ピクシブ百科事典

アルケーガンダム

あるけーがんだむ

アルケーガンダムとは、機動戦士ガンダム00に登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

パイロットはアリー・アル・サーシェス
デザイナーは鷲尾直広

概要

ガンダムスローネシリーズの最終発展形。
実際にはスローネの中でも、サーシェスが搭乗したツヴァイの発展形で、ツヴァイと同じくGNバスターソードとGNファングで武装し、サーシェスの戦闘スタイルに合わせた改修が行われている。
「ガンダム」の名を冠しながらも、異様に長く巨大な手足に反比例して細い胴体、四つ目と、いわゆるガンダムタイプどころか人型とすら言い難い異形のシルエットが特徴だが、刹那・F・セイエイは初見時から「ガンダム」と呼び、クラウス・グラードも、輸送機を人質に取られそうになった際にこれをガンダムと認識している。
これはおそらくV字アンテナとツインアイ(どちらも一応ついている程度だが)、そしてガンダムスローネと似た外見であることから判別したものと思われる。

主装備はライフルモードにもなるGNバスターソードとスカートアーマー内に10機搭載しているGNファングである。
その他にも両爪先にGNビームサーベルを隠し武器として装備し、サーシェスの圧倒的な技量もあって、ソレスタルビーイングとの初遭遇ではダブルオーガンダムセラヴィーガンダムの2機を相手に互角以上の戦いを演じる。
またGNZシリーズ同様、背部に脱出用のコア・ファイターを装備しているが、疑似太陽炉を搭載していないため、飛行限界はGNコンデンサーに蓄えられた粒子量に依存する。
最終決戦においてはロックオン・ストラトスの駆るケルディムガンダムを追い詰めるが、刹那の発動させたトランザムバーストによって形勢が逆転。さらに、ティエリア・アーデがヴェーダを奪還し、セラフィムガンダムの「トライアルフィールド」によって、ヴェーダのバックアップを受けていたアルケーガンダムは機能を停止した。その後、ケルディムガンダムの攻撃を受けて機体は大破。サーシェスは脱出するも直後にロックオンに射殺された。

本来はプラモデル化の予定はなかったが、予想以上の人気に番組終了後にプラモデルが発売された。また、企画段階でははネーナ・トリニティの機体としてデザインされていた。

関連イラスト

ところがぎっちょん!
アルケーガンダム



バリエーション

ヤークトアルケーガンダム

ヤークトアルケー


外伝、00Vにて登場。
ガンダムスローネのコンセプトを集約させた対多数戦用装備。
スローネアインのGNランチャー、ツヴァイのGNバスターソードとファング、ドライのステルスフィールドを搭載。さらにバスターソードは2本、ファングは大型化したスカートアーマーに計12機搭載している。またGNミサイルもファングコンテナに搭載可能。
GMランチャーはトランザムを使用することでスローネ三機のGNハイメガランチャーと同等の破壊力を発揮可能。
大部隊との戦闘を想定しての装備の為、ソレスタルビーイングなどの少数精鋭部隊との戦闘には投入されなかった。

アルケーガンダムドライ

アルケードライ


ネーナ・トリニティリジェネ・レジェッタリボンズ・アルマークにアルケーガンダムの支援機としてプランを提出し、設計された機体。
実際にはネーナが兄達の敵を討つ為にリジェネに用意させた機体であり、ガンダムスローネドライの特徴を色濃く受け継いでいる。
つま先のビームサーベルやバスターソードなどは取り外されているが、その代わりステルスフィールド発生器を装備しており、そこから発生させられる高濃度GN粒子はファングなどのオールレンジ武器の操作やビームの発射に影響を及ぼすが、アルケードライは散布したGN粒子を操作してGNハンドガンで一方的な攻撃を行う事が出来る。腰アーマーの裏にはGNファングが1基ずつ搭載されている。
しかし、劇中では実際には運用されず、ペーパープランに終わったのは言うまでも無い。

元ネタは鷲尾直広氏がイベント用に寄贈した色紙より。

関連タグ

機動戦士ガンダム00 ガンダム00
アリー・アル・サーシェス ガンダムスローネ 鷲尾直広

pixivに投稿された作品 pixivで「アルケーガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 282075

コメント