2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1996年にプレイステーションで発売されたスーパーロボット大戦シリーズの1作である。
1997年にPSでフリーバトル、カラオケモード、設定資料集、おまけマップなどが収録された「新スーパーロボット大戦スペシャルディスク」が発売された。

過去作から登場作品が大幅に変更され、シリーズとしては珍しく戦闘画面のロボットがリアル頭身で表示されるなど野心的な試みの作品だったが黒歴史扱い気味。
ただし今作が初出となったSRXチームだけはスーパーロボット大戦αシリーズならびにスーパーロボット大戦OGシリーズで大活躍している。

シナリオはウィンキーソフトの社長でもある高宮成光氏が担当したのだが、効果音を文字で表示したりキャラクターの扱いに粗が多く、残念ながら評判がよろしくない出来栄えになってしまっている。特に話題になるのは、『機動武闘伝Gガンダム』の東方不敗が遠い星から来た異星人という設定。プロデューサーの寺田貴信氏は阻止しようと開発中に大喧嘩になったらしいのだが、力及ばなかったとのこと。

本作より敵・味方すべてのパイロットに音声が付くようになった。後の作品では原作の担当声優が引退・故人などの事情のため、後任をキャスティングする場合があるが、本作では原作での担当声優が現役であるにもかかわらず代役を立てているキャラがいる。この点もあまり評判がよくなかったのか、次作の『スーパーロボット大戦F』では、ほぼ全てのキャラクターにオリジナルキャストを起用する方針がとられた。

あらすじ

人類が宇宙へ進出してから1世紀経った時代。公国と名乗ったコロニーが起こした独立戦争を被切りに地球連邦政府と宇宙コロニーの戦争は幾度無く起こり、更に地球の国々やコロニー間の勢力争いなども多発し、宇宙戦国時代が始まった。しかし地球と月、そして各コロニー群のそれぞれが独立国家としてお互いに干渉しないようにするルナ条約が締結される。この条約は将来的に世界を統治する地球圏統一連合の樹立を狙ってのものであった。こうして世界は平和の道を歩み始めたかに見えたが地球連邦政府は弱体化した地球連邦軍地球防衛軍へと再編・増強し、更に宇宙コロニーでも独裁国家であるザンスカール帝国ネオ・ジオンが軍備を蓄え初め、世界は緊迫した状況へと陥る。
そんな中、謎の宇宙船がコロニーを破壊すると言う事件が発生する。それが新たなる戦い「スーパーロボット大戦」開戦の狼煙であった。

参戦作品

★マークはシリーズ初参戦作品。

☆マークは据え置き型ゲーム機初参戦作品。

マジンガーZ
機動戦士ガンダム逆襲のシャア
機動戦士Vガンダム
機動武闘伝Gガンダム
新機動戦記ガンダムW
真ゲッターロボ(原作漫画版)
勇者ライディーン
大空魔竜ガイキング
超電磁マシーンボルテスV
無敵ロボトライダーG7
超獣機神ダンクーガ
蒼き流星SPTレイズナー

その他

新スーパーロボット大戦2』という続編が制作される予定だったが、諸事情により中止された。

配信番組の生スパロボチャンネルではプロデューサーを務めた寺田貴信氏が、当時の思い出を語ったり、シナリオにつっこみながら実況プレイする企画が行われている。

関連タグ

スーパーロボット大戦 SRXチーム

関連記事

親記事

スーパーロボット大戦 すーぱーろぼっとたいせん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15680

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました