ピクシブ百科事典

グランティード・ドラコデウス

ぐらんてぃーどどらこでうす

グランティード・ドラコデウスとは、「スーパーロボット大戦J」に登場するスーパーロボット。グランティードの後継機である。
目次[非表示]

機体データ

分類
  • 人型特機(スーパーロボット)
  • 玉座機(OGMD)
全長30.0m(J)/64.5m(OGMD)
重量45.0t(J)/316.7t(OGMD
MMIサイトロン・コントロール
動力オルゴン・エクストラクター
開発者フランツ・ツェッペリン(J)
パイロット
サブパイロット
製造
  • アシュアリー・クロイツェル社(J)
  • フューリー(OGMD)
メカニックデザイン大輪充


概要

スーパーロボット大戦J

アシュアリー・クロイツェル社のフランク・ツェッペリンが開発していたグランティードの強化ボディ。
なお、本来は「神竜バシレウス」とグランティードが合体する事で完成するスーパーロボットという設定があった。バシレウスにはパイロットは搭乗せず、分離時には自律行動が可能。

バシレウスはフューリーの創世神話に登場する神竜の姿を模しており、伝承に則り五つの竜の首を持つ(フューリーが有する皇帝機ズィー=ガディンも同じく四肢を頭に見立てた多頭竜のような形態へ変形する)。グランティード・ドラコデウスに合体した状態であっても胸部を含めた五つの首を武装として使用する事ができ、また合体によって出力が強化されている事もあって高い火力を誇る。

本編中ではバシレウスの設定はなく、ベルゼルートと同じ展開であった。そのため、必殺技を使用する際に分離して登場する支援メカがバシレウスである事を知る事は困難。設定が記載された資料で初めて知る事になるだろう。

スーパーロボット大戦OGシリーズ

グランティードと対になる神竜バシレウスが合体する事で誕生する、玉座機グランティードの真の姿。創世神フューレイムの意思を宿した宝玉が戦玉座に埋め込まれている。
太古の時代、エ=セルダ・シューンと先代皇帝がその力を振るい、太古の地球の南極(後のファブラ・フォレース)に存在したクロスゲートと、そこからまろび出たヴァウーラ(ルイーナ)を封印した。
更にフューレイムの意思が覚醒した状態で人々の想いを束ねる事によって、クロスゲートを完全に破壊する程の能力を発揮する。
また、バシレウスにもラースエイレムが搭載されており、これによってグランティードの失われた時間停滞能力を補う事が出来る。

なお、フューレイムの正体はかつてラ・ギアスに降臨した巨人族「カドゥム・ハーカーム」の同種である。しかし、ラ・ギアスに顕現した個体とは異なりフューレイムはフューリーの皇族及びシューン家の一族に力を貸しており、彼らの危機に際してグランティードを一時的な依代とする事で護る等の行動を取っている。その一方で、フューレイムは自身の依代たる機神体を持たない為、その力を長時間使用する事が出来ず、力を使い果たした場合は休眠状態に陥る欠点を持つ。

武装

ドラコ・ナックル

両腕の拳にオルゴナイトの刃を形成し撃ち出す。
所謂ロケットパンチ。

オルゴンドラコブラスター

頭部のリングからオルゴン・エネルギーを放出する。
バシレウスとの合体によって出力が上がっている為、その威力も格段に強化されている。

フィンガードラコバスター/フィンガー・ドラコ・クラッシャー

グランティードのフィンガークラッシャー(フィンガー・クリープ)の強化版。
グランティード時とは異なり連撃の後、アッパー気味の貫手を放つ。

オルゴンドラコスレイブ

オルゴンスレイブの強化版。バシレウスの顎から大出力のオルゴン・エネルギーを発射する。

オルゴナイト・バスター

バスカー・モードを起動し、敵に肉薄し、バシレウスの副頭「ドラコ・ヘッズ」を展開し、そこに備えられたドリルで敵を拘束し、その後ドラコ・ヘッズのブレスとオルゴンドラコスレイブによって敵を粉砕する連続攻撃。
グランティードの同名武装と同じくOGMDで追加された。

インフィニティキャリバー

尻尾の先端部に備えられたテンペストランサーと頭部の角が合体する事で完成する大型剣。その刃渡りは機体全長のおよそ三倍にも及ぶ。
搭乗するパートナーに応じて攻撃モーションが異なる。

関連項目

スーパーロボット大戦 スーパーロボット大戦J
グランティード

pixivに投稿された作品 pixivで「グランティード・ドラコデウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16723

コメント