撃型MSである。単体でも充分高い火力を有しているのだが、「GNメガランチャー」や「GNハイメガランチャー」など他の2機の粒子供給を受けて使用するさらなる大火力武器も存在する。
詳細は当該記事にて。

ガンダムスローネツヴァイ

最高だなガンダムって奴ぁ!


機体番号GNW-002
頭高長18.6m
本体重量67.1t
所属ソレスタルビーイング→国連軍
パイロットミハエル・トリニティ→アリー・アル・サーシェス

次男ミハエル・トリニティが搭乗する2号機。ツヴァイはドイツ語で「2」の意味。
主に「GNバスターソード」などの強力な近接格闘用の武器に加えて、「GNファング」といった強力な中距離支援及び戦闘に特化した専用の武器を装備し、トリニティチームでは前衛を担う。
詳細は当該記事にて。

ガンダムスローネドライ

スローネドライ


機体番号GNW-003
頭高長19.4m
本体重量67.7t
所属ソレスタルビーイング
パイロットネーナ・トリニティ

末妹ネーナ・トリニティが搭乗する3号機。ドライはドイツ語で「3」の意味。
機体各部に大容量のGNコンデンサーを搭載しており、スローネアインへの粒子供給や、GNステルスフィールドによるジャミングなど、後方からの戦闘支援能力に優れている。
詳細は当該記事にて。

ガンダムスローネフィーア

舞台「機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build」に登場したスローネ4号機。「フィーア」はドイツ語で「4」の意味。他のスローネと異なりリボンズ・アルマークによって作られた。
詳細は当該記事にて。

スローネ用武装ユニット

トゥルブレンツユニット

外伝機動戦士ガンダム00Vに登場。
ガンダムスローネ用の追加武装ユニット。トゥルブレンツはドイツ語で乱気流の意。
当初から大規模な武力介入を行っていたトリニティだが、その規模をさらに拡大する為に開発された。
スローネ本体の擬似太陽炉に加え、トゥルブレンツ側にも擬似太陽炉が搭載されているため、活動時間の大幅な延長が可能となっている。ユニットは戦闘機形態への変形機構も備え、独立した支援機として運用する事もできる。
スローネアイン以外のトゥルブレンツも設計はされていたが、アレハンドロの計画が予想以上に早く進行した為に実機が制作されたのはアイン用のみとなった。

バリエーション

スローネヴァラヌス

ガンダム00V スローネヴァラヌス


機体番号GNX-509T
頭高長18.8m
本体重量69.1t
所属国連軍
パイロットデボラ・ガリエナ

外伝機動戦士ガンダム00Vに登場。
アレハンドロ・コーナーによって独自に開発され、後に国連軍に提供されたGN-Xの試作機にあたる機体。試作段階である為に、機体各部には基となったガンダムスローネの名残が見られる。
詳細は当該記事にて。

アルケーガンダム

アルケーガンダム


機体番号GNW-20000
所属イノベイター(リボンズ・アルマーク)の私兵
パイロットアリー・アル・サーシェス

第2期に登場したスローネシリーズの最終発展型。
ツヴァイをベースにサーシェスの専用機として各種改修が施されている。
本機はツヴァイ同様に近中距離戦に特化した機体だが、他にもMSVとしてアイン・ツヴァイ・ドライの装備を統合した「ヤークト」や、ドライの装備をベースにしたものも存在している。
詳細は当該記事にて。

SDガンダム外伝シリーズでは、

新約SDガンダム外伝 創世超竜譚で暗黒卿マスタ―ガンダム配下のスローネ三魔卿として登場している。
神の座を決めるバーサルウォーの決勝戦でグラディエーターガンダムエクシア(勇者ガンダム)に敗れた益荒男マスターガンダムが暗黒魔人ダークネスハート(正体は、黄金神話の時代で死亡したスペリオルドラゴンの中に宿っていた悪の一部が時空を越えて、創世超竜譚の時代の闇の世界で成長した存在だった)と組んで闇の力を得た暗黒卿スサノオマスターガンダムに賛同して配下となり。
メンバーは、
突撃卿スローネアイン
空を支配する闇の将軍で力こそが正義だと信じている、機兵は、突撃機兵ソードスローネ(後の突撃卿ガンダムヘブンズソード)
争覇卿スローネツヴァイ
陸を支配する闇の将軍で暗黒卿を英雄と崇め絶対の信頼を持っている、機兵は、争覇機兵グランドスローネ(後の争覇卿グランドガンダム)
江湖卿スローネドライ
海を支配する闇の将軍で闇の力に陶酔している、機兵は、江湖機兵ウォルタースローネ(江湖機兵ウォルタースローネ)
暗黒卿スサノオマスターガンダムが乗る暗黒機兵クーロンと自身の乗る機兵で黄金竜の試練に挑んでいる勇者ガンダム達を苦しめたが試練に合格した勇者ガンダムがスペリオルドラゴン00へとなり更にスペリオルカイザー00によってスローネ三魔卿は、肉体を失い魂は、自身の機兵に封印され暗黒卿マスターガンダムと共に地底深くに封印されるが長い年月を経てスペリオルドラゴンの死で完全復活した暗黒卿マスターガンダムと共に復活しスローネ三魔卿の機兵は、デスペリオル三魔卿の機兵となり復活したがデスペリオル三魔卿が破れたが暗黒神デビルスペリオルの力によって復活しコアが無くてもスローネ三魔卿の魂が宿る機兵が活動できるようになり暗黒卿マスターガンダムと合体したが新生シャッフル騎士団によって暗黒卿マスターガンダムと共に打ち倒された。

ロストヒーローズ

デザート・キューブにて殺しを生業にしている悪党兄妹として登場。無論ヨハンの人格であるアインも最初から敵意むき出しである。初めはリーオーを差し向けてヒーロー達を襲い、その次にトーラスを呼び出して袋叩きにしようとしたが、ヒーロー達を救いに来たソレスタルビーイング(+ウイングゼロ関連のガンダム)の手により作戦は失敗し一時撤退をした。
その後ライドマシンの主力武器であるガイアキャノンの監視を任され、偵察に来たマグアナックを殲滅させた。その後ヒーロー達と再び出会い、戦いに負け撤退をしようとしたところあるガンダムに仕向けられたアルケーガンダムの手によって原作では一人生き延びたドライも纏めて兄妹揃って始末された。(コラそこベース元のツヴァイがいるのにアルケーガンダムが一緒に居るのはおかしいだろとか言わないの。)

関連タグ

機動戦士ガンダム00 鷲尾直広
アルケーガンダム GN-X レグナント
ヨハン・トリニティ ミハエル・トリニティ ネーナ・トリニティ アリー・アル・サーシェス

D兵器 - こちらも白兵戦用、砲撃戦用、戦闘支援用の3機が存在。ただし1号機と2号機の役割がスローネとは逆。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82471

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました