ピクシブ百科事典

SRX

えすあーるえっくす

スーパーロボット大戦シリーズに登場するオリジナルメカ。
目次[非表示]

曖昧さ回避

スカーレッドライダーゼクス」の略称表記として用いられる事が多い。
検索する際は「スパロボ」や「ScaredRiderXechS」といった目的のタグを付け加えて検索するか、
マイナス検索を使うと良い。

概要

初出は新スーパーロボット大戦
1機もしくは分離状態での3機で戦局を変えうる兵器として開発された、究極汎用戦闘一撃必殺型PT。
R-1R-2R-3とプラスパーツが合体して完成する。
リュウセイが操縦と攻撃、ライがトロニウム・エンジンとR-1およびR-3パイロットのメディカルチェック、アヤがT-LINKシステムと念動フィールドによる合体状態の維持を担当。
既存の機動兵器とは比べ物にならない圧倒的な攻撃力を誇るが、トロニウム・エンジンの出力と装甲耐久力の問題から、1回の出撃で3分間(ゲーム中では3ターン)しか合体できないのが弱点(ただしOGシリーズでは改善された模様)。

頭部がバンプレストのロゴを模しており、ガウンジェノサイダーのSEがゲームのオープニングでバンプレストのロゴマークが表示されるときに流れるメロディーであるなど、正にスパロボシリーズの顔と呼ぶべき存在である。

名前は「Super Robot X-Type」の略。要するに「名無しのスーパーロボット」である。
SRXは将来に完成する究極のスーパーロボットの試作機としてつくられたものであり、そのまだ見ぬロボットを「X」と呼んでいたのだ。
その究極のスーパーロボット「X」は、後になってバンプレイオスとして完成することになる。

また、ヒュッケバインMk-Ⅲエグゼクスバインは「小型・高性能化されたSRX」というコンセプトで開発されており、SRXと多くの共通点が見られる。

形式番号SRX-00
所属地球連邦軍極東支部SRXチーム、ピースクラフト(SHO)、ガイアセイバーズ(SHO)
製造地球連邦軍極東支部
生産形態試作機
全高51.2 m
重量388.8 t
防御装備念動フィールド
パイロットリュウセイ・ダテライディース・F・ブランシュタインアヤ・コバヤシ

武装

テレキネシス・ミサイル
R-3パワードのものと同じ。R-3パワードのプラスパーツが変形した脚部から発射する。

ガウンジェノサイダー
ヘッドギアのバイザー部分に念動フィールドを集束させ、ビームとして撃ち出す。

ハイフィンガー・ランチャー
指先から発射するビーム。R-2パワードのハイゾルランチャーが変形したもの。

ザインナックル
拳に念動フィールドを集束させて放つ、SRX版T-LINKナックル。

ブレード・キック
足の甲についたブレードで切り裂くキック。

ドミニオン・ボール
トロニウム・エンジンのエネルギーを、念動フィールドで球体状に包んで打ち出す。敵をとらえる際にも使用可能で、別名「念動結界」。

Z・O・ソード
ゾル・オリハルコニウム製の剣。R-1のシールド先端が柄になっており、胸の中に格納されている。柄部分に装填されているゾル・オリハルコニウムを念動フィールドで固定して剣の形にしている。リュウセイは「天上天下無敵剣」と名付けており、斬りつける際に「天上天下無敵斬り」と叫ぶ。

必殺技

H・Z・O・ソード
正式名ハイ・ゾル・オリハルコニウムソード。
Z・O・ソードで斬りつけた際に、刀身を切り離し、念動力により相手の体内に残した刀身を膨張、破裂させ内部から破壊する。リュウセイは使用時に「天上天下念動爆砕剣」と叫ぶ。

HTBキャノン
正式名称はハイパー・トロニウム・バスターキャノン。R-GUNパワードとの合体攻撃。
メタルジェノサイダーモードに変形したR-GUNパワードを右手で持ち、SRX側のトロニウムエネルギーを加えて発射する、SRXの最強武器。
リュウセイは使用時に「天上天下一撃必殺砲」と叫ぶ。

関連イラスト

SRX



関連タグ

R-1 R-2 R-3 R-GUN
R-2パワード R-3パワード R-GUNパワード
バンプレイオス
ヒュッケバインMk-Ⅲ エグゼクスバイン
超機大戦SRX スーパーロボット大戦

pixivに投稿された作品 pixivで「SRX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 802643

コメント