ピクシブ百科事典

種族値

しゅぞくち

種族値とは、主に「ポケットモンスター」のゲーム内において使われる、ゲーム内の隠しパラメータの通称。
目次[非表示]

概要

種族値は、ポケモンの強さを表すパラメータのうち、そのポケモンの能力の伸びやすさを表した数値のこと。
あくまでも通称であり、公式に認められているわけではないことは覚えておこう。
だがインタビュー等で時々使われる(インタビュー側が使う)ので一応認知はされている様子。
ちなみに第一世代のみ公式攻略本で数値が公開されていた。だが、この頃は特攻と特防が特殊で統一されているため、微妙にアテにならない。
一応「きそポイント」という名称がある努力値と違ってコレといった正式名称が無いので結局この名前で通っているのが現状である。
また、努力値、個体値と合わせて三値とも呼ばれる。

例としてピカチュウの種族値を見てみると、このようになっている。

HP 35
攻撃 55
防御 30
特攻 50
特防 40
素早さ 90

これから言えることは、ピカチュウは素早さのパラメータが最も伸びやすく、ついで物理攻撃、特殊攻撃の順に成長しやすいということが分かる。

進化後や伝説ポケモンはこの数値が高いが、つまりはそれだけ伸びやすいということでもあり、種族値はそのポケモンの得意分野を表している数値といっていいだろう。
ただし、数値を底上げしたり逆にダウンする特性を持っているポケモンも居たりするので必ずしもこの値が能力値の全てというわけでもない。

勘違いする人がいるのだが、種族値はあくまでも「能力の伸びやすさ」を表したものであり、そのポケモンの能力値をそのまま表しているというわけではないということだ。ポケモンにはこの他にも努力値などいくつかのパラメータが存在しており、種族値上では仮に劣っていたとしても、実際のパラメータがそうであるとは限らない。
まぁ結局はその数値の傾向が強く出るのでよほど意識して平坦にしない限り大体その値が出てくる。
ちなみに大体多くのルールで採用されているLv50だとこの値+育成しだいで50~60前後の差が出る。

例えば、こうげき種族値が134カイリュー147オノノクスでは、種族値上ではオノノクスの方が高いが、実際に育ててみると性格や努力値などの配分によって、実際のパラメータでは同じレベルでも種族値の低いカイリューの方が上回ることもよくある。
つまり、あくまでもオノノクスの方が伸びやすいというだけであり、けっして攻撃面でカイリューが劣っているということではないのだ。
とはいえ単純に特化した場合は結局オノノクスのほうが攻撃力は高くなる。

目的に合わせたアタッカーを育成する場合はこれを目安にするといいので、初心者から中級者へのステップアップ時には誰もが種族値のことを考えるだろう。
稀にこの値に真っ向から反発した奇抜な型を考え、育成する人も居る。

種族値は高ければ高いほどいいに越したことはないが、種族値が高い=厨ポケというわけではない。
例えば種族値合計は460しかないにもかかわらず配分に無駄がなく技や特性の優秀さゆえに要注意ポケ扱いされているキノガッサのような種族もいれば、種族値合計535にも関わらず配分の無駄さや技の貧弱さ、耐性の悪さから種族値ほどの能力を生かし切れていないバイバニラのような種族もいる。

また、チャーレムヨガパワーしんかのきせき持ちのポリゴン2など強力な特性やアイテムの影響で本来の種族値以上の戦闘力を誇る所謂種族値詐欺をしている種族も少なくない。最近ではいたずらごころはやてのつばさのような優先度をプラスする事で数字では計測不可能な強さを持つ特性も出てきたためますます複雑になっている。

前述したように伝説ポケモンは合計種族値が高く設定されている傾向にあり、だいたいが580~600。
禁止級になると670~680にも及び、中には700を超える数値を持つ者もいる。
また、非伝説で合計種族値600のポケモンは600族と呼ばれており、いずれもかなり手ごわい厨ポケとなっている。

実は意外と御三家の種族値合計もバラバラだったりする。特にどの世代でも草御三家の扱いは酷く、今まで一度も水御三家の合計を上回った事がない。
三匹の合計種族値が統一されていたのは第一世代(この頃は特攻・特防が特殊で統一されていたため)と第五世代第七世代のみである。

各能力の最高種族値ポケモン(メガシンカポケモンゲンシカイキ除く)

種族値1位の合成


能力ポケモン種族値
HPハピナス255
攻撃カミツルギ181
防御ツボツボ230
特攻デオキシスアタックフォルム180
特防ツボツボ230
素早さデオキシススピードフォルム180

各能力の最低種族値ポケモン

【合成ポケモン】種族値最下位の合成


能力ポケモン種族値
HPヌケニン(ツボツボ)1(20)
攻撃ラッキー、ピンプク5
防御ラッキー、ピンプク5
特攻ツボツボ、ヒンバス、ウソハチ10
特防キャタピー、ビードル、コイキング、ププリン、キバニア、デオキシスアタックフォルム20
素早さツボツボ、ゴンベ、ナマコブシ5

人間共よ裁きの時だ!!
ヒマナッツ「ちょっとお前、そこ座れ」


なお、メガシンカやゲンシカイキ除く合計種族値(特殊分離後)が最も高いポケモンはアルセウス720、最も低いのはヨワシ(たんどくのすがた)の173となる。
ちなみに努力値の計算式が全く異なるためアテにならないが、特殊分離前の第一世代も特別に含むなら特防も154扱い(分離後は90)になるミュウツー744とアルセウスをも上回る数字でトップになる。ここでもミュウツーが出てくるあたりやはり半端ない。

因みに禁止伝説と幻のポケモンも除いた種族値だと
特攻がデンジュモク173で、素早さだとテッカニンの160が最高数値になる

関連タグ

ポケモン ポケモン廃人 三値 努力値(基礎ポイント) 個体値 格差社会

pixivに投稿された作品 pixivで「種族値」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7896

コメント