ピクシブ百科事典

600族

ろっぴゃくぞく

合計種族値600のポケモンの通称。
目次[非表示]

概要

ポケモンが新シリーズを出すたびに毎回登場する、合計種族値600の一般ポケモンのこと。
その合計種族値の高さからいずれも相当な強さを誇り、対策を練っておかないと600族1匹にパーティが壊滅させられることすらある。
合計種族値が600のポケモンは、いわゆる伝説のポケモンの中にもいるが、単に「600族」と言われた場合にそれらを含むことは稀で、あくまで進化前が存在するポケモンだけであることが多い。
海外では「Pseudo-legendary(偽伝説)」と呼ばれている。

今のところ第3世代のみ新規出の600族が2体存在している。ちなみに、今までの本編シリーズの中で(全国図鑑を除き)既存と新規含め一番多く600族が図鑑登録されているのはXYである。

なお、例外として、合計種族値が禁止級伝説に匹敵(もしくはそれ以上)する一般ポケモンにケッキングヨワシがいるが、強烈なマイナス特性を持っているが故の数値であるため、基本的に600族には含まれない。
また、メガシンカポケモンの中には、メガゲンガーのように合計種族値が600となるポケモンが複数存在しているが、こちらも基本的に600族に含まれない。

600族の特徴

  • 図鑑ナンバーは最後の方に位置する(マイナーチェンジ版などの場合ポケモンが追加される為にこれに当てはまらないことがある)。
  • 必ず2進化の最終形態であり、進化レベルがとてつもなく高い。レベルアップに要する経験値も多い。所謂大器晩成型。
  • ドラゴン或いは怪獣系統のデザインのものが多い(メタグロス除く)。
  • チャンピオンかそれに準ずる者の切り札であることが多い。ストーリー上のラスボスに近い扱いとも言える。
  • 種族値のHABCDSのうち少なくとも2つが100以上。ステータスの半分以上がそれぞれ100を超えるポケモンは、4倍弱点となるタイプがある場合がほとんど(例外はヌメルゴン。AとCとDが100以上だが4倍弱点が無い)。
  • メタグロス以外、メインウェポンは威力100以上の技が使え、その他にも覚えられる技のバリエーションが広い
  • 進化前となるポケモンは、シナリオ中では出現率が低く、終盤・クリア後にならないと入手できない、あるいは入手の経路が特殊

600族のポケモン 

第1世代

カイリュー

そらもとべるはず

▽カイリューのドラゴンクロー!


タイプ ドラゴン/ひこう
通常特性 せいしんりょく:ひるまない
隠れ特性 マルチスケイル:HPが満タンのときに受けるダメージを半減する   

HP91攻撃134防御95特攻100特防100素早さ80
以前は600族ながら不遇であったが(後述)、第5世代で手に入れた隠れ特性「マルチスケイル」のおかげで弱点を突かれても簡単には倒れない耐久力を手にし、一戦級のポケモンと化した。
ほぼ確実に1ターンを確保でき、そのターンに「りゅうのまい」を積んで相手パーティを壊滅状態に追い込めむ戦法の他、回復技「はねやすめ」を使って居座るといった戦法も可能。
取得経路はHGSSのみに限られるものの、高威力先制技「しんそく」を覚えるため、相手がこおりタイプであっても先制技同士の競り合いには結構強い。

主な使用者
ワタルイブキミラーボ(ダークポケモン)・クロツグアイリス (アニメのみ)・バンジロウ(ホワイト2のみ)・リュウキ

第2世代

バンギラス

(「・ω・)「がおー

すなおこし


タイプ いわ/あく
通常特性 すなおこし:5ターンの間天候が「すなあらし」になる
隠れ特性 きんちょうかん:相手は木の実を食べられなくなる

HP100攻撃134防御110特攻95特防100素早さ61
複合タイプの関係上、弱点が非常に多いが、自身の特性のおかげで特防は種族値換算で160にもなり、ラティオスの「りゅうせいぐん」はもちろん、多くの弱点技もかくとう以外の特殊技なら平然と複数回耐えることも。
物理、特殊共に強力な技を豊富に覚え、「りゅうのまい」や「ステルスロック」といった小技も得意。
まさに万能型と言えるポケモンであり、全てのルールでトップメタ=バンギラスがマイナーとなるルールは存在しないことからもその器用さが分かる。
特性「すなおこし」と相性の良いポケモンが世代ごとに徐々に増えていることなども追い風となっている。後述するガブリアスとのコンビネーションはまさに凶悪の一言。
第6世代ではメガシンカを習得。「りゅうのまい」と相性が良い。砂嵐補正込みならば全ポケモンナンバー2の種族値となる。

主な使用者 
ワタル(ポケスタ金銀)・グリーンワルダック(ダークポケモン)・ヒョウタギーマ

第3世代

ボーマンダ

らくがき 33

しねんのずつきボーマンダ


タイプ ドラゴン/ひこう
通常特性 いかく:相手の攻撃を1段階下げる
隠れ特性 じしんかじょう:相手を倒すと攻撃が1段階上がる

HP95攻撃135防御80特攻110特防80素早さ100
攻撃と素早さ共に高く、特攻も600族の中ではサザンドラに次いで高いので、両方に特化することも可能。
また、タマゴ技として600族で唯一ハイドロポンプ」を覚える
特性「いかく」のおかげで繰り出し性能も高い。600族の中ではやや控えめな物理耐久を補える。
隠れ特性の「じしんかじょう」も強力で、特性が発動すればそのまま3タテコースも狙える。
第5世代でカイリューが躍進、加えて第6世代でフェアリータイプが登場したことで止まりやすくなったりと、シングルでは衰えたかに見えた・・・が、ORASでメガシンカを獲得。特性「スカイスキン」のおかげで物理技だけでもフェアリーでは受けられないという状況になっている。もちろん、特殊型や両刀型はメガシンカでも十分可能。

主な使用者 
ゲンジワルダックエルデス(ダークポケモン)・ゲンワタルアイリス(BW2)・イブキシャガヒガナリラ

メタグロス

メタグロス

コメットパンチ


タイプ はがね/エスパー
通常特性 クリアボディ:相手に能力を下げられない
隠れ特性 ライトメタル:体重が半分になる

HP80攻撃135防御130特攻95特防90素早さ70
攻撃範囲の広さ、耐久力の高さ、はがねタイプ特有の半減の多さなど、繰り出し性能が高い。
高い攻撃から繰り出される高火力技「コメットパンチ」→先制技「バレットパンチ」の破壊力は抜群で、耐久調整の指標として『(プレート)コメバレ耐え調整』なる言葉が生まれたほど。
600族で唯一「だいばくはつ」を覚えるため、苦手な相手に一矢報いてやることも可能。第5世代以降は(事実上の)威力が下がってしまったが、それでも強力。
しかし、第6世代であくタイプとゴーストタイプが弱点に加わってしまい、本来2つしかなかった弱点が4つになってしまった上に「コメットパンチ」の威力まで下げられたため、一気に弱体化。
ただし、新タイプのフェアリータイプははがね技が弱点であり、逆にこちらはフェアリー技を半減できるので、新たな強みを得たとも言える。よって、依然として強力なポケモンである事実は揺るがない。
そして、ボーマンダ同様ORASではメガシンカを獲得。「コメットパンチ」「バレットパンチ」を含め、接触技の威力を上げることが出来る「かたいツメ」に特性が変化。素早さも上昇し、その種族値は脅威の110と、あのラティオスやゲンガーと同速である。

主な使用者 
ダイゴジャキラ(ダークポケモン)・ミカンカトレア・タダカツ(ポケナガ)・アクロマナツメマーレインデクシオ

第4世代

ガブリアス

ガブリアス

げきりん


タイプ ドラゴン/じめん
通常特性 すながくれ:「すなあらし」状態の時に回避率が1.25倍になる
隠れ特性 さめはだ:接触攻撃をした相手の最大HPの1/8をダメージとして与える

HP108攻撃130防御95特攻80特防85素早さ102
ひとたびWi-fi対戦、特にシングルバトルに足を踏み入れればイヤというほど目にする人気ポケモン。
攻撃力、耐久力、素早さが無駄なく高水準な数値をマーク。特に素早さ種族値の102が絶妙。
タイプ一致の主力技である「げきりん」が強力で、その高い攻撃種族値も相俟って、多くのポケモンを葬り去る。唯一これを半減できるはがねタイプ相手には、これまたタイプ一致技の「じしん」で突破できる可能性が高いなど、攻撃範囲に死角が少ないのが強み。さらに、「じしん」が通用しない一部の特殊なはがねタイプに対しても「だいもんじ」で対応出来る。
つるぎのまい」を使おうものなら、その攻撃力はもはや手に負えないレベルに。
じめんタイプであるが故に「でんじは」が効かないのもポイント。
特性「すながくれ」がひとたび発動すれば「かわせ!」まで実装されるため難攻不落。だが、天候が下方修正された第6世代では「さめはだ」の方が主流。
ドラゴンタイプの天敵であるはずのフェアリータイプ相手にもなかなか止まらない。フェアリータイプのほとんどに「じしん」が通用し、ガブリアスの素早さ102を超える非伝説フェアリーは2のみ、おまけにフェアリータイプに効果抜群な技も習得できる(「アイアンヘッド」など)。「ドラゴンタイプに強いフェアリータイプ」とは何だったのか。
第7世代となった今でもその強さと使用率は相変わらずであり、遂には同作に登場した準伝説ポケモンであるカプ神の名をもじってレートの守り神ガブ・リアスとまで呼ばれ始めた。

主な使用者 
シロナワタルサカキバンジロウ(ブラック2のみ)・リュウキ

第5世代

サザンドラ

サザァァアアン

図鑑No.635 サザンドラ


タイプ あく/ドラゴン
通常特性 ふゆう:じめんタイプの技を受けない

HP92攻撃105防御90特攻125特防90素早さ98
最終進化レベルは64と、カイリューとバンギラスのレベル55を超えて歴代最高。
600族では珍しく、攻撃<特攻のステータスを持ち、「りゅうせいぐん」は600族最大の威力を発揮する。
あく・ドラゴンでは相性補完できずに弱点が若干多いことと、素早さが中途半端という難点はあるものの、第5世代で唯一対ドラゴン耐性を持つはがねタイプへの対抗策がこれでもかというほど存在するため、総合的な火力ではあくタイプ中最高。強力なエスパータイプが幅をきかせるダブルバトルでは非常に強力な存在だった。
第6世代では、新登場のフェアリータイプが追加の弱点となってしまい(おまけに4倍)、こちらのメインウェポンも通らないという辛い立場に立たされた。ただし、サザンドラの弱点であるドラゴン・むし・かくとうを軽減できるポケモンの相方としては逆に相性が良い。
また、同時期に登場したギルガルドとの完璧な相性補完の関係(通称サザンガルド)、はがねタイプの耐性変更によるあくタイプの通りやすさの向上など、第5世代においてあまり評価されなかったシングルバトルで復権の道を辿っている。

主な使用者 
ゲーチスアイリス(BW2)・ワタルノブナガ

第6世代

ヌメルゴン

ヌメルゴン

ヌメルゴン


タイプ ドラゴン
通常特性 そうしょく:受けた草タイプの技を無効にし、攻撃が1段階上がる
       うるおいボディ:雨の時に状態異常を回復する
隠れ特性 ぬめぬめ:直接攻撃をしてきた相手ポケモンの素早さを下げる

HP90攻撃100防御70特攻110特防150素早さ80
これまでの600族は種族値がアタッカー気質だったが、耐久寄りな種族値という異色なポケモン。
意外にも600族ドラゴン最終進化系で初のドラゴン単タイプ。そして600族全体で初の単タイプでもある。
それ故に弱点が少なく、4倍弱点も存在せず、メタグロスを抜いてガブリアスと並んで1番弱点の数が少ない600族となった。
特殊技ならば弱点を突かれても平然と耐えてくれるのはもちろん、無視されがちだったドラゴンの本来の耐性を最もうまく使えている1匹であるとも言える。
特性は、「ほうし」や粉系の草技に対応できる「そうしょく」か、相手の物理技を牽制できる「ぬめぬめ」が一般的。
他の600族と違って中盤に入手出来るが、その代わり進化条件がかなり特殊で、進化させるのも一苦労のポケモンでもある。

主な使用者
カルネサナヒガナサトシ(アニポケ)

第7世代

ジャラランガ

ジャラランガ

~ 逆鱗の警鐘 ~


タイプ ドラゴン/かくとう
通常特性 ぼうだん:砲弾系の技を無効にする
       ぼうおん:音の技を無効にする
隠れ特性 ぼうじん:天候のダメージ、粉・胞子系の技を無効にする

HP75攻撃110防御125特攻105特防105素早さ85
今までいそうでいなかった、初のドラゴン/かくとうの複合タイプ。
どのステータスも概して高めだが、他の600族と比較すると防御以外は平凡に見えてしまう。特に、HPと素早さの数値の低さはちょっと気になる。
ドラゴン/かくとうのタイプ複合は7つものタイプに対して耐性を持つ一方、5つものタイプが弱点となり一長一短。フェアリータイプが4倍弱点になるのはツラい。
アタッカーとしてのステータスも物理・特殊のどちらかに偏っているわけではなく、良く言えば器用、悪く言えば中途半端。どういうわけか「インファイト」など高威力の物理かくとう技を覚えられない。一方、特殊に目を向けると、高威力の専用技「スケイルノイズ」や、特殊かくとう技としてはお馴染み「きあいだま」も覚える。
現状、シングルではどうにも他の600族と比較して見劣りしがちという評価が大勢。しかし、ダブルでは特性「ぼうおん」を活かしてウインディの「バークアウト」を無効化したり、台頭するテッカグヤに「かえんほうしゃ」をぶつけたりと、独自の持ち味が見出されつつある。

主な使用者
リュウキ

600族の歴史

第1世代

カイリューが初登場。しかし、当時はまともな一致技がなく高い攻撃が活かせなかった。
この頃の大会では、参加するポケモンのレベルは50~55かつ3匹の合計レベルを155以内にしないといけないルールであったこと、そしてこおり技である「ふぶき」が猛威を奮っていたことから、進化レベル55かつこおり4倍弱点のカイリューに居場所がないという、今では考えられない環境だった。

第2世代

弱体化に伴う「ふぶき」の使用率低下で、カイリューにとっては少し生きやすい環境となった。しかし、新たに登場したドラゴン技の使い勝手が悪い上、ひこう技もたいしたものがなく、依然として火力に難があった。そのため、この時代で新しく登場したキングドラを使うプレイヤーの方が多かった。
一方、新たな600族としてバンギラスが登場。高い攻撃種族値を誇ったが、当時はあくタイプ全てが特殊技で、弱点もあまりに多いことから扱いが難しかった。
大会のルールも第1世代と同じだったため、進化レベル55しかいない600族の影は薄いまま。

第3世代

新システム「特性」の登場、攻撃技の選択肢増加により、カイリューとバンギラスは大幅に強化された・・・のだが、レベル50以上は使用不可能という当時の大会ルールのおかげでとんでもないとばっちりを食らってしまう。
その一方、新たにボーマンダメタグロスが登場。高水準な種族値、高い攻撃性能、優秀な特性・・・とまさに至れり尽くせりであり、登場当初から使用率が高く、この世代から600族の存在感が大きくなり始める。
特にこの世代から実装されたダブルバトルではメタグロスが圧倒的に強く、メタグロスを倒せる要素をいくら積んでも積み足りない状態だった。

第4世代

新たにガブリアスが登場。優秀な攻撃性能、激戦区100族を超える素早さ、動きの読みにくさという凄まじいポテンシャルを持ち、瞬く間に初心者から上級者まで人気の高いポケモンと化した。
それまで、物理技か特殊技かはタイプごとに決まっていたが、この世代から技ごとになり、「種族値の関係上タイプ一致技が主力にならない」という事態に陥いることが少なくなった。
さらに、レベル51以上が自動的にレベル50になるフラットルールが新たに登場し、事実上の出禁を食らっていたカイリューとバンギラスの出番が大幅に増えた。
「げきりん」「りゅうせいぐん」などの高威力のドラゴンタイプ技の追加によって、ほとんどの600族は攻撃性能が強化され、バンギラスは「すなあらし」の強化で防御性能が大幅に上がった。
ボーマンダは「りゅうせいぐん」のおかげで特殊型の火力も急上昇し、特にダブルバトルで大躍進を遂げた。
そして、メタグロスはあろうことかタイプ一致先制技「バレットパンチ」を習得し、シングルにダブルにとあらゆるルールで大活躍を見せた。

第5世代

隠れ特性の登場、従来の技・特性の仕様変更など、タイプ間の格差穴埋めや不遇ポケモン救済など、結果的に600族に対抗できるポケモンが増加。
新たにサザンドラが登場したが、弱点となるタイプが多いこと、素早さ種族値がギリギリ100に達しないことなどから、評価は微妙なものとなった。
こうして、いよいよ600族にも陰りが見えるようになった・・・と思いきや、程なくしてそうした雰囲気は吹き飛ばされた。
カイリューは隠れ特性「マルチスケイル」解禁によって防御性能が大幅に上昇。バンギラスは砂嵐と相性の良いポケモンが増えたことで「バンギ○○」と呼ばれる多数の組み合わせを生み出した。ガブリアスも大した逆風がなく「読み間違えたら壊滅的な被害を受ける」という強みを維持。メタグロスは攻撃性能や耐性が相変わらず優秀。
サザンドラは発売当初こそ評価が低く、特にシングルでは最後まで評価されなかったものの、研究が進むにつれ耐性の優秀さや特殊アタッカーとしての地力の高さが見直され、ダブルバトルやトリプルバトルでは対策必須なポケモンの仲間入りを果たした。
ボーマンダは上記カイリューのおかげでシングルでは大きく数を減らしたが、ダブルでは前世代同様の地位を維持し続けた。
と、いざ蓋を開けてみれば、600族全員が対戦で猛威を振るっていた時代と言えるだろう。

第6世代

新たにヌメルゴンが登場。単タイプ・耐久型という地味なステータスのため現状はあまり目立っていない。
フェアリータイプの登場、はがねタイプの相性変更、天候変化特性や一部の高威力技の弱体化などにより、従来の600族全員が下方修正という異例の事態になったが、敵から食らう技(特にめざパ)の威力も下がったので一概に弱体化とも言えない。全体的な特殊技の威力が下がったことから自前のステータスが物を言うようにもなったので、むしろ「多少弱体化してもなお威力を出せるステータス」を持ち続けていることに意味が見出されている。
また、バンギラスやガブリアスがまさかのメガシンカを習得。メガシンカ後の種族値は700と、凄まじいインパクトを放っている。ただし、バンギラスは元々選択肢の多いポケモンなのでメガシンカも使いつつ色々な型で頑張れる一方、ガブリアスはメガシンカすると最大の強みである素早さが下がってしまうため、メガシンカの使用率はダントツで最低という結果になっている。
ORASでは、さらなる600族のメガシンカとしてボーマンダメタグロスが追加。これにより、ボーマンダは一度落ち込んだ使用率を急激に回復させ、再びメジャーの一角になった。メタグロスは、ギルガルドの存在が気になるが、安定性、素早さ、同タイプたるはがねへの打撃力でギルガルドを上回り、十分に強い。サザンドラは前述の通りフェアリータイプの登場で4倍弱点ができてしまい、弱体化を余儀なくされたものの、ギルガルドという相性補完の良い相方を見つけ、シングルでの道を復権中。そしてガブリアスは、メガシンカにこそ恵まれなかったものの、対フェアリータイプでも難なく戦える高スペックが評価され、現在でもなお最メジャーポケモンである。
色々と技や特性、天候などの仕様変更が激しかったこの世代の環境でも600族は対戦で猛威を振るい続けていた。

第7世代

また新たな600族としてジャラランガが登場。独自のタイプを持っているが環境がフェアリータイプ中心に向き始めていたため、シングルではあまり目立たなかったが、しばらくしてWCSルールで前述通りのある程度高い評価を得た。またガブリアスはミミッキュカプ神などのフェアリータイプの存在が重く、ここに来て使用率がボーマンダに抜かれてしまっている。しかしながら新たな要素であるZワザの登場でサブウェポンを中心に火力の高い技を放つことができるようになっており、基本メガシンカ一筋のボーマンダメタグロスとは別の強さを手に入れた為、まだまだ環境では現役である。ボーマンダは特性こそ弱体化されたもののメガシンカ時の素早さの適応の仕様変更により性格補正を素早さ以外にかけやすくなっている。メタグロスも同じように素早さの適応の仕様変更で動きやすくなったほか、フェアリータイプに強いという理由で第6世代以上に採用率を伸ばしている。一方バンギラスはギガイアスが新たなすなおこし要因として強化されたため、若干仕事を奪われがちに。サザンドラはギルガルドだけでなくメタグロスとも組み込まれることが多くなったが、やはりフェアリー環境には逆らえずしばらくたった後に使用率が大幅減少。そしてヌメルゴンは特に目立った話はなかった。
また、一定条件を満たせば種族値620になる化け物も登場した。

関連イラスト

最強種族の血統
600族のみなさん
みんな大好き600族
純粋なる強さ


関連タグ

厨ポケ メガバンギラス メガガブリアス メガメタグロス メガボーマンダ

pixivに投稿された作品 pixivで「600族」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 155791

コメント