ピクシブ百科事典

イオリア・シュヘンベルグ

いおりあしゅへんべるぐ

イオリア・シュヘンベルグとは、機動戦士ガンダム00の登場人物。
目次[非表示]

CV:大塚周夫(TV版)、磯部勉(劇場版)

概要

私設武装組織「ソレスタルビーイング」の創設者。西暦2051年生まれ。
機動戦士ガンダム00『1st』本編の時代から、200年以上前の21世紀末の人物で、
量子コンピューター「ヴェーダ」や「イノベイド」、「GNドライヴ」の基礎理論を確立させた稀代の天才科学者。
一般的には太陽光発電システムの基礎理論を提唱した、歴史上の人物として知られている。

1st season

西暦2307年、全世界に向けて発せられたビデオメッセージによって、CBの存在を知らしめ、
「武力による戦争の根絶」という目的を掲げ、世界中の全戦争行為に対する武力介入を宣言した。
イオリア自身は月面に隠されたヴェーダの施設でコールドスリープ装置に入っていたが、リボンズによってヴェーダが掌握されたことでカプセルが姿を現し、アレハンドロによって銃撃されてしまった(もっともその時点で本当に生存していたかは不明。後述するトラップを用意していたため初めから自身の身体を囮として用いた可能性もある)。しかし、イオリアは計画を歪める者が現れることも予想しており、システムトラップが発動し、「トランザムシステム」の封印が解かれ、プトレマイオスチームには、自らの意思で平和のために戦うよう伝えている。

2nd season

終盤で、ヴェーダと一体化したティエリアにより、イオリア計画の全貌が明らかにされている。その内容は「CBの武力介入によって世界の統合を促し、人類の意思を統一させ、争いの火種を抱えたままに外宇宙へ進出することを阻止する」というもので、いずれ巡り合うであろう異種との対話に備え、人類を変革させるためのものであった。

劇場版

主人公刹那・F・セイエイが誕生する200年前の西暦2091年に、40歳時のイオリアがE・A・レイという青年とイオリア計画について会話をする描写がある。イオリア自身は人類を嫌悪しているが、先入観や思い込みで真実や本質を見失っている事に失望しているだけであり、自身が作り出した計画によって人類を「分かり合わせる」と「変革が必要」に希望を語っている。小説版では、地中海の孤島で隠居生活をしていると明記されている。
西暦2314年時におけるELSの襲来により、西暦2364年では人類の約4割がイノベイターへ進化し、人類とELSの共存も進んで、外宇宙航行艦で外宇宙へ出発するようになるなど、西暦2091年から約270年後に、イオリアの願った計画が実現を迎えた。

メディアミックスでの活躍

スーパーロボット大戦シリーズ

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇においては『1st』の設定で登場。
多元世界の誕生・時空震動による来訪者の出現を予知し、機動新世紀ガンダムXサテライトキャノン用マイクロウェーブ送電施設をに設置するなど、更に先見性・天才肌に磨きがかかっていた。

関連タグ

機動戦士ガンダム00 ガンダム00 A_wakening_of_the_Trailblazer ソレスタルビーイング
アレハンドロ・コーナー リボンズ・アルマーク 絹江・クロスロード トランザム

pixivに投稿された作品 pixivで「イオリア・シュヘンベルグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20386

コメント