ピクシブ百科事典

ちからずく

ちからずく

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場する特性。
目次[非表示]

データ

初出第5世代
効果追加効果のある技の追加効果がなくなる代わりに威力が1.3倍になる。
英語名Sheer Force


概要

第5世代から存在する特性。ポケモンBW発売前にヒヒダルマと共に公開された。
技の追加効果を失う代わりに威力を1.3倍にするまさに「力こそパワー!」な特性。
勘違いされがちだが対象になるのは発動確率が設定されている技のみである。
数値で示されているのならば100%でもOKである。

よく間違えるが「ちからく」ではない。国語辞典にも「ちからずく」で載っている。

所有者は案外多く、ドッコラー系統・ヒヒダルマクリムガンワシボン系統が所持している。
夢特性での所有者はニドキングニドクインクラブ系統・ケンタロスワニノコ系統・ハガネールマクノシタ系統・クチートナックラータツベイズガイドス系統・ランドロス(化身)・ドデカバシ
また、メガバクーダもこの特性。

効果をかなぐり捨ててダメージを重視する為、最初から追加効果を期待しないアタッカーと相性が良い。
例を挙げると、上記のヒヒダルマのフレアドライブは威力120×1.3(ちからずく)×1.5(タイプ一致)=234と言う不一致だいばくはつに肉薄する威力が出せる

が、実際の所はなかなか使うのに工夫の要る特性となっている。
と言うのも実は追加効果のある技は特殊技が多く、高威力の物理技には追加効果が無い場合が多いのである。
にも関わらず所有者はやたら物理に偏ったポケモンが多い
威力さえ落とせば追加効果のある技は少なくないのだが、ちからずくで効果を消す事と釣り合わない威力になってしまう
現在物理技主体でこの特性をふんだんに活用できるポケモンはヒヒダルマオーダイル程度
その為ちからずくなのに力押しが出来ないと言う何とも言えない状況に陥っている。

その為特殊型で活用したい所なのだが、物理偏重の習得者が多いことが災いし、特殊型で活かせるのはとくこうがそれなりにあり、特殊技も豊富なニドキング・ニドクイン程度と言うのが泣ける。
(一応ランドロスも活かせる事は活かせるのだが、夢特性持ちは現在レート使用不可に陥ってしまっている)
第6世代では追加効果の技の習得が多いメガバクーダが登場している。

ちなみにちからずく対象技はいのちのたまの反動を受けない
これはバグではなく公式公認の仕様である。
何故ならいのちのたまの効果がちからずくの処理の際に一緒に処理されてしまうからである。
同じ理由でかいがらのすずも追加効果が消える。

また、相手のだっしゅつボタンレッドカードアッキのみタラプのみの効果も消える。
これは、相手の技に効果を付加するアイテムとして扱われているからである。
(相手のアイテムで技に効果がつく→ちからずくで同時処理→結果発動しない)

関連タグ

特性 いのちのたま

pixivに投稿された作品 pixivで「ちからずく」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6330

コメント