ピクシブ百科事典

クロスゲート

くろすげーと

クロスゲートとは、TVゲーム『スーパーロボット大戦』シリーズなどに登場する専門用語である。
目次[非表示]

表記ゆれ

  1. 2001年~2007年までの間スクウェア・エニックスが運営をしていた、日本国産の多人数プレイ型ロールプレイングゲーム『CrossGate』。
  2. TVゲーム『スーパーロボット大戦』シリーズや『魔装機神』シリーズ、『無限のフロンティア』シリーズに共通して登場する用語。本項で解説する。


概要

異なる時空同士を繋ぐゲート。大抵の場合、巨大なリング状の構造物の形をとっており、リングの内側が異空間への出入口となっている。
いつ、誰が、何の目的で作り上げたのかは全く不明だが、とにかくこれを潜り抜けた先が「こことは異なるどこか」に通じているのは確かで、別の銀河や並行世界、場合によっては過去や未来へ繋がっている事もあり得る(ただし、潜り抜けた先から再び元の世界に戻れる保証は何もなく、また迂闊な時間移動は言うまでもなく多大な危険を伴う)。一方、時にはここから招かれざる異形の敵が出現してしまうような事態も。
その在り処も様々で、宇宙空間を浮遊しているケースもあれば、惑星の地上や地中深くに安置されていたり、空の上に浮かんでいるようなケースもある。

初出は1999年発売の『スーパーヒーロー作戦』。この当時はまだ明確な構造物としては描かれておらず、宇宙にあまた存在する時空の門、という扱いをされていた(そしてラスボスのユーゼス・ゴッツォは、これを利用した因果律操作装置「クロスゲート・パラダイム・システム」の完成を目論んでいた)。その後も『スーパーロボット大戦α』シリーズ等、様々なスパロボおよびその関連シリーズ作品に設定を追加されながら登場している
(なお現在のリング状の巨大構造物として描かれたのは『第3次スーパーロボット大戦α』が初。メタ的な話をすれば、地球や外宇宙・未来世界といったそれぞれ異なる世界を舞台にした参戦作品達を、大人の事情によりゲーム制作側が都合よく選ぶことを許されず、物語全体の流れを犠牲にしてでも版権側の希望するタイミングで参戦・活躍させなければならないというスパロボならではのジレンマを無理矢理解消させるための仕掛けとして導入されたという)。

現在は『スーパーロボット大戦OG』シリーズにおける、物語の行く末を左右する大きなカギの一つととして描かれている。
無限の力と可能性を秘める一方、ルイーナの襲来やフューリーガディソードの凋落、地底世界ラ・ギアスにおける「静死の棺」事件等、各方面に大きな災厄をもたらす危険な存在でもあり、あのシュウ・シラカワでさえ未だその全容を解明できず、ネオ・グランゾンを以てしても破壊できない厄介な代物となっている(……のだが最近、初めてこれを物理的に破壊し得る機体が現れた)。

関連タグ

スーパーロボット大戦 スーパーロボット大戦OG 
魔装機神 無限のフロンティア スーパーヒーロー作戦

pixivに投稿された作品 pixivで「クロスゲート」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9644

コメント