ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

サーシェス:

そうよ、そのまさかよ!

『やっぱ戦争は、白兵でねえとなあ!』


スペック

機体番号GNW-20000
頭高長20.9 m
本体重量72.9 t
所属イノベイター(リボンズ・アルマークの私兵)
パイロットアリー・アル・サーシェス

デザイナーは鷲尾直広

概要

ガンダムスローネシリーズの最終発展形。


実際にはスローネの中でも、サーシェスが搭乗したガンダムスローネツヴァイの発展形で、ツヴァイと同じくGNバスターソードとGNファングで武装しており、さらにサーシェスの完全な専用機として、彼のトリッキーな天衣無縫の戦闘スタイルに合わせた改修が行われているものの、得物のリーチを優先した結果、狭所戦闘では武装を制限される。


一応は「ガンダム」の名を冠しているが、異様に長く巨大な手足に反比例して細い胴体、加えて四つ目と、いわゆるガンダムタイプどころか、人型とすら言い難い異形のシルエットが特徴である。

しかし、刹那・F・セイエイは初見時からこの機体を「ガンダム」と呼び、クラウス・グラードも、輸送機を人質に取られそうになった際に、これをガンダムと認識している。ティエリア・アーデに至っては、初見で「スローネの発展型」と認識して、さらにパイロットの正体にまで気づいている。

これはおそらく、V字アンテナとツインアイ(どちらも申し訳程度だが)、そしてガンダムスローネと似た外見である事から判別したものと思われる。


動力源は、初期型の擬似太陽炉を胴体と両脚に、計3基搭載している(これは初期の擬似太陽炉の発生させる有毒な擬似GN粒子を、人体を攻撃する武器として利用する為である)。

またGNZシリーズ同様、背部に脱出用のコア・ファイターを装備しているが、擬似太陽炉は本体にしか搭載していない為に、飛行限界はGNコンデンサーに蓄えられた粒子量に依存する。


サーシェスの圧倒的な技量も相まって、ソレスタルビーイングとの初遭遇では、ダブルオーガンダムセラヴィーガンダムの2機を相手に互角以上の戦いを演じる。


しかし、その後の刹那のダブルオーライザーとの戦闘では、既に純粋種のイノベイターに覚醒しつつあった刹那によって圧倒されて、機体は大破させられたが、コアファイターで脱出。


最終決戦に於いて、恒星間航行用宇宙船ソレスタルビーイング内でロックオン・ストラトスの駆るケルディムガンダムを追い詰める(そのケルディムはGNファングに対抗してGNライフルビットを使い果たし、手持ちのGNピストルのみで持ちこたえていた)が、刹那の発動させたトランザムバーストによって一時的に形勢が逆転。

更にティエリア・アーデがヴェーダを奪還し、セラフィムガンダムの「トライアルフィールド」を発動した事によって、ヴェーダのバックアップを受けていたアルケーガンダムは機能を停止。

その後は、ケルディムガンダムの攻撃を受けて機体は大破。サーシェスは脱出するも、直後にロックオンによって射殺された。


企画段階ではネーナ・トリニティの機体としてデザインされていた。


兵装

GNバスターソード

ツヴァイのものを細く小型化し、同機体のGNハンドガンと機能を一体化させた複合型近接兵器。

斬撃の瞬間に粒子を放出して纏わせる事で、ビームサーベルとしての機能も持たせる事ができ、高い威力を発揮する。


右腕に装着してグリップを展開し、刀身をスライドさせて砲身が露出する事でライフルモードとなる。しかし、サーシェスは近接戦闘が多かった為、劇中では殆ど使われなかった。


GNシールド

左腕に装着された実体防御兵装。

他の太陽炉機同様、表面にGN粒子を定着させる事でビーム・実弾を問わず防御可能な他、両側面の赤いパーツを展開する事で、攻防両方に融通が利くビームシールドを形成出来るようになっている(劇中未使用)。


GNファング

ツヴァイから新たに2基追加され、計10基となったGNファング

ツヴァイ同様に両腰部のスカートアーマー内に搭載している。

性能はツヴァイのものより5%ほど向上している。


GNビームサーベル

スローネ系は肩に装備していたがツヴァイではほとんど使用されなかった事もあってか、アルケーでは両爪先に隠し武器として装備し、蹴りと連動した斬撃による奇襲戦法を敢行出来るようになっている。

サーシェス:隠し腕!?フッ、こっちにもあんだよ!』


外部出演

ガンダムVSガンダムシリーズ

無印エクバ家庭版のDLC機体として500円で販売。アーケードではフルブより。当初はいまいちだったがキャンセルルート等々追加されて強化された。

コストは2500から。

(使用時に足は止まるものの)GNバスターソード・ライフルモードやGNファングで最低限の射撃戦は可能ではあるが、実態はトリッキーなモーションで"荒らし"に特化した格闘機の筆頭格。


ふわりとした挙動でバレルロールで回り込む横特殊格闘や誘導を切りつつ上昇するN特殊格闘を筆頭に、判定が強い横格、ダメージが高いN格、恐らくVSシリーズ初のダウンした敵も拾うことが可能な前格等の高性能な格闘や移動技を持っている。

特にバレルロールは回り込みが尋常ではなく、奇襲にはもってこい。また格闘の判定も強く(特に横)、かち合いに滅法強い。


弱点はメイン射撃が足が止まるから分かるように格闘以外のダメージ源が乏しい点。また、特殊移動関連のブーストゲージの燃費が悪い点。

そのためアルケー対策は基本的には近づかない、近づけない事。特殊移動も上手く間合いを取り、ブースト切れの瞬間に迎撃するといった手が使われる。


エクバ2では下方修正され、多くのプレイヤーは何かしらの強化を期待していたが、事態は予想の斜め上の展開になる。



バトルスピリッツ


コラボブースター【ガンダム ~宇宙を駆ける戦士~】で登場した青のスピリット。


スピリット

7(3)/青/MS

<1>Lv1 8000 <3>Lv2 12000 <5>Lv3 15000

手札にあるこのカードは、スピリットのアタックによってライフを減らしたか、スピリットが破壊されたとき、1コスト支払って召喚できる。

Lv1・Lv2・Lv3:フラッシュ『このスピリットのアタック/ブロック時』

3コストまでを支払うことで、支払ったコストにより、次の効果を発揮する。

1コスト以上:コスト7以下の相手のスピリット1体を破壊する。

2コスト以上:このスピリットは回復する。

3コスト:ターンに1回、自分のアタックステップなら、自分は、相手の手札1枚を内容を見ないで破棄し、相手のライフのコア1個をリザーブに置き、相手のデッキを上から6枚破棄する。

シンボル:青



お互いのライフ減少orスピリット破壊という非常に簡単な条件をトリガーにすぐ飛んでくる汎用性、及び場に出た後はスピリット・手札・ライフ・デッキを尽く刈り取りながら自力回復までするなどという超攻撃性能から色・テーマを問わず様々なデッキに出張しうる性能を誇っている。

どのデッキでも仕事をする力量・支払うコストによって追加効果を発揮していく特性は、搭乗者の「傭兵は依頼があればギャラ次第でどこにでもつく」というセリフを如実に表現しているものだろう。

そのあまりにも高いカードパワーと汎用性から数多のデッキに採用されていたが、1枚のカードパワーが高すぎるため2021年7月31日の制限改定にて制限カード<1>(デッキに1枚しか入れられないカード)に指定された。しかしながら単純なパワカであることに変わりはなく、制限施行後もかなりの価格で取引されている(その後、再録により価格は落ち着いた)。


同じタイミングで制限<1>に指定された「インペリアルドラモン パラディンモード」と組み合わせた『アルパラ』 (アルケーガンダム&パラディンモード) という青緑グッドスタッフデッキが環境を蹂躙したのに加え、ライフ減少で手札から利用できるカードが増加したのも手伝ってかお互いライフ減少時には手札提示の確認をするのが慣習化し、その後ルールマニュアルの改正によってライフ減少後提示の流れが明記されるなどもはやバトスピのルールすら変えた節があり、コラボブースターのカードでありながらバトルスピリッツ界に与えた影響は計り知れない。



ロストヒーローズ

デザート・キューブから初登場し、原作同様戦争を生業にしている。性格は原作のアリー・アル・サーシェス同様の卑劣感で作戦に失敗したトリニティ3兄妹も平気で殺したりと容赦がない。デザートキューブで3兄妹の粛清とジ・Oが撃破されて立ち去った後、ヒーロー達とはショッカー・キューブである戦争の物資調達完了したところで再び出会うもビルゴの性能テストの序に攻撃した後再びどこかへ立ち去ってしまう。

そしてヒーロー達がショッカー・キューブでの探索を終えた後に彼の…いや彼の元締めによるヒーロー達との全面戦争が始まることとなった

彼が物資を調達したのはヒーロー達を根絶やしにするべく拠点破壊の為に用意した兵器とモビルドールの数々であった。彼らを止めるためヒーロー達はヴェーダ・キューブに向かい、過酷なる戦闘が始まった。アルケーガンダムは拠点破壊を止めに来たヒーロー達を妨害すべく襲いかかってきたがソレスタルビーイング(+ウイングゼロ関連のガンダム仮面ライダーバース)の助太刀によって侵攻を許してしまう。最終的にダブルオーガンダムの奇跡と黒幕に殺されたはずのセラヴィーガンダムがヴェーダに意識を移住したお陰で作戦は成功し、アルケー達の計画は潰されることとなった。最後の最後にアルケーは元締めを守るべく最後の悪あがきで勝負をするも最終的にヒーロー達の手によって引導を渡された。序盤から登場し、ヒーロー達を終盤近くまで苦しめ続けた恐るべき強敵であった。

因みにロストヒーローズ2では、ランダム・キューブに出てくるヴェーダ・キューブ代表の隠しボスとして登場した。(因みにリボーンズガンダムはELSとして登場している為である。)


スーパーロボット大戦シリーズ

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇」に登場。

一応ボス格でサーシェスの能力も高いため弱くはないが、他の敵ガンダムに比べると一段落ちる。さらに刹那のエースボーナスでの補正対象に含まれるため、下手をするとライザーソードを一撃ぶち込むだけで落ちる。不遇である。


立体物

プラモデルとしてHG001/144シリーズが、アクションフィギュアとしてROBOT魂にラインナップ。

プラモデルの方はバスターソードのギミックやファングコンテナの展開が再現されているが、ビームサーベルの刃は無色透明であり塗装必須。

本来はプラモデル化の予定はなかったが、予想以上の人気に番組終了後にプラモデルが発売された経緯がある。

ROBOT魂ではあまり立体化に恵まれなかったGNファングが付属。後にヤークトアルケーガンダムがプレミアムバンダイ限定として発売された。

そして2020年、サーシェスを演じた藤原啓治氏の訃報と合わせるかのようにプラモが久方ぶりに再販された。バンダイロゴが青くなってからの再販は初と思われるが、すぐに品薄となった。


関連イラスト

ところがぎっちょん!アルケーガンダム


関連動画


バリエーション

GNW-20000/J ヤークトアルケーガンダム

ヤークトアルケー

外伝、00Vにて登場。

ガンダムスローネのコンセプトを集約させた対多数戦用装備。

大部隊との戦闘を想定しての装備の為、ソレスタルビーイングなどの少数精鋭部隊との戦闘には投入されなかった。

詳細はヤークトアルケーガンダムを参照。


GNW-20003 アルケーガンダムドライ

アルケードライ

ネーナ・トリニティとリジェネ・レジェッタリボンズ・アルマークにアルケーガンダムの支援機としてプランを提出し、設計された機体。

実際にはネーナが兄達の敵を討つ為にリジェネに用意させた機体であり、ガンダムスローネドライの特徴を色濃く受け継いでいる。

しかし、ネーナはルイス・ハレヴィが乗るレグナントによって死亡した為、日の目を見る事はなかった。

詳細はアルケーガンダムドライを参照。


関連タグ

機動戦士ガンダム00 ガンダム00

アリー・アル・サーシェス ガンダムスローネ 鷲尾直広

関連記事

親記事

ガンダムスローネ がんだむすろーね

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 415700

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました