ピクシブ百科事典

カティ・マネキン

かてぃまねきん

カティ・マネキンとは、「機動戦士ガンダム00」の登場人物。
目次[非表示]

声優は高山みなみ

AEUの戦術予報士であり、パトリック・コーラサワーでもある。

フィンランド出身のAEU軍大佐で、『1st』では32歳。意外と巨乳である。性格はツンデレと言うかクーデレ
ユニオンの国際大学在学中から数々の戦術を生み出し、7つの紛争を勝利に導く事績を上げ、AEUから佐官待遇でスカウトされるなど「戦術予報の天才」と呼ばれていた。紛争の根絶が不可能である以上は、的確な戦術予報によって早期解決を図り、被害を最小限に抑えることが平和に繋がるという信念を持っている。同じ大学で学び、交流があったスメラギにも大きな影響を与えており、マネキンへの憧れがスメラギが戦術予報士となることを選んだ理由の一つであった。
AEU軍の戦術予報士として参加したある作戦において、情報共有の不足によりスメラギが指揮する友軍と同士討ちを起こし、多数の犠牲者を出す事件を起こしたという過去がある。

1st Seasonでのカティ

1st SeasonではAEU軍MS部隊の作戦指揮官として三国合同演習に参加している。その際、遅刻してきたパトリックを殴りつけたことから一目惚れされ、熱烈なアプローチを受けることとなった。国連軍結成後はセルゲイとともにジンクス部隊の指揮官となり、ソレスタルビーイング(以下CB)を壊滅に追い込んだ。

2nd Seasonでのカティ

2nd Seasonでは、CBと交戦した経験を買われ、対ガンダム部隊の指揮官としてアロウズへと転属している。しかし、オートマトンによる無差別の殺戮などを目の当たりにし、あまりに苛烈なアロウズのやり方には疑問も抱いていた。幾度かの戦闘を通じてCBの指揮官がスメラギであること確信し、彼女がCBに参加したおおよその理由についても察したが、紛争根絶というありえない理念に傾倒したスメラギに失望し、その後も容赦なくCBを追い詰めた。
だが、ブレイク・ピラー事件に於いて衛星兵器メメントモリの存在と、その砲撃による軌道エレベーター崩壊で数千万人規模の犠牲者が出る恐れがあることを知り、遂にアロウズへの怒りが爆発。待機命令に逆らって自らの部隊に軌道エレベーターの破片の迎撃を指示した。
その後、アロウズと袂を分かちパトリックと共に失踪していたが、アロウズとCBの最終決戦にクーデター派を率いて参戦し、アロウズ艦隊を崩壊させた。アロウズが粒子撹乱を用いるであろうことを見越し、カタロンに実弾兵器の装備を指示したのもマネキンである。
最終決戦後はパトリックと結婚し、階級も准将へと昇格している。CBに対しては、アロウズ打倒の功労者として一定の評価はしているが、危険な存在であるとの認識は解いておらず、その活動次第では再び戦う事も辞さない決意を見せている。とは言っても、最終回時点でCBがほぼお咎めなしで済んでいるのも、彼女のおかげでもある。

劇場版でのカティ

パトリックと共にソレスタルビーイング号の査察へ向かい、地球圏へ接近する木星探査船の軌道変更処理を指揮した。その際デカルトと出会い、イノベイターの力を目の当たりにした。その後はソレスタルビーイング号に留まってELSに関する情報収集を続け、ELSが地球圏に襲来する段階においては、地球圏防衛艦隊の総司令として、ソレスタルビーイング号の司令室でELS迎撃の指揮を執った。戦場に出撃したパトリックから最後の通信を送られた際は動揺し、本気で心配していた。ELSの侵攻で防衛線が崩壊し、司令室も侵食を受け取り込まれそうになったが、直前に侵食が止み、無事生還した。

関連イラスト

カティとスメラギで夏服。
無題



関連タグ

機動戦士ガンダム00 AEU アロウズ パトリック・コーラサワー コラカティ 究極のダメ夫婦
スメラギ・李・ノリエガ ビリー・カタギリ アーサー・グッドマン アーバ・リント デカルト・シャーマン

pixivに投稿された作品 pixivで「カティ・マネキン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 594877

コメント