ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ぼうおん

ぼうおん

ぼうおんとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一つである。
目次 [非表示]

データ

初出第3世代
効果音を使った技を受けない。
英語名Soundproof

概要

に関連する技を受けなくなる特性

ハイパーボイス」や「ばくおんぱ」や「うたかたのアリア」といった攻撃技、「うたう」や「すてゼリフ」や「ほろびのうた」といった変化技を無効化できる。

「強制交代技では『ほえる』よりも『ふきとばし』の方が強い」と言われていた(第8世代まで)のは「ほえる」がこの特性のせいで無効化されるためだった。



音技は第6世代から「みがわり」を貫通するようになったり、スキン系特性との相性が良い「ハイパーボイス」の使用率が急騰していたりと幅を利かせ始めているため、その対策としてこの特性の需要も高まっている。

なお、「ほえる」「いやしのすず」「ほろびのうた」は第5世代以前から既にみがわりを貫通していた。

ただし所有者はこれよりも便利な特性を備えていたり戦力として物足りなかったりする為、ピンポイントでの対策になりがちなのはやや痛手。


また、第7世代ではスキン系の火力が1.3倍から1.2倍に落とされ「ハイパーボイス」の使用率も落ちた(エレキスキンが新たに追加されたが所持者はハイパーボイスを覚えない)。

自身が音技使いでもあるジャラランガが同族対策に利用するのが主と言えた。


第9世代から「ふきとばし」が風技に分類され、新特性「かぜのり」はこれを無効化した上で攻撃を上げてくる(同時期に追加された「ふうりょくでんき」には通常通り効く)。

どちらも特性で止まるようになったことで「ほえる」にも積極的に選ぶ理由が生まれ、「ぼうおん」もまた同様に意識されるようになった。



味方が使う「さわぐ」(第4世代以前)、「いやしのすず」(第5世代以外)や「とおぼえ」(第8世代以降)まで無効にしてしまう点には注意。

第7世代までは「ぼうおん」持ちが自身も対象とする音技まで防がれるという効果で、特に「ほろびのうた」で変化の影響が大きい。なお「とおぼえ」は第7世代まで音技ではなかったため、自身に使う分には変わらず使える。

音技そのものも含め、何かと仕様変更の影響を受けやすい特性である。


所有ポケモン

太字は隠れ特性


関連タグ

ポケットモンスター/ポケモン 特性

ぼうだん ぼうじん……似た名前の特性。いずれも特定の技を防ぐ効果を持つ

関連記事

親記事

特性 とくせい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3207

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました