ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次[非表示]

概要

本来の役割を担当する者の代わりに、別の者が代理としてその役や役割を担当することである。
元々の役者が急逝・病気といったやむを得ない事情での降板から、犯罪や出奔など不祥事を起こした役者の穴埋めまで様々である。
時間がない中で役を仕上げなければならないため、代役はプレッシャーの大きい役目であるが、その分立派に勤め上げると評価も上がる。
代役を務めた者は前任者が復帰した場合、前任者に戻す場合もあれば、代役がそのまま続投することもある。

主な代役

本来の役者→代役(作品名)で記す。
理由が不明な案件や期間が空いた続編やリメイクによる総入れ替えは記載しない。

本来の演者が急逝・逝去

石塚が急病死したため。

市原が病死したため。
井上が病死したため。
大杉が急病死したため。なお『緊急取調室』や『警視庁ゼロ係』では演じた人物が退職したという形で代役を立てずに退場させている。
大塚が急死したため。
郷里が急死したため。上記の通り石塚も死去したため、『Tekken:Bloodline』では楠大典が代役を担当している。
貴家が急死したため。
島香が急病死したため。
志村が急病死したため。
滝下が急死したため。
田中が急病死したため。
壇が急死したため。
つかせが病死したため。
辻󠄀谷が急死したため。
鶴が急病死したため。
永井が急死したため。
仲西が急病死したため。
本多が病死したため。
納谷が病死したため。
藤田が病死したため。
藤田が既に逝去していたため、デジモンアドベンチャー:で演じていた三瓶が担当。
松来が病死したため。
水谷が急病死したため。
水谷が既に逝去していたため、デジモンアドベンチャー:で演じていた白石が担当。
三浦が急死したため。
梁田が急死したため。

本来の役者が病気・体調の事情

青野の病気療養のため。しばらくして青野が死去したためそのまま引き継ぎになった。

天海に心筋梗塞の症状が出たため。
初回のナレーションを最後に金尾に交代、次作のオリオンの刻印放送時に逝去。(この際に食道癌を患っていた事が明かされ、体調不良による降板と思われる)。
飯塚の体調不良のため。
石井の体調不良のため、復帰後Web配信番組『ヴァンガード10周年記念配信!』から再び役に付いた。
伊瀬の休養のため。
市原の体調不良のため。
井上の病気療養のため。復帰後井上が再び役についた。
今井のガンが悪化したため(間も無く今井は死去)。
梅原の病気療養のため。
大川の病気療養のため。
大谷の休養のため。復帰後再び大谷が役についた。
大山の認知症が悪化したため。その後、TARAKOがそのまま後任として就任。
加藤の急病のため。復帰前に終了するが、復帰後の映画で再び役についた。
川上の病気療養のため。しばらくして川上が死去したためそのまま引き継ぎになった。
清原に脳出血の症状が出たため。
くまいの病気療養のため。4作品とも復帰前に終了するが、『かいけつゾロリ』は復帰後のメディアミックス作品で再び役についた。
近藤の急病のため。復帰後『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』から再び役に付いた。
佐野が多発性骨髄腫による腎臓機能障害治療を理由に休業したため。
志賀の体調不良のため。
嶋村の病気療養のため。間も無く嶋村が死去したためそのまま引き継ぎになった。
杉本の体調不良のため。復帰後杉本が再び役についたが、杉本は2021年に死去。それぞれ当時の代役が引き継ぎになった。
鈴木の体調不良のため。
関が負傷したため。
高田と仕事での時間が長かった折笠愛によると療養中であることが明らかとなり、七緒も「当初は代役として入ったがそのまま継続になった」と明かしている。
高橋の病気のため。間も無く高橋が死去したためそのまま引き継ぎになった。
種田の病気療養のため。後に復帰するがこれらの役には復帰せずそのまま引き継ぎになった。
津久井のALSが悪化したため。その後、羽多野がそのまま後任として就任。
野沢がガンを患ったため(間も無く野沢は死去)。
萩原が急性穿孔性虫垂炎の治療のために休業したため。
早川の体調不良のため。
広瀬の病気療養のため。
深田が適応障害を患ったため。
藤岡の病気のため。間も無く藤岡が死去したためそのまま引き継ぎになった。宇津井の死去後については後述。
藤原の病気療養のため。『グランブルーファンタジー』は復帰後藤原が再び役についたが、『クレヨンしんちゃん』は復帰せず、2020年に藤原が死去。それぞれ当時の代役が引き継ぎになった。
細谷の病気療養のため。後に復帰するがこれらの役には復帰せずそのまま引き継ぎになった。
三石の病気療養のため。復帰後三石が再び役についた。
三宅がスキーで骨折したため。療養後三宅が再登板。
宮本の体調不良による一時療養のため。復帰後宮本が再び役についた。
八千草がガンを患ったため(間も無く八千草は死去)。
八奈見の病気療養のため。しばらくして八奈見が死去したためそのまま引き継ぎになった。
山田が脳を患ったため。収録の時点では山田が回復したら復帰する前提になっていたが、完成後公開直前に死去。次回作ハリマオの財宝を追え!!にて栗田が正式に継承。

本来の役者が産休

愛河の産休のため。復帰後愛河が再び役についた。

新井の妊娠出産のため。復帰後新井が再び役についた。
伊瀬の産休のため。復帰後伊瀬が再び役についた。
岡村の産休のため。復帰後岡村が再び役についた。
川田の産休のため。復帰後川田が再び役についた。
沢城の妊娠出産のため。育休復帰後沢城が再び役についた。
同時期に担当したゲゲゲの鬼太郎は代役を立てることなく復帰、イナズマイレブンは高橋に完全交代し降板
三瓶の産休のため。復帰後三瓶が再び役についた。
林原の産休のため。復帰後林原が再び役についた。
水樹の産休のため。復帰後水樹が再び役についた。
山口の産休のため。復帰後山口が再び役についた。

本来の役者が不祥事

青木が性犯罪で検挙され、降板させられたため。

新井が性犯罪で逮捕されたため。
池田が詐欺の疑いで逮捕されたため。
石川が日本酒をモチーフとするキャラを演じていながら日本酒を否定するような発言をラジオでして降板となったため。
いしだが大麻で逮捕されたため。
伊藤がひき逃げで逮捕されたため。
いまむらが公然わいせつで逮捕されたため。
小澤がDV発覚で降板させられたため。
香川が性加害疑惑を報じられたことで降板したため。
茅野が靖国神社参拝で炎上したため。いずれも中国企業のゲームである。
ケヴィン・スペイシーがセクハラ疑惑により降板となったため。
小出が未成年女性との不祥事を起こし無期限謹慎となったため。
斉藤が不倫スキャンダルにより自ら辞退したため。
櫻井が女性関係による問題勃発が原因で降板になったため。
沢尻が違法薬物所持で逮捕されたため。
鈴木が不倫問題により降板となったため。
高畑が性犯罪事件で逮捕されたため。
高部がコカイン所持で検挙されたため。
田村が闇営業問題により謹慎処分となったため。
徳井が所得隠しにより活動自粛となったため。
永山が大麻所持で逮捕されたため。
成宮が薬物疑惑で電撃引退したため。
羽賀が未公開株詐欺恐喝事件で逮捕され実刑判決を喰らったため。
ピエール瀧がコカイン使用で逮捕、急遽降板となったため。
ボビーが妻への暴行で逮捕されたため。
宮迫が闇営業問題により降板となったため。
山口がセクハラ不祥事で芸能界を急遽引退したため。
猿之助が一家心中事件を起こして搬送されたため。(のちに逮捕)

本来の役者が引退、降板

阿久津が声優を引退したため

高齢を理由に勇退、和風総本家は2018年3月22日まで続けたのち卒業し同年に老衰で逝去
岡田が声優を引退したため
神谷と制作側とのトラブルで降板したため。ただし声優としての活動は続けている。
山田が声優を引退したため。
小林が高齢を理由に勇退したため。
チャールズが引退したため。
堀北が結婚を理由に引退したため。
増岡が高齢を理由に引退、『有吉くんの正直さんぽ』のナレーションは続けていたが2020月3月21日に直腸がんで逝去。
村川が脚本を巡って降板したため。ただし声優としての活動は続けている。
矢島が自主降板したため。ただし声優としての活動は続けている。
体調不良と表向きにはなっているが詳しい理由は当事者からは語られていない。ただし役者としての活動は続けている。後年、他の出演者であるベテラン女優が脚本をめぐって制作側と対立、その影響を安田が受けたことや視聴率が当時としては振るわず現場の雰囲気が悪かったと第三者から語られている。ただ、このことがあった当時、ワイドショー番組で、あるコメンテーターが公開していなかった安田の家系を明言し、作中の歴史描写と考えが違うから降りたのではなどと発言したためコメンテーターは番組を降板、このことから歴史観が理由だと信憑性をもたせる結果となっている。
降板理由は公表されていないが、2020年に下肢骨折の治療による復帰後に、あからさまに声が出なくなっていたのが視聴者に指摘されており老齢による降板だろうという推測が強い、なおちびまる子ちゃんの方は継続している。

代役が立たなかった例(代役未定含む)

実写作品では引退や体調不良、死去が理由のときはその人物が社会人だったりすると人事異動など仕事の関係で未登場になったりする。死去した場合は、作中でも死去していることにすることがある。

声優を起用する媒体では声の似た人を起用することはできるが実写ではそういうわけにもいかないことや現代日本の実写作品で長期にわたって作品展開することは限られ、毎週テレビ放送して終了未定の作品はない。アニメのように本編終了後にゲームやCMでキャラが登場するわけではないという点もある。

また、主演が死去したことでもう新作が作られないこともあるのがアニメなどと違う点である。古畑任三郎は主演の田村正和が2021年に死去した後、脚本の三谷幸喜は古畑の新作ドラマはもうやらないことを明言した。2017年に渡瀬恒彦が死去したときは主演作『タクシードライバーの推理日誌』の新作の脚本ができあがっていたが撮影は行われず以後、続編は放送されていない。この他にも主演の死去で終了したとみられる2時間ドラマは複数存在する。

渡る世間は鬼ばかりの岡倉大吉を演じた藤岡琢也が2006年に死去したときはドラマがレギュラー放送だったこともあってか後任に宇津井健を起用したがその宇津井がレギュラー放送終了後の2014年に死去したときは今後、後任は使わないと制作側が明言、翌2015年に作中でも亡くなった設定でスペシャルドラマが放送され、大吉の相続のことがテーマの話となった。

必殺仕事人中村主水を演じた藤田まことが2010年に死去、同年に放送されたSPドラマでは主水は西方に赴任したことになっている。2018年のSPドラマでは過去映像からライブラリ出演した。

日本国外ではケヴィン・スペイシーがセクハラ騒動により主演の『ハウス・オブ・カード 野望の階段』を降板させられ、作中で死亡した設定にされ主演も交代した。

アニメではクレヨンしんちゃんぶりぶりざえもんは演じていた塩沢兼人が2000年に死去後、長らく原作側や制作側の意向で代役は置かず、ライブラリ主演やサンプリングも行わず、登場しても声を出そうとすると消滅する存在として扱われもした。2016年になって方針転換により神谷浩史が2代目として起用された。

担当していた綿谷始役を過去の音源と映像出演のみで対応したため。
担当していたジョセフ・ジョースター役を過去の音源のみで対応したため。
第3シリーズ放送前に急死したため担当していた野々村人事課長役が海外赴任設定となり、別の登場人物が野々村人事課長のポジションに入ったため。
病気療養で休業していた期間に担当していた若島津健が話に登場しなかったため。
病気療養していたためNintendo Switch版には富竹ジロウは声なしで発売、それから約2週間後に音声実装のパッチが配信された。
2006年に休養するもピカチュウ役は代役を立てず事前収録と過去の音声のサンプリングで対応(兼役のマネネ半場友恵が代役)
2012年5月に発声時頸部ジストニアと痙攣性発声障害と診断され芸能活動を休止、担当していたハルカは台詞なしで姿しか登場していない。(あくまで声なし状態はテレビアニメのみでありリメイク版PVやポケモンマスターズなどはハルカに留まらず別の声優が声を担当)
産休期間に担当していた源静香が話に登場しなかったり姿が描かれているシーンが有っても台詞を言わせないなどの対処をした。
担当していた松本清長は2014年1月17日に加藤が逝去した後は台詞なしか過去の音源のみで対応したため。加藤の逝去によるものかは不明だが原作漫画では2015年3月に少年サンデーに掲載された話で本人は姿を見せないまま松本は人事移動となったことが語られ、それ以後は登場していない。
担当していたドンドチャッカ・ビルスタン役を過去の音源のみで対応したため。
2011年3月6日に徳丸が逝去した後に役を担当していた高木順一朗が会長になり全国を飛び回っている設定となったため。社長は従兄弟の高木順二朗(CV.大塚芳忠)が引き継いだ設定となった。
虫垂炎を患い入院するが、担当していたマァム役が話の都合上離脱して登場する回が無かったうえ番組自体が打ち切り終了したため。
2014年1月27日に永井が逝去した後に担当していたマスターヨダが登場していないため。(存命中でも2013年2月15日放送の「タレが命だゾ」が最後の出演である。)
ショムニ2013の第1話はショムニ旧メンバーのキャストが登場したのだが宝生は芸能界を引退していたため、海外に移住し続けている設定で日本にいないことになった。
2004年に出産したときは遠山和葉に代役は置かれず、出演回の放送日がずらされたとみられる。ただ、その話は同年の12月20日に放送されたが、内容が夏の甲子園を舞台にしていたため完全に季節外れな時期にOAとなった。
第3シリーズ終了後に次シリーズの出演拒否を続け降板したことにより、山岡が演じていた役の岡倉節子が海外旅行で急死設定となったため。(降板発表の翌年に胆管癌で逝去、胆管癌を患っていた事以外にもプロデューサーの石井ふく子への不信も理由の1つであった。)

その他

金元が海外留学のために休業したため。

作品自体が2年間の放送予定であったが人気により延長となったのだが、小山は渡米の予定があったために担当していたコロ助を降板、2002年にNHKで放送した単発ドラマで再び演じたが2013年に行われたTVCM『キリン にっぽん米茶』は浅野まゆみ、2015年に藤子・F・不二雄ミュージアムで公開された限定アニメは杉山が再び担当。
本来は鈴木宗男のそっくりさんという役で坂田利夫が出る予定だったが、坂田が多忙だったためその代役として鈴木宗男本人が出演することになった。
武田の事務所と折り合いがつかなかったため。
新田が舞台の仕事をするようになり多忙になったため。
濱松は後にインタビューやブログで他女性キャストとのトラブルと主張しているが、他の共演者はこれを否定している。

関連タグ

俳優 声優交代

関連記事

親記事

代理 だいり

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 214347

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました