ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

初出は第3次スーパーロボット大戦α

形式番号はSR-01。

レイオスプランで開発されたSRXの後継機であり完成系である対無次元侵入路用超広域殲滅型パーソナルトルーパー

次元を超える「XNディメンション」と呼ばれる機能を備える。

正式名称は、試作機ではないので当初の名称は試作機を表す「X」を省いた『SRアルタード』だったが、『SRX』の名を残したいというリュウセイの希望から『SRXアルタード』に改名された。

SRXとは逆に「合体して戦う」ことが前提の機体であるが、機体強度の確保と開発を前倒しするため、分離機構は封印されている。

なお、『バンプレイオス』とはリュウセイによって与えられた愛称であるが、基本的にはこちらの名で呼ばれている。


なお『第3次α』でも変形合体分離が出来る予定であったが参戦機体の総数の兼ね合いで本来の変形合体分離機構を封印して、この姿で参戦する事となった。

そして、この姿は「第3次α版」の仮の姿であり、もし『OG』で出てくる際には本来の変形合体分離が出来る完全版で登場する予定であり、その際には姿が変わるようである。

ただし、現在は『OG』の新作の発売の予定などはないようで、それに伴いデザイン作業も中断している状況である。

現時点でR-1にあたる機体デザインとプラスパーツ(バンプレイオスの背面ウイング&スラスター)はほぼ固まっているがR-2R-3にあたる機体デザインはラフで止まっていて両機体のプラスパーツはまったく無い状態である。

各機体の名称は「AR-1(読みはアールワン)」「AR-2」「AR-3」である、これは現実の打ち合わせなどで従来のR-1達と区別する為に付けられた仮称ものがそのまま採用され、「Advanced R-1」と意味も付け加えられた。

またART-1はAR-1の試作機としてデザインされた。


スペック

形式番号:SR-01

分類:対無次元侵入路用超広域殲滅型パーソナルトルーパー

全長:75.3m

重量:431.8t

動力:トロニウム・エンジン兼核融合エンジン

装甲材質:ゾル・オリハルコニウム

補助MMI:T-LINKシステム

開発者:カーク・ハミルロバート・H・オオミヤ

所属:地球連邦軍極東支部

防御装備:念動フィールド


搭乗者

リュウセイ・ダテ【メインパイロット】(1号機(※仮称))

ライディース・F・ブランシュタイン【サブパイロット】(2号機(※仮称))

アヤ・コバヤシ【サブパイロット】(3号機(※仮称))

マイ・コバヤシ【サブパイロット】(3号機(※仮称))


武装

テレキネシス・ミサイルHP

SRXのテレキネシスミサイルの強化版。


ハイ・パームデトネイター

SRXのハイフィンガー・ランチャーに相当する武器。掌(パーム)から発射されるビーム弾。その為、正しい切り方は『ハイ・パーム・デトネイター』である。


ガウン・ジェノサイダー

SRXのものと同じ。元々はSRXの仮称であった「ガウンゼノン」の名残だがバンプレイオスでも変更されずに採用されている。


T-LINKブレードナックル

腕から念動フィールドの刃を形成し、殴りつけつつ突き刺す。


必殺技

アルタード・フルバースト

ハイ・パームデトネイター、テレキネシス・ミサイル、ガウン・ジェノサイダーの連続攻撃。


S・Z・O・ソード(天上天下念動無双剣)

正式名称スーパー・ゾル・オリハルコニウム・ソード。脚部ブレードを分離・展開して形成する大型剣で、2本の刀身が鋏のような形になっており、敵に突き刺した後に刃を開くこともできる。とどめを刺す時はリュウセイが「天上天下念動無双剣・流星斬り」と叫ぶ。


ハイパー・トロニウム・バスターキャノン(HTBキャノン)

R-GUNパワードとの合体攻撃。威力はSRXのそれを遥かに上回るが、バンプレイオスはSRXと比べて一回り大型のため、拡張パーツ「エクスガンナー」をR-GUNに装着する必要がある。ゲーム中の登録名は「天上天下一撃必殺砲・改」だが、リュウセイは「一撃必殺砲」だったり、正式名称の方で叫んだりと、意外と呼んでくれない。


商品化

2023年8月19日にSMP[Shokugan Modeling Project]名義で鋭意開発中であることが発表された。

実に『第3次スーパーロボット大戦α』発売から18年経っての初商品化である。

ちなみに「第3次α仕様」なので変形、合体、分離は無い、その代わりに頭頂高36cm(SRXは頭頂高32cm)可動にこだわっている豊富なオプションが付くことが発表されている。

また商品化を打診された寺田氏は「バンプレイオスは作業中なので変形、合体、分離は難しい、それらが無い第3次α仕様ならいいですよ」と話し「それでも出したい」となり販売されることになった。

この発表に際して、Xにて寺田氏が今まで公表されていない情報、設定、裏話などの数々がポストされた。



そして、2023年11月24日の生放送にてついに全貌が明らかになった

SRXの頭から叩き出された全高は衝撃の45cm、S・Z・Oソードは単体で47.5cmパーツ数はSMP最多クラスの900パーツオーバーと言う規格外づくし

さらに可動範囲ももちろん疎かにはしておらず、紹介写真では見事な三点着地を披露している。また足のブレードを外せば正座も可能らしい。正座の参考ポスト

さらにエクスガンナーも付属し、R-GUNパワード(以前発売された物or今回同時発売で「R-GUN」と「天下無敵のオプションセット」のR-GUN関連のパーツ一式がセットになり、彩色や造形等が一部調整される予定)と組み合わせることで天上天下一撃必殺砲も再現可能。

さらにハイ・パームデトネーターやT-LINKブレードナックルのエフェクトやバンプレイオスの顔型をしたスタンドも付属する。しかしながらテレキネシス・ミサイルHPは設定が決まりきっていない為に再現出来るはずもないのでオミットされている。またガウン・ジェノサイダーのエフェクトは以前発売された「SRX天下無敵のオプションパーツセット」に付属したものが利用可能だが残念ながら本商品および同時発売のR-GUNパワードには付属されていない。

これだけ盛り沢山な内容なためかお値段は税込39,930円+R-GUNパワードは税込7,920円、合計税込47,850円(税率10%)と言う鋼の戦士すら買うのを躊躇わせるお値段になった。ただし、彩色を抑えたり等をすれば1万5千円ほど安くはなるが複雑な色分けを塗装するのは多くのユーザーには厳しいと判断して現在の仕様になっている。また、仮に変形、合体、分離を完全再現出来るようにすると倍の値段以上になるらしい…

11月24日の13時から予約開始で発送は2024年4月なので購入を検討中の勇者はお金や場所とよく相談することをおすすめする


と、約4万円の高額の商品だが、まさかの完売で2次受注までいくという驚きの状態になった。こちらの2次受注分は5月発送となっている。また、1次受注で購入した者には完売御礼キャンペーンとして「2次予約でご使用いただける送料無料クーポン」が配布された…えっ、2個目を買えと?


関連項目

スーパーロボット大戦 第3次スーパーロボット大戦α

超機大戦SRX SRX

関連記事

親記事

SRX えすあーるえっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 151882

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました