ピクシブ百科事典

マネネ

まねね

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.439
英語名Mime Jr.
ぶんるいマイムポケモン
タイプエスパー/フェアリー(第六世代より)
たかさ0.6m
おもさ13.0kg
とくせいぼうおん / フィルター / テクニシャン(夢特性)


進化

マネネバリヤードものまねを覚えてレベル上げ)

鼻拭き



ソード・シールド』の場合
マネネガラルバリヤードものまねを覚えてレベル上げ)→バリコオル(Lv.42)

概要

バリヤードの進化前のポケモン。所謂ベイビィポケモンの一種。
映画ミュウと波導の勇者 ルカリオにて、第4世代の新規ポケモンとしてルカリオウソハチマニューラとともに先行登場した。ちなみに、このときはまだ進化後が判明していなかった。

初登場の『ダイヤモンド・パール』では野生として出現。ダイヤモンド限定と思われがちだが、パール及びプラチナでも自慢話を聞けば「じまんのうらにわ」で出現する。
タマゴから孵す場合は、親のバリヤードに「あやしいおこう」を持たせる必要がある。
「ふれあいひろば」で連れ歩きすることができるポケモンの1匹。

その名の通り、出会った相手の動きや表情をモノマネする習性を持つ。
そっくりに真似することで相手を戸惑わせ、その隙に逃げる。しかし、相手が驚くと嬉しくなってついつい真似していることを忘れてしまったりと、芸の腕はまだまだ発展途上のようだ。
進化先がパントマイムの達人であることを鑑みるに、モノマネをすることでパントマイムの基礎を習得しているのかもしれない。実際にゲーム内でも「ものまね」を覚えることでバリヤードに進化できるようになるのは、モノマネの技術が充分に習熟したとも考えられる。

ソード・シールド』では進化先のバリヤードにリージョンフォームが追加された。マネネ自体にはガラルのすがたは追加されなかったので、ガラル地方のマネネは全てガラルバリヤードに進化するようになっている。
そのためかガラルのマネネは最終進化のバリコオルに弟子のように付き従い、その動きをひたすら真似てステップの練習をするという。
ちなみにバリコオルの腹部の模様はどことなくマネネの顔立ちに似ている。


アニメでの活躍

コジロウのマネネ

溺愛っ


CV: 大谷育江

AG編から登場。性別は♀。(AG165話で別個体のマネネ♀の代役、DP33話でコジロウに「ジュリエット」と呼ばれた事から)
元はコジロウの別荘を管理する老夫婦の所に住んでいたポケモン。チリーンが療養のため別荘に預けられる際に、コジロウが寂しくないようにと、彼の落とした空のモンスターボールに自らゲットされに行くことで手持ちに加わった。

コジロウが溺愛しているため、基本的にチリーン同様名乗り口上の際に出てくるだけで、バトルにはほとんど参加しない。だが「ものまね」で相手と同じ技を出して技を迎撃したり、「フラフラダンス」で相手を混乱させたりと、割りとバトルのセンスはある。
「フラフラダンス」を使用した際には、ニャースのキャラソンである「ポルカ・オ・ドルカ」のインストゥルメンタル版が流れた事もあった。

DP編までコジロウの手持ちとして活躍したが、他のメンバー同様『BW』シリーズで離脱することとなった。

因みに現在は新無印にてサトシはバリヤードを所持する事になりこちらは仮に進化した場合差別化としてリージョンフォームになるのではないかとする推測もある。

関連イラスト

マネキチ
マネネ13匹^q^


マジシャン



関連タグ

ポケモン一覧 バリヤード ガラルバリヤード バリコオル
コジロウ(アニポケ)
マーマネ - 名前が似る。

関連記事

親記事

エスパータイプ えすぱーたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マネネ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「マネネ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 380361

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました