ピクシブ百科事典

ワニノコ

わにのこ

ワニノコとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.158
英語名 Totodile
ぶんるい おおあごポケモン
タイプ みず
たかさ 0.6m
おもさ 9.5kg
とくせい げきりゅう / ちからずく(夢特性)


げきりゅう:自分の最大HPが3分の1以下になると、みずタイプのわざの威力が1.5倍になる
ちからずく:追加効果を持つ攻撃技は、その技の追加効果が出ない代わりに、その威力が1.3倍に上がる

進化

ワニノコアリゲイツ(Lv.18) → オーダイル(Lv.30)

昼寝



容姿

小さなワニの様な姿をしたポケモン。肌の色は水色で、胸にV字の黄色い模様がある。背中にはい背びれがある。愛くるしい大きな目をしており、目の周りには少し隈取りの様なものがある。二足歩行をしている。その容姿から非常に人気が高いポケモンである。ただ、進化後は急に強面になってしまい、愛くるしい姿はすぐに消えてしまう。

色違いは水色の肌が薄く、緑色に近づき背中の背びれは色になる。

わにわにわー!



概要

ポケットモンスター金・銀(第2世代)に初登場したポケモン。名前の由来は恐らく「鰐の子(ワニの子供)」。
GSC及びリメイク版のHGSSのゲーム開始時に手に入る三匹の内の一匹である。

目に留まる動く物には、なんでも噛み付いてしまう習性を持っているので、ワニノコのトレーナーは注意が必要。しかも、小さくとも強力なアゴの力を持っているため、本人は甘噛みのつもりでもかまれた側は重傷を負うほどの惨事になる。

ゲームでの特徴

みずタイプの中では珍しく「こうげき」が優れているのが特徴で、「ぼうぎょ」も高い。その事を反映して、特殊攻撃よりも物理攻撃の技を自力で習得していく事が出来る。秘伝技の覚えも優秀な方である。また、タマゴ技としてれいとうパンチりゅうのまいなどを習得可能である。

また、下記通りかつてはワニノコをルアーボールに収める事は不可能だったのだが、第7世代にあたるポケモンSMで個数制限はあるもののルアーボールを含むガンテツボールが解禁。さらに新要素「島スキャン」で曜日限定で野生のワニノコが入手可能となったため、実に16年目にして正規でも悲願のサトシのワニノコを再現する事が可能となった。さらにタマゴ遺伝のシステム変更により夢特性の「ちからずく」と併用出来る。

アニメのワニノコ

サトシのワニノコ

少年と鰐


声:西村ちなみ

無印』編(ジョウト編)から登場。最初はサトシカスミがその所有権を巡って揉めたが、サトシのポケモンとして落ち着いた。

とても好奇心旺盛で、出てくる度にダンスのように足をばたつかせている。その愛くるしい仕草が印象的となり、以後「サトシのワニノコ=ダンス」のイメージが定着した。
サトシがジョウト地方でゲットしたポケモンの中では、作中で唯一進化していない。

尚、上述のように、このワニノコはアニメ放送当時のゲームシステムでは不可能なルアーボールに収められている。

カズナリのワニノコ

声:伊東みやこ

『DP』第143話から登場。
サトシの個体とは違いクールな性格。渋い味付けが好みでカズナリの作ったポケモンフーズを食べようとしなかった。喧嘩っ早い一面もありサトシのブイゼルと喧嘩になったこともある。
進化前にもかかわらず「アクアテール」や「ばかぢから」といった強力な技を使える。
同147話でアリゲイツに進化した。

関連イラスト

ワニノコの日
Totodile


わにわにわー!
ドーナツ食べたい



関連タグ

ポケモン一覧 みずタイプ
HGSS 金銀リメイク祝賀祭
メグロコ(ワニ仲間)
中の人:青木れいか

ジョウト御三家
くさタイプチコリータ
ほのおタイプヒノアラシ

他の地方のみずタイプ御三家
カントーゼニガメ
ホウエンミズゴロウ
シンオウポッチャマ
イッシュミジュマル
カロス:ケロマツ
アローラアシマリ
ガラルメッソン

関連記事

親記事

ジョウト御三家 じょうとごさんけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ワニノコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3391746

コメント