ピクシブ百科事典

種族値

しゅぞくち

種族値とは、主に「ポケットモンスター」のゲーム内において使われる、ゲーム内の隠しパラメータの通称。
目次[非表示]

概要

種族値は、ポケモンの強さを表すパラメータのうち、そのポケモンの能力の伸びやすさを表した数値のこと。
努力値個体値と合わせて三値とも呼ばれる。

あくまでも通称であり、公式に認められているわけではないことは覚えておこう。
だがインタビュー等で時々使われる(インタビュー側が使う)ので一応認知はされている様子。
ちなみに第一世代のみ公式攻略本で数値が公開されていた。だが、この頃は特攻と特防が特殊で統一されているため、微妙にアテにならない。
一応「基礎ポイント」という名称がある努力値と違ってコレといった正式名称が無いので結局この名前で通っているのが現状である。

例としてピカチュウの種族値を見てみると、このようになっている。

HP(H)攻撃(A)防御(B)特攻(C)特防(D)素早さ(S)
355530504090
これから言えることは、ピカチュウは素早さのパラメータが最も伸びやすく、ついで物理攻撃、特殊攻撃の順に成長しやすいということが分かる。

進化後や伝説ポケモンはこの数値が高いが、つまりはそれだけ伸びやすいということでもあり、種族値はそのポケモンの得意分野を表している数値といっていいだろう。
ただし、数値を底上げしたり逆にダウンする特性を持っているポケモンも居たりするので必ずしもこの値が能力値の全てというわけでもない。

また、実際のステータスには他の三値である努力値個体値といったパラメータや、各性格ごとにステータスの上昇幅に差が出る「性格補正」などが影響する。ポケモンをプレイした事がある人は多くても、ガチ勢になる際のハードルを大きく引き上げている要素が、これらを踏まえた育成作業の難易度である。

これらがステータスに与える影響がどれほどかと言うと、例としてLv50だと個体値厳選と努力値の振りかた次第で、同じポケモンでも50~60前後のステータスの数値差が出る場合もある。旅パなどで厳選や努力値振りに拘らずにプレイして育てたポケモンと、本格的に対戦用の個体を育てた時に数値を比べると非常にわかりやすい。

目的に合わせたアタッカーを育成する場合はこれを目安にするといいので、初心者から中級者へのステップアップ時には誰もが種族値のことを考えるだろう。
稀にこの値に真っ向から反発した奇抜な型を考え、育成する人も居る。

種族値は高ければ高いほどいいに越したことはないが、種族値が高い=厨ポケというわけではない。
例えば種族値合計は460しかないにもかかわらず配分に無駄がなく技や特性の優秀さゆえに要注意ポケ扱いされているキノガッサのような種族もいれば、種族値合計535にも関わらず配分の無駄さや技の貧弱さ、耐性の悪さから種族値ほどの能力を生かし切れていないバイバニラのような種族もいる。

また、チャーレムヨガパワーや各ちからもち所有者、しんかのきせき持ちのポリゴン2など、強力な特性やアイテムの影響で本来の種族値以上の数値を叩き出す所謂種族値詐欺をしている種族も少なくない。ギルガルドヨワシのように、対戦中に特性の影響で種族値そのものが変動するポケモンすら存在する。特性の中にはふしぎなまもりばけのかわのように相手の攻撃を無効化してしまうもの、いたずらごころはやてのつばさのように素早さに関わらず先制できるようにしてしまうものなど、数字では計測不可能な強さを持つ物も多いため、一概に種族値の寡多のみでポケモンの強弱を論じることはできない。

前述したように伝説のポケモンは合計種族値が高く設定されている傾向にあり、通常対戦で使用可能な準伝説と呼ばれるグループはだいたいが580~600。
使用不可の禁止級になると670~680にも及び、中には700を超える数値を持つ者もいる。
また、非伝説で合計種族値600のポケモンは600族と呼ばれており、一般ポケモンにおける最高峰、厨ポケの代名詞とも言える強力なポケモンが揃っている。

通常対戦で使用可能にも関わらず、素で種族値が600を大きく上回るケッキングレジギガスといったポケモンも存在するが、これらはその種族値を抑えるハンデとして、大きなデメリット特性を与えられている。

実は意外と御三家の種族値合計もバラバラだったりする。特にどの世代でも草御三家の扱いは酷く、今まで一度も水御三家の合計を上回った事がない。
三匹の合計種族値が統一されていたのは第一世代(この頃は特攻・特防が特殊で統一されていたため)と第五世代第七世代第八世代のみである。

各能力の最高・最低種族値ポケモン(メガシンカ等の形態変化の場合を除く)

最高種族値のポケモン

種族値1位の合成


能力ポケモン種族値
HPハピナス255
攻撃カミツルギ181
防御ツボツボ230
特攻デオキシスアタックフォルム(デンジュモク)180 (173)
特防ツボツボ230
素早さレジエレキ200
合計アルセウス(ケッキングレジギガス)720(670)
※()内は禁止級及び幻のポケモンも除いた場合。

最低種族値のポケモン

【合成ポケモン】種族値最下位の合成


能力ポケモン種族値
HPヌケニン1
攻撃ラッキーピンプク5
防御ラッキー、ピンプク5
特攻ツボツボ、ヒンバスウソハチ10
特防キャタピービードルコイキングププリンキバニア、デオキシスアタックフォルム20
素早さツボツボ、ゴンベナマコブシ5
合計ヨワシ(たんどくのすがた)175
※ヌケニンは正確には「HP種族値が1」なのではなく「HPが1で固定」という特殊なポケモンである。
どれだけ個体値努力値、レベルなどを上げようとも1より上の数値になる事はない。

余談

人間共よ裁きの時だ!!
ヨワシ


なお、メガシンカやゲンシカイキ除く合計種族値(特殊分離後)が最も高いポケモンはアルセウス720、最も低いのはヨワシ(たんどくのすがた)の175となる。
また、使用こそ出来ないものの、敵専用では剣盾で合計種族値が1125という数値になってしまうケースが存在する。ただ、あくまで敵専用な為、基本的には含まれないと見て良い。

関連タグ

ポケモン ポケモン廃人 三値 努力値(基礎ポイント) 個体値 格差社会

関連記事

親記事

三値 さんち

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「種族値」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21325

コメント