ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第4世代
効果連続技を必ず最高回数まで当てる。
英語名Skill Link

概要

第四世代から存在するポケモンの特性
つららばりスイープビンタなどの複数回攻撃技を最高回数(上記の技の場合は5回)まで当てることができるという効果を持つ。
元々はパルシェン系列の専用特性だったが、当時は適用範囲の連続技がノーマル技の「とげキャノン」や威力がたったの10(×5回)しかない「つららばり」くらいで、素直に「れいとうビーム」を撃った方が強いという有様で大外れの特性だった。
一方ポケダンでは「とげキャノン」の攻撃範囲が直線上10マスだったのもあり、長距離から確定5発攻撃が飛んでくるという本家と違って悪魔のような性能を持った特性であった。
HGSSではシェルダーのタマゴ技に「ロックブラスト」が追加されたが、肝心の主力技の威力不足問題は全く解決しておらず、「ロックブラスト」の80という不安定な命中率もあって大して状況が変わるわけでもなかった。

しかし、第5世代で「つららばり」の威力が10から25に強化され、連続技にきあいのタスキ」貫通の効果が追加されたことで一気に需要が増す。
加えて「ロックブラスト」も命中率が90に上昇し、サブ技としての地位を完全に確保した。
これによって、「つららばり」「ロックブラスト」共に常時威力125(25×5)の技を放っている計算になり、加えてからをやぶるまで覚える為一躍要注意ポケモンとして名を馳せるようになった。
また、新たにチラチーノ(夢特性)という新たな「スキルリンク」+連続技使いも追加された。
チラチーノは新たに登場した「スイープビンタ」(威力25)、そして「ロックブラスト」「タネマシンガン」(「つららばり」同様威力が25に強化)と3種も扱える。
火力を上げる積み技がない分元の「すばやさ」が高い為半減されない限り強烈な攻撃力を誇る。
一方、エテボース系列も隠れ特性に「スキルリンク」を獲得したが、適用技がおうふくビンタみだれひっかきぐらいしかなく、かつてのパルシェンのような外れ扱いを受けている。

第6世代では新たに登場したメガシンカポケモン、メガヘラクロスがこの特性を獲得した。
さらに同時に「つっぱり」「ミサイルばり」「ロックブラスト」「タネマシンガン」と有用な連続技を新たに4種も獲得。
伝説以外で最高の「こうげき」種族値185を引っ提げ連続技の超火力で相手を圧倒することができる。

第7世代でも序盤鳥ドデカバシがこの特性を引っ提げ、「タネマシンガン」「ロックブラスト」をぶっ放している。
最近の序盤鳥は強い。
また、USUMエテボースがタマゴ技で「スイープビンタ」を習得したので、形によっては十分候補にはいるレベルになった。

所有ポケモン

通常特性

隠れ特性

メガシンカポケモン


関連タグ

ポケモン とくせい
連続攻撃 
他2〜5連続技(ノーマル)
おうふくビンタ たまなげ とげキャノン みだれづき みだれひっかき れんぞくパンチ スイープビンタ
他2〜5連続技(非ノーマル)
ミサイルばり ボーンラッシュ タネマシンガン つっぱり つららばり ロックブラスト みずしゅりけん

関連記事

親記事

特性 とくせい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スキルリンク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8854

コメント