2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

キルリア

きるりあ

キルリアとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.281
英語名Kirlia
ぶんるいかんじょうポケモン
タイプエスパー/フェアリー: (第6世代より)
たかさ0.8m
おもさ20.2kg
とくせいシンクロ / トレース/ テレパシー隠れ特性


※シンクロ:自分が「どく」「まひ」「やけど」状態になったとき、相手も同じ状態になる。(バトル時)
手持ちの先頭にいるとき、同じ性格の野生のポケモンと出会いやすくなる。(フィールド時)
※トレース:対戦相手と同じ特性になる。ただし、一部の特性(「トレース」や「バトルスイッチ」など)はトレースできない。
※テレパシー:味方の技のダメージを受けない。

進化

ラルトスキルリア(Lv.20) → サーナイト(Lv.30) → メガサーナイト(メガシンカ、サーナイトナイト)/エルレイド(「めざめいし」を使う・♂限定) → メガエルレイド(メガシンカ、エルレイドナイト)

ラルトス系統
メガ進化





概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア』(第3世代)に初登場したポケモン。
語源は「キルリアン写真(生体のオーラを映し出すとされる高電圧による写真のこと)」と言われる。

能力値の低いラルトスから進化するが、キルリアの時点でもまだ伸び悩みの時期らしく、1進化ポケモンだが他のたねポケモンと同じくらいの強さである
しかし、サーナイトまたはエルレイドに進化させれば秘めたるポテンシャルが開花し、一線級の実力を持つポケモンとなる。
まさに大器晩成型のポケモンである。

人間の少女のようなデザインだが、♂♀共に存在する。が、デザインゆえ♀として描かれることが多く、『LEGENDSアルセウス』でも『乙女の如き姿』と称されている。
脚が非常に細く、またスカートを模したようなものがあり、髪型はツインテールのようになっており、バレリーナのようにも見える。頭に生えている赤いツノは、感情を読み取ったり、サイコパワーの源泉だと言われているが、感情ゆえかハートマークに見える。この部分はヒスイ地方時代は「かんざし」と考えられていた模様。
ちなみに身長80センチは人間でいえば幼稚園児以下のサイズ。大体1~2歳児位の大きさ。

その容姿ゆえ人気は高く、原型擬人化を問わず絵が多数存在する。
宣言をしている人も多い。
アニメスタッフの間でも人気なのか、アニメ・映画ではラルトスやサーナイトよりも多く出演している。
また、バトレボではラルトス、サーナイトのモーションが概ね似ているのに対しキルリアは全く違う動きをする。
くるくると踊るように回り、戦闘不能の時もバレリーナの股割りのようなポーズで倒れる。
『ポケモンレンジャー』でも『ポケモン不思議のダンジョン』でもくるくる回る。立ち止まっても回るし歩く時も回る。
そしてXY以降では、待機ポーズやボールからの登場ポーズ、技のモーションがバレリーナっぽくなっている。
Wiiポケパークにおいては、ラルトス、サーナイト、エルレイドを差し置いて、ラルトス系統で唯一登場を果たしている。

ツノによって感情を感じ取ることができ、楽しい感情や嬉しい感情を感知するとついつい踊ってしまうという踊り好きな性格。ラルトス同様にプラスの感情を好んでいる模様。
しかし、「つるぎのまい」「りゅうのまい」「フラフラダンス」「ちょうのまい」などの踊る類の技は一切覚えない。ついでに特性「おどりこ」も持っていない
もっとも「ちょうのまい」など覚えてしまった日にはサーナイトが手が付けられなくなるくらい強くなってしまうのだが(余談だが進化形のエルレイドは「つるぎのまい」を覚えられる)。
一応『ポケモン剣盾』にて踊りに近いフィギュアスケート由来のトリプルアクセルを新たに習得した。

第6世代』からはフェアリータイプが追加され、ドラゴンタイプの技を受け付けなくなった。

ひ弱なスペックゆえ、対人戦でまともに戦える性能ではない。
しんかのきせき」を持たせてやっと普通の進化途中ポケモンの耐久に追いつくかどうかという状態だし。
敢えて仕事させるとすれば「トリックルーム」を使って「おきみやげ」等で自主退場するくらいか。

小さい体でありながら超能力が格段に上がっており、空間を捻じ曲げる事で特殊空間を作り出したり、『みらいよち』が可能だという。その光景は『LEGENDSアルセウス』の図鑑説明には『楽園なる景色を 映し出したり』とある。

アローラ地方には類友がいる。

使用トレーナー

アニメ版


漫画版
※4章作中、ラルトス時にルビーとはぐれてミツルが保護して一時的に手持ちとなり、返却時にはキルリアであった。

番外作品

ポケモンGO

2017年12月9日、第3世代本格解禁と共に実装された。
進化前の出現率が低いので、当然こいつも手に入れるのが難しい。次の進化までにアメが100個も必要なので、根気よく集めよう。
なお、第4世代組が実装されて暫くたった2019年2月1日、別の進化先が♂にのみ追加された。
その為♂の個体はどちらに進化させるか悩みどころだろう。

レイドボス

何と2018年7月20日から不定期でレイドボスに抜擢されている。
ランクは★★だが、能力は原作同様かなり低いので1人でもあっさりクリアできるものと思われる。
基本的にはがねタイプに何もできないので、いるだけで安定したクリアが望める。
だが問題は少々捕獲率が低いこと。きんのズリのみなしでは厳しいだろう。

アニメ版

AG109話

マサトが助けたラルトスの姉と思われる個体が登場。


  • AG146話
    • 元は鉱山の町で採掘を手伝っていたエスパーポケモンの1匹で踊るのが得意。しかし鉱山が廃坑になりトレーナーに置いて行かれてしまい、寂しさを紛らわす為他のエスパーポケモン達と一緒に音楽を鳴らして毎日踊り明かしていた。
    • ロケット団のソーナンスがキルリアを見て一目惚れした事で、ムサシ達を裏切ってまでオリに体当たりしてオリを壊して助ける。ロケット団の味方についていたゴーストポケモン達の「シャドーボール」を「リフレクター」ではじき返してロケット団のメカを粉砕した際にソーナンスも一緒に吹っ飛ばされた為ソーナンスの恋ははかなく終わった。

  • バトラーのキルリア
    • 劇場版『七夜の願い星』で登場したマジックショーのアシスタント。ハウンスのアブソルに対してはさいみんじゅつで対抗して眠らせた。

  • マリアのキルリア
    • DP20話で花を育てているマリアのポケモンで登場。ポケモンハンターJに連れ去られたサーナイトやサトシのピカチュウを取り返すため、Jが次に立ち寄る場所をサイコパワーで知らせた。

  • ノゾミのキルリア
    • DP155話で登場。リーフィアとコンビを組み、ヒカリの「フレイムアイス」の特訓に協力する。シンオウグランドフェスティバル時ではエルレイドに進化して登場。

その他
BW143話
XY2話・60話・92話・105話
SM113話(回想)・141話
新無印4話
劇場版ディアルガVSパルキアVSダークライ神速のゲノセクト_ミュウツー覚醒ボルケニオンと機巧のマギアナココ


漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

ルビーのRURU

ルビーが幼い頃センリから3匹譲り受けた中の1匹である幼なじみポケモン。
ホウエンのコンテストでの「かしこさ」部門担当の予定だったが、ミツルにポケモンを捕まえさせるために彼に貸していた時に地震でルビーとはぐれてしまう。それによって一時的にミツルの手持ちへ加わる事になり、ルビーの手持ちとして活躍するのは第6章以降でかしこさ担当はPOPO(ポワルン)となる。空の柱にてセンリとの特訓の末にキルリアに進化(勝手に進化させた事にミツルは責任を感じていたが、センリから諭されている)、4章事件終結後にミツルから返された。
第6章ではバトルドームのエメラルド戦で相性の悪いサマヨールと相討ちになる程強くなっている。第13章ではサファイアに預けており、きるる(キルリア♂)とのトレーニングでサーナイトに進化した。

サファイアのきるる

第13章に登場したサファイアの新しい手持ち。RURUと比べると若干目つきが鋭いのが特徴。
サファイアはサーナイトに進化させるつもりだったが、進化する直前にサファイアが蹴った「めざめいし」に触れた事でエルレイドに進化(その際、トレーナーの性別と真逆ながら性質は一致しているとエメラルドにからかわれた)。



関連イラスト

きるっ☆
キルリア



関連タグ

ポケモン一覧 エスパータイプ フェアリータイプ

280ラルトス281キルリア→282サーナイト

ロリ ワンピース バレリーナ
アママイコ…類友。

関連記事

親記事

ラルトス らるとす

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35740948

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました