ピクシブ百科事典

メガメタグロス

めがめたぐろす

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場するメガシンカポケモン。メタグロスがメガシンカした姿。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.376
ぶんるいてつあしポケモン
タイプはがね / エスパー
たかさ2.5m
おもさ942.9kg
とくせいかたいツメ


概要

てつあしポケモン・メタグロスがメガシンカした姿。
他の600族に遅れる事1作、メタグロスもメガシンカを得る事となった。

何とメタグロスにダンバル2匹とメタングが合体すると言う、いかにもメタグロスらしいメガシンカを遂げている。ダンバルはブースターのように後ろの下側に装着され、メタングは逆さまにメタグロスの下側に入っている。
6本腕のように見えるが公式サイトでも分かるように前4本後ろ4本の8本腕である。
なお形状が形状である為、突撃のようなパンチを繰り出す事も。

さらなる合体により個々の脳が並列的に情報の収集・処理を行う結果、元のメタグロスの比では無いほどの賢さを得た。故に戦闘では冷徹そのものである。正にバトルマシーン。
なお、合体型のポケモンとしては珍しく、体重はメタグロス+メタング+ダンバル×2と全く同じである。

なお、ORASの早期購入特典としてメガストーン持ちの色違いのダンバルが入手できる。一刻も早くメガメタグロスの強さを体感したい人、そして希少な色違いが欲しい人は是非入手したいところである。
また、アニポケ番外編『最強メガシンカ』でもダイゴの手持ちとして色違いが登場する。

ちなみにデザイン自体は別の人だが、ダイゴとのセットで描かれている公式イラストは有賀ヒトシ氏によるものである。

そのデザインから「イージスガンダムのMA形態に似てる」とよく突っ込まれるが、ORASのPVでメガメタグロスを使用するダイゴの声はイージスのパイロットであるアスラン・ザラと同じ石田彰氏という奇妙な偶然が発生している。

ゲーム上での性能

HABCDS合計値
メタグロス80135130959070600
メガメタグロス80145150105110110700
上昇値±0+10+20+10+20+40+100

メガシンカする事で何と素早さが大幅に上昇する
激戦区からは少し退いた70から何とラティオスと同速の110まで跳ね上がった。
何気に苦手な相手であるガブリアスを抜いた点は大きい。
これにより高速アタッカーとなったが、防御・特防も次いで上昇しており耐久面も文句なし。
反面、攻撃・特攻の上昇は控えめの+10ではあるが、後述の特性故に火力は数値以上である。

特性は「かたいツメ」に変化する。
メタグロスは本来から直接攻撃に不足する事はなく、一致技だけでも「コメットパンチ」・「アイアンヘッド」・「しねんのずつき」など有用な技が揃っている。メガシンカ直後の素早さ補助の「バレットパンチ」も対象。
サブウェポンも直接技が非常に豊富。特殊技だが「くさむすび」も対象であるため奇襲になったりする。
爆発力を伸ばしたりタイプを変えたり主力技が全く違う技になったりする他のメガシンカとは違い、全体的に平たく伸び、豊富な直接攻撃系の技を駆使して堅実な攻めを行うタイプのメガシンカ。堅実とは言っても器用貧乏なんて事はなく、全体的な数値が高い器用万能なステータス。
豊富な直接物理攻撃を習得する故に攻撃力145なのはバランス上仕方が無い。
(同じ特性を持ち、技も豊富なメガリザードンXですら攻撃力130)
これ以上あったら壊れも良いところである。

欠点は「クリアボディ」でなくなる為、相手の能力低下技を防ぐ事ができなくなってしまう事。
技の火力や命中率も気がかりだが、耐久が上昇する事により唯一とも言える攻撃系の積み技「つめとぎ」を積みやすくなる(しかもメタグロスの習得技との相性も抜群)のも利点。
接触技に反応する特性やゴツゴツメットの影響を受けやすくなる難点もあるが、元々メタグロスはそんな感じのポケモンなのでそこまで気にしなくてもいいだろう。

ORAS以降では天敵であるギルガルドの数が多いのが痛い。
とは言え現在はレート上位に名を馳せているわけではないが、特にダブル以上の強豪には滅法強く素早さ種族値110と言う強烈な武器も併せ持つ為決して弱いポケモンではない。
同じはがねタイプのメガシンカにはメガクチートもいるが、あちらは火力や小回りに優れる分(「いかく」抜きの)耐久がやや不安である為、上手く差別化は出来ていると言える。
メタグロスの持ち物の約9割がメタグロスナイトである事を考えても、十分環境で立ち回れるメガシンカであると言えるだろう。

第7世代では初手からメガシンカ後の素早さが適応される仕様になった。
これによりメガメタグロスは初手から素早さ110を活かせるようになり強化された。
さらに特性「サイコメイカー」を持つカプ・テテフの登場も追い風。「サイコフィールド」上では最大の障害であった「ふいうち」と「かげうち」が無効化され、「かたいツメ」で強化された「しねんのずつき」の威力もさらに上乗せされるなど、まさにメガメタグロスにとってはうってつけの存在。惜しむらくは「サイコフィールド」を有効的に使えるのが現在カプ・テテフだけなため若干読まれやすい事くらいか。また自身の「バレットパンチ」も無効化されてしまうことにも注意。
環境ではフェアリーも多く、遂にメガメタグロスにとって嬉しい時代になったと言えるだろう。

関連リンク

ダイゴとメガメタグロス
ターゲット確認、排除開始



関連タグ

メガシンカ メタグロス

600族メガシンカ

メガバンギラス メガボーマンダ メガガブリアス

pixivに投稿された作品 pixivで「メガメタグロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 458631

コメント