ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

グランゾンの真の姿。ただでさえ厳つい容貌がさらに巨大化し、後光のごとき背部ユニットまで増えて神々しさすら備えている。
グランゾンをラ・ギアスの錬金術と呪術理論によって強化し、背に輝く光輪「バリオン創出ヘイロウ」を召喚・接続することでこの形態となる。この「バリオン創出ヘイロウ」はエーテルの揺らぎから重粒子バリオンを創出・生成し莫大な出力と質量を得る機構で、これによりグランゾンを遥かに凌駕する出力をネオ・グランゾンにもたらし、超武装の縮退砲の使用を可能にしている。

武装面のみならず全ての性能が飛躍的に上昇しており、単機で複数のスーパーロボット軍団を相手に出来るほどの一騎当千の形容を地で行く戦闘力を備える。

ただし、両肩に搭載されているジェネレーター「ヴォルクルスの羈絏」の影響で、搭乗者となるシュウは邪神の呪縛を受けるというデメリットが存在する。
これにより実質的に破壊神の依り代というべき存在であったが、ラ・ギアスにおいてシュウが蘇生した後、羈絏に関係するシステムがアストラルエネルギーを引き出すコンバーターに変えられたことで呪縛を受けずその力のみを利用できるようになり、シュウの意思で自由に応現が可能になった。

旧シリーズ

初登場は「第3次スーパーロボット大戦」。総ターン数419以下(PS版では350ターン以下)、尚且つグランゾンが出撃しており生存の状態でシナリオ「ラストバトル」をクリアすることで隠しMAPが出現、そこで相対することとなる。最強伝説の幕開け、と言える。

EX」ではコマンドを入力することで使用可能になる。言うまでもなく最強。
シュウの章では展開上シュウ抜きでスタートする話もあるが、それらはターン経過で勝手にクリア出来たり初登場キャラのみで戦うステージだったりするため、基本的にネオ・グランゾン1機を突っ込ませるだけでクリア可能。
とある攻略本には「撃墜されたら一生の恥」とまで書かれるレベルである(HPが6万もあるうえにラスボスの攻撃ですら無改造でもダメージは3桁に届くかどうかなので、撃墜されるのは非常に難しい)。
また、自軍で使用するだけではなく、リューネの章では「ISS」を駆使することで戦うことも可能。まだシナリオ中盤の段階で章のラスボスすら遥か凌駕する性能の機体と遣り合うハメになるが、(やりこみの範疇になるが)勝つことはできる。
PS版のリメイクでも同様に使用可能。ただしこちらでは機体性能こそ圧倒的だが、ブラックホールクラスターの燃費が非常に悪く(ENが無改造では5発しか撃てない)、縮退砲も弾数が10発(SFC版では20発)になっているため、ENくらいは改造しておかないと単機無双は厳しい。
こちらでもリューネの章で戦うこともできるが、シュウの気力が100からのスタートで気力が上がるまでは攻撃力の低い武装しか使えない。ゲッタードラゴンで攻撃し続ければ縮退砲が解禁される前に倒すこともできるので、SFC版と比べると撃破の難易度は下がっている。

第4次スーパーロボット大戦」にも、隠しボスとして登場する。最終シナリオ到達時点で総ターン数320以上(PS版では350ターン以上)である場合、選択肢次第で隠しボス扱いで登場する。無論、全ユニット中最強である。
が…第4次では戦う事も可能だが、その場合は大局を見い出せずに強者を求めるだけの愚か者と化したある意味第四の壁を超えたプレイヤー自身の最後の敵となる。ただし、シュウとネオ・グランゾンを倒した先に待つのは破滅の未来である…ただしSFC版は本来のラスボス同様に倒す事自体は割と簡単。PS版はなんとネオ・グランゾン(シュウ)が三体に増えている。

F」では没データ。戦うことはできないが、カラオケモードで姿を見ることが可能。

魔装機神シリーズ

魔装機神」では特定のルートの最終盤で味方として使うことが出来る。ただし最終話では一時的に敵にまわり、マサキで2回説得して味方に戻さないとクリアができない。
本作においてもぶっちぎりの最強機体で、このルートのラストボスの真ナグツァートは本作最強の耐久力を持つが、それがどうしたと言わんばかりの超火力で単機で圧倒出来てしまう。
魔装機神Ⅱ」では出番なし。
魔装機神Ⅲ」ではルートによって敵だったり自軍で使用出来たりする。が、「力を奪われてしまった」という設定で性能はかなり微妙。自軍時は量産機の群れにハチの巣にされて墜とされたり(と、いうのもHPこそ自軍屈指だが、「装甲が薄い」設定のグランヴェール程度の装甲値しかない)、敵対時も「ラスボス3機以外で唯一HP6桁」を誇るにもかかわらず一撃で墜とせてしまったり、と「元大ボス機」としてはかなり不遇。
魔装機神F」では冒頭で大破という衝撃的な幕開け。グランゾンは中盤で修理が完了して使用可能になるが、本形態を使用できるようになるのはしばらく後。本作では気力が+30以上になると表示される(特定の強化パーツを付けると気力制限がなくなる)「マハーカーラ」コマンドを選択することで任意にグランゾンから応現が可能。攻撃力こそポゼッション状態の魔装機神達には劣るが、自軍最高のHPと装甲値を誇ることとなる。

αシリーズ

「α for DC」では追加されたルートを選択できれば、最終シナリオ後編にてラストボスとして立ちふさがる。
現時点で唯一アストラナガンとの対決が見られる貴重な作品。
なお、PS版「α」においても存在自体は示唆されており、エンジェル・ハイロゥ戦においてシュウが「いざとなったらアレを使いますよ」と発言している。

「α外伝」では「第9話」というゲーム序盤にてムービー付きで登場。いきなり登場してビビったプレイヤーも多いと思われる・・・が、最強武器「縮退砲」を含め多くの強兵装が使用不可となっている。
本領発揮は難易度「難」の最終MAP。まず、グランゾンの状態で大量の困難な取り巻きと共に数と性能、双方の暴力で襲い掛かってくる。そしてグランゾンを撃墜すると復活変身。序盤に相対したときとは比べ物にならない性能で圧倒してくる。一応、シナリオラスボスということもあり武器の性能は「5桁越え」などという馬鹿気たことはなく、ラスボスらしいものに落ち着いている(が、正直何の慰めにもなっていない)。
基本的にグランゾンと武装の演出に差がない作品が多い中で、本作では全ての武装の演出がグランゾンと大きく変わっている。

OGシリーズ

「OG外伝」では「隠しボス」ではなく最終シナリオのラスボスとして返り咲いた。…のだが、前座である「ダークブレイン」よりも抑えられた性能に加え、「バリア貫通」が当たり前になってしまったせいで「歪曲フィールド」が無用の長物と化していることもあり、あろうことか「ラスボス(笑)」扱いされてしまっている体たらくぶりである……が、縛りプレイでやると結構えげつない。
また「EX-Hardモード」ではエースボーナスの「MAP兵器または射程1以外の武器からの被ダメージ-20%」が加わり、シュウが持っているガード技能(最終ダメージ-20%)と相まって、「歪曲フィールド」なしでも尋常ではない固さを発揮してくる。

OG2nd」では回想の場面においてマップアイコンで一度だけ姿を見せるが、データのみの存在で使うことも、戦うこともない。
一応、道中のイベントにて「いざとなれば自在に変化できる」旨の発言はある。後述の「ダークプリズン」からの時系列的矛盾点は一応ない段階の出来事である。

「EX」のシュウの章リメイクともいえる「ダークプリズン」では特定のステージで使用可能。
バランス調整でグランゾンから1~2割増し程度の性能上昇だがそれでも味方機としては破格であり、縮退砲はフル改造で10600というOGシリーズでは唯一単機での5桁攻撃力を達成している。
フル改造を施せば一対一でラスボスと互角に殴り合うことが可能であり、ラスボスの武装は最強武器以外はビーム属性で、更に最強武器は隣接している相手には撃てないため、フル改造ボーナス「ビーム吸収」により隣接してしまえば一切ダメージを受けないどころかHPを回復してくれるという、どちらラスボスなのかと言わんばかりの戦いが繰り広げられることになる(とはいえ「自軍が1機でも撃墜されれば即GAMEOVER」というダークプリズンの仕様上、ラスボス戦はフル改造を施したネオ・グランゾンでのタイマン以外の戦術は逆に難易度が上がってしまうのだが。また、ネオ・グランゾンの燃費の悪さもあって途中で「補給」を挟むなりしないとこちらも高火力の武装が使えなくなってしまう)。
勿論、コマンドを入力すれば「EX」と同様に全ステージをネオ・グランゾンで進めることもできる。初っ端、チート呼びされてしまうほか、ストーリー中の台詞や演出などにも若干の変更が入り、変化してもグランゾン扱いのままであったリメイク前の「EX」と違ってネオ・グランゾン扱いとなって物語が進行する。

続編の「OGMD」では、「魔装機神F」と同様にグランゾンに設定されたコマンド「マハーカーラ」を使用することでグランゾンから変化することで使用可能。「魔装機神」シリーズ外では初めて裏技未使用の状態で10話近くに渡って自軍で使用できる。かなりデチューンされている(縮退砲の攻撃力がフル改造を施してもOGDPの初期値にすら及ばない、等)が、自軍中最強火力を含め強ユニットであることに違いはない。
なお、本作の時系列は「魔装機神F」終了後であるため応現に必要なアストラルエネルギーの供給元であるヴォルクルスが消滅しているのだが、何の問題もなくネオ・グランゾンが使用できることに関しては一切言及されない。

スペック

分類アーマードモジュール・真武装機甲士
全高35.8m
本体重量65.2t
全備重量118t
装甲材質超抗力チタニウム
エンジンブラックホールエンジン対消滅エンジン(αシリーズ以降)
エネルギーブラックホール、アストラルエネルギー
推進機能ネオ・ドライブ
補助MMIカバラ・プログラム(αシリーズ以降)
所属ヴォルクルスシュウ・シラカワ
開発者シュウ・シラカワ
主なパイロットシュウ・シラカワ


武装

  • ネオグランビーム
  • グランワームソード
  • ワームスマッシャー
  • グラビトロンカノン

以上の武装は多少の名称の差やグラフィックに差異があることはあるが、基本的にはグランゾンと同じ。

  • ディストリオンブレイク
魔装機神IIに登場したグランゾンの新武装。ゲーム中ではネオにならなかったが、この形態でも使用可能と思われる。
が、最新作現在、バランス調整の一環か使用できたことはない。

胸部を解放してマイクロブラックホールを相手に放つ。グランゾンのものと同様。

  • ビッグバンウェーブ
本来はゾヴォーグの技術なのだが、何故か装備されている場合がある。MAP兵器

ネオ・グランゾンの最終兵器。
この縮退とは「フェルミ縮退」のことであり、恒星の終末時における超新星爆発に関連する現象。質量は大きいが直径は収縮していて極めて密度が高くなった恒星を「縮退星」と呼ぶ。縮退星の一つである「白色矮星」は質量が限界を超えると重力崩壊が始まり、核融合が暴走して膨大なエネルギーが発生する(炭素爆燃型超新星)。縮退砲のエネルギーが白色なのはこのため。

第3次(SFC)ではこの現象が上手くグラフィックで表現されており、OG外伝では第3次のグラフィックを更なる形で表現したと思われる。このような現象がロボットに直撃すれば「消滅」間違いなしである。その名に恥じず、第3次(PS版)、EX、第4次(第4次S)では攻撃力18000という途方もない威力を誇る(これは、第3次αのイデオンガン全体攻撃版の実数値よりもさらに高い)。以後のシリーズでもネオ・グランゾンを象徴する超兵器として名を馳せている。

BGM

  • Armageddon(ネオ・グランゾン):第3次~第4次(S)で設定されていたが、「第4次S」では肝心のネオ・グランゾンとの戦闘では流れず、シュウが仲間になった場合グランゾンに設定されている。元は第3次のラスボス曲だったが、EX~第4次Sでは曲名が「ネオ・グランゾン」になっていた。OGシリーズでは特別なシチュエーションでのマップ曲扱いになっている。


  • Rocks(Ver.OG):OGS最終戦ではHP50%以下になるとこのBGMが流れる。

  • ダークプリズン:魔装機神以降のシュウのテーマ。
    • ダークプリズン(Ver.OGDP):『OGDP』における専用BGM。魔装機神Fでもネオ・グランゾンになるとこの曲に切り替わる。OGDPにおいては優先度最高に設定されており、ラスボス曲より優先される。

関連イラスト

ダークプリズンクリア記念
↓↑←→LR



関連タグ

サイバスター 魔装機神
縮退砲 グランゾン
ラスボス まるでラスボスのようだ
どうあがいても絶望

マークニヒト蒼穹のファフナーEXODUSに登場する元ラスボスにして第二の主役機。凶悪な見た目や自重のなさ、時空系っぽい攻撃を使う点も同じ。
ジャクリアルトネリコシリーズにおける元ラスボスのヒロイン。自重を知らない全裸系ロリババァ
グレートゼオライマー:ある意味版権作品におけるネオ・グランゾン。

関連記事

親記事

グランゾン ぐらんぞん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ネオ・グランゾン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ネオ・グランゾン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112734

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました