ピクシブ百科事典

バクオング

ばくおんぐ

バクオングとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.295
英語名Exploud
ぶんるいそうおんポケモン
タイプノーマル
たかさ1.5m
おもさ84.0kg
とくせいぼうおん/きもったま隠れ特性


進化

ゴニョニョドゴーム(Lv.20)→バクオング(Lv.40)

293294295



概要

初登場は『ポケットモンスター ルビー・サファイア(第3世代)』。
美しすぎると怖くなるドゴームの進化形。
ドゴームに進化したとき、最終進化形はどうなるかと心配した人もいただろう。
しかし、ドゴーム自体は若さによく似た真昼の蜃気楼だった。
名前に似合わず、娘十八紅を差したり腕にヒラヒラした物をつけて手を広げたりはしない。女は海

ドゴーム時代の大きな口はそのままに、バイクの機関部の様なパイプ状の器官が全身に発達し、怪獣チックな姿へと成長を遂げた。
パイプ状の器官は吸気に使われ、めいっぱい息を吸い込んだ遠吠えは、大地を揺るがし10km先まで響き渡るという。
その凶悪な見た目に違わず、第3世代当時は進化するなりいきなり「はかいこうせん」を覚えていた。
臆病なゴニョニョからは想像もつかない破壊の権化のようになってしまったが、戦わないときは全身から笛の様な音色を奏でて仲間と気持ちを伝えあうなど、愛らしい一面もある。

HPが高く、物理特殊どちらでも戦える攻撃力と、ノーマルタイプらしい豊富なわざが持ち味。
「ぼうおん」のおかげで厄介な「ほえる」や「ほろびのうた」も防げる。
一致技の使い勝手がイマイチで長らく器用貧乏に収まっていたが、第6世代にてデメリットなしで威力140が出せる特殊ノーマル技「ばくおんぱ」を習得。
特殊アタッカーとして名高いポリゴンZ適応力トライアタック」やウルガモスの「だいもんじ」と同等の火力を出せるようになり、しかも「みがわり」を貫通し無効タイプも隠れ特性「きもったま」で打ち消せるため、活躍の場を拡げた。
特に「きもったま」+「ばくおんぱ」+「きあいだま」で、ヌケニンと「ぼうおん」バリヤード以外の全ポケモンに等倍以上で攻撃できる
この2匹の対策として「シャドーボール」「かえんほうしゃ」などを揃えれば完璧である。

関連イラスト

ハイパーボイス
バクオング



主な使用トレーナー

ゲーム


アニポケ

  • リュウジとハジメの父親(『XY』44話)


使用技:ハイパーボイスかみつく(かみくだく?)、かわらわり(グロウパンチ?)、ふみつけ

関連タグ

ポケモン ポケモン一覧
ゴニョニョ ドゴーム
ペラップ オオスバメ ドデカバシ……タイプ一致「ばくおんぱ」仲間

pixivに投稿された作品 pixivで「バクオング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 151925

コメント