ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第7世代
タイプじめん
威力75
命中100
PP10
分類物理
直接攻撃
範囲単体
効果直前のターンに攻撃を外した場合、威力が2倍になる
英語名Stomping Tantrum


概要

第7世代から存在する技。
前のターンに攻撃を外した場合、威力が2倍になる。
言葉通り、「悔しい!八つ当たりしてやる!」を地で行く技。
いかにも地面に対して攻撃するような印象だが、対象は単体かつ相手に接触している。
どういう原理なのだろうか。

自力ないし遺伝での習得者はオコリザル系統・ガラガラ系統・ゴルーグ系統・キテルグマ系統・アクジキングなど。
第7世代ではあるものの、過去作から送ればちゃんと原種ガラガラも習得できる。

技の説明はかなり短くまとめられているが「(前のターンの技が)結果的に命中しなかった」という前提から前のターンにこちらの繰り出す技が
・自分のまもるが失敗する。
・「ふいうち」が失敗する
・マヒ、ねむり等の状態異常で動けなかった場合
・タイプ相性による無効化
・特性による無効化
・「ちょうはつ」等すでにかかっている相手に同じ効果を与える変化技をかけて効果がなかった場合
・天候を変える技を連続で使用して失敗
等々いろいろな事情で技が決まらなかった場合威力は2倍になるようだ。
第7世代で追加された技である上後述の使用状況から具体的な性能の調査は必要だろう。

★間違われやすいがこちらの技が相手に守られて無効になった場合は威力が2倍にはならない

ぶっちゃけると使いづらい面もある。
そもそも1ターンの攻撃外しというのはデメリットでしかなく、むしろ自身のピンチを招きかねない。
そして夢特性「ノーガード」のゴルーグではまずまともに恩恵を受けられない
習得者も大半が「じしん」を習得可能である為、普通に考えて「じしん」を2発ぶち込んだ方が早い。

ダブルでは貴重なじめん単体技…と言いたいところだが、ダブル補正が掛かっても「じしん」が同威力である為「どうしても味方を巻き込みたくない!」という事情でもない限り採用は難しい。
そもそも一致習得者であるガラガラもゴルーグももっと高威力のじめん単体物理攻撃を覚えるので……。
ガラガラに至ってはホネブーメラン」より後に覚える。完全に要らない子である。

しかしUSMではまさかの教え技と化した
ビーダルラッタなど、序盤で手に入るポケモンが習得できるようになり、特に「あなをほる」がわざマシンから消えたせいでまともな地面技が使えなくなったポケモンにとっては喜ばしい限りである。
じしん」を覚えないポケモンにサブウェポンとして覚えさせておいて損はないかもしれない。

また、接触技である為かたいツメとはシナジーがある点も見逃せない。
黄昏ルガルガンメガメタグロスとは好相性と言える。
特にメガメタグロスの場合、「じだんだ」の威力が2倍になった場合H振りギルガルドを確定1発に出来る。

  • ルガルガンには「ドリルライナー」があるとか、メタグロスがギルガルドに対して攻撃を外す要因はあえて無効になる技を(アームハンマーやどくどくなど)を打たなくてはならない上にキングシールドで防がれた場合は攻撃力が2段階下がりかつじだんだが適応されないという自体になる。

ちなみに、特性が乗っても威力はギリギリ「じしん」以下である為、メタグロスが採用する場合は総じてダブルバトルまたはグラスフィールドを主軸にしたパーティである。ただ、枠が割と厳しいので採用率は控え目。

特性「なまけ」で行動できなかった後も威力が上がる為ケッキングとも好相性。
この他では、キングラーが「ハサミギロチン」を外した後に追撃ができたり、アリアドスがどく技を無効化しに出てきたはがねタイプに対してこの技を撃ったり、エンテイが特性「もらいび」の相手に強力な一撃を見舞うことができたりもする。
変わった所では何とモロバレルまで覚える。地団駄を踏むキノコ、ここにあり。
必要なバトルポイントは12BP。

欠点は、やはり習得者の多くが揃いに揃ってほぼ上位互換の「じしん」を覚えることやそもそも習得者が少ない点。
上述の状況を満たせるのも(確率に左右される状態異常関連はどうしようもないとして)デメリットありきの特性や技相手の出方によるもの、または単に使う場面を誤り行動を無駄にしてしまったといった限定的な場面となるのが歯痒いところか。

関連タグ

ポケモン じめんタイプ
地団駄
だだんだん

pixivに投稿された作品 pixivで「じだんだ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18033

コメント