ピクシブ百科事典

縮退砲

しゅくたいほう

『スーパーロボット大戦』シリーズのロボット「ネオ・グランゾン」の必殺兵器。
目次[非表示]

「あなた達の存在を、この宇宙から抹消してあげます…!!」

概要

縮退砲!



「攻撃とは、こうするものです」
ネオ・グランゾン最大最強の火力を誇る最終兵器であり、スパロボ史上最凶の攻撃の一角に君臨する恐るべき威力を持つ。
簡潔にいうと超新星爆発をぶちかます」というトンデモない武器で、SFC時代からPS時代までに登場した際には攻撃力18000という規格外過ぎる性能(ラスボスや自軍トップクラスの機体が持つ武器の攻撃力が6000前後。これでも一部のボスユニット以外は一撃で倒せてしまうくらいに強い)を持っていた。さらにMAP兵器版は射程範囲50というどうやっても逃げられない、これまたチート過ぎる性能でプレイヤーたちを恐怖のどん底へと突き落とし、いうまでもなくみんなのトラウマとなった。

EXでは裏技としてネオ・グランゾンが使用可能になり、当然この技も使用可能。この技が猛威を振るった…訳ではなかった。
攻撃力18000は変わらないのだが、当時の仕様ではダメージの最大値が9999だった為、HPが10000以上の敵はどうあがいても一撃で倒せなかった(一応、第4次では最大で65535まで上限が上がったが…)。
魔装機神ではネオ・グランゾンがルート次第で味方として使用可能になり、ダメージ上限も取っ払われたので今度こそ猛威を振るった…と思いきや
実質使えるのは2話であり、さらにラスボスにはこの武器ではなく、これより弱いブラックホールクラスターしか通用しない。ある程度ダメージを与えると縮退砲も効く様になるけど。

そして『OG外伝』では演出面が強化され、一発ぶちかましただけで地球終了のお知らせ……どころか太陽系が消滅するという奇天烈なものに…。本人は相手を宇宙「から」抹消すると宣言しているが、どう見ても宇宙もろともに抹消している。
しかし精神コマンド「不屈」を使えばたったのダメージ10で済んでしまう。不屈の意思があれば銀河を巻き込む大爆発でもなんともないぜ!
「不屈」抜きにしてもかつての威力は見る影もないほど弱体化しており、おかげでネオ・グランゾンがラスボス(笑)呼ばわりされてしまったのは言うまでも無い。
しかしながらシュウの能力もあって、直撃すれば一撃で吹き飛ぶほどの攻撃力はある。
当時とは違って設定のインフレが進んでおり、宇宙そのものに干渉できる機体も増えてきたので仕方がない。今となっては唯一の存在というより「ラ・ギアス7大超兵器」の一角にすぎないのである。

単独主役作「ダークプリズン」では、ヴォルクルスありきであったネオ・グランゾンへの変身を完全にシュウが掌握するというイベントが発生し、ネオ・グランゾンを後半の主人公機として運用できる。縮退砲の攻撃力もデフォで9000オーバーと往年ほどとは言わないが強化された。
演出もさらに凄まじいものになり、発射する前に相手を嵐の吹き荒れる謎の異空間に隔離し、満を持して空間ごと破壊するというシャレにならないものになった。
この設定により『OG外伝』の頃にはヴォルクルスに対する反撃準備を密かに整えていた時期であることが明らかになったので、このころの弱体化はシュウのささやかな反抗だったのだと解釈することもできなくはない。
続編の『ムーンデュエラーズ』においては他のユニットとのバランス調整のためか、再び大きく弱体化してしまった。それでも合体攻撃を除けば自軍最強の攻撃力ではあるが。

初代αでは素のグランゾンが「試作型縮退砲」なるものをぶっ放していたが、後の作品ではなかったことになった。この時点では設定が曖昧だったためか、単にどす黒い極太ビームとして表現されている。
後に、縮退砲の発射にはネオ・グランゾンの背中のリング(バリオン生成ハイロウ)が必要であると再設定されたため、縮退砲はネオ・グランゾン専用兵器となった。
代わりに設定された素グランゾンの技がディストリオンブレイクである。

余談

この縮退砲、原理としては上述の通り簡単に説明すると超新星爆発を喰らわせる技なのだが、その際限界寸前のチャンドラセカール状態(ギュウギュウに圧縮された星の重さの限界値のこと)のフェルミ縮退核(圧力が高まりすぎて変な動作を起こし始めた核のこと、要は空気でパンパンになって何もしていないのにミチミチ言い始めた風船と考えると良い)と化した星を起爆前の爆弾として産み出している

チャンドラセカール限界を超えてしまうと強まりすぎた重力によって星の核が自壊、重力の発生源がなくなったことで圧縮されていた熱が放出される。
この際高まりすぎたエネルギーで星の内部で起きている核融合が暴走し、爆発秒読みの超新星となる(逆に重力が高まりつづけ安定した場合はブラックホールとなる)
※この状態の星を作り出すには太陽の八倍のエネルギーが最低限必要となるがその程度ネオ・グランゾンには造作もない事である

こうなった超新星が爆発すると計り知れない爆発力と共にガンマ線等のありとあらゆる光線が辺りに撒き散らされることとなる。

爆心地の周囲半径5光年以内のあらゆる生命体は絶滅し、25光年以内の生命体の過半が完全に死滅し、50光年以内の生命体は壊滅的打撃を受けることとなる(1光年=およそ9.5兆km)

そして爆発の際に撒き散らされたガスはやがて集まり星雲となって、新たな星を芽吹かせるのである。




ちなみに地球から冥王星までの距離はおよそ0.0006光年なので、地球圏内で縮退砲が放たれた場合、当然のことながら太陽系は跡形もなく消滅することとなる。
助かる確率は万に一つか億に一つか兆か京か那由多の彼方か等と問答するまでもなく確実に0である

関連タグ

ネオ・グランゾン シュウ・シラカワ ロボット 必殺技
スーパーロボット大戦 スパロボ 魔装機神
ブラックホールクラスター 地球終了のお知らせ

同列の武器

メイオウ攻撃 フォロー・ザ・サン

関連記事

親記事

ネオ・グランゾン ねおぐらんぞん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「縮退砲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54016

コメント