ピクシブ百科事典

モロバレル

もろばれる

モロバレルとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.591
ぶんるいきのこポケモン
タイプくさ / どく
たかさ0.6m
おもさ10.5kg
とくせいほうし / さいせいりょく隠れ特性


進化

タマゲタケ→モロバレル(レベル39)



概要

名前の由来はモロにバレる、そのまんま。
どくタイプのきのこポケモンは彼と進化前のタマゲタケが初めて。なぜこれまで出てこなかったのだろうか。
進化してもあまり大きくならないのは、1.2mもあるのにモンスターボールと間違えられるマルマインの矛盾における教訓だろうか。60cmも結構でかいが……

なお、色違いはカラーリングが青と白になる。これもマルマインと同じ。

ゲーム上での特徴

HP攻撃防御特攻特防素早さ
1148570858030

HPがやたら高いが、ステータスのインフレが凄まじいイッシュのポケモンにしてみれば大したことがないように思える。
攻撃面がそこそこあるが、パラセクトと同じ素早さの鈍足。
だが……(後述)

きのこポケモンだけに「キノコのほうし」は一応覚えるが、習得がレベル62という高レベル、進化前ですら50というキノココすらタマゲタケな高いハードルを要する。
デフォで毒タイプがあるためか、通常特性はポイズンヒールもなくほうしのみ。
下手をすると自分の特性(相手がまひやどく状態になる)が足を引っ張ってキノコのほうしが使えなくなるケースも出てきそうだ。
隠れ特性のさいせいりょくなら、この問題点がなくなるだけでなく、この特性自体持ち前の耐久力とも相性が良いので、基本的にはこちらが推奨される。

シングルではあまり目立たないが、ダブルバトルになると超強力なポケモンになる。
攻撃誘導のいかりのこなを組み合わせたコンボが強く、隣に「はらだいこ」や「りゅうのまい」などの積み技を低リスクで使わせたり、相手が使う「味方に技を使うコンボ(「いばキー」、「せいぎのこころ」+「ふくろだたき」、「おさきにどうぞ」)」を封殺できるのが非常に大きい。
その上「キノコのほうし」も使えるので相手にとってはかなり厄介な存在になる。同じ技を持つポケモンの中では4倍弱点が無く、耐久も高めなので不一致2倍弱点程度ではなかなか倒れない。特防特化なら無補正シャンデラの「だいもんじ」も耐えてしまう。
さらにはすばやさ種族値30という非常に遅いポケモンなので、「トリックルーム」を発動させてしまえば先制「キノコのほうし」で行動妨害ということもできてしまう。性質上はトリパの対策として用意されることが多いが、他のコンボにも使えることから腐りにくい。
6世代ではこれらの技の無効化手段が増えたものの、依然強力なポケモンの1体と数えられる。

シングルでも弱いと思いきやそんなことはなく、教え技でイカサマを覚えられるのでダメージソースとして活用でき、技を受けつつ交代際に「キノコのほうし」をぶつけることもできる。
やどりぎのタネ」ができない分は特性「さいせいりょく」で補うとよい。

関連イラスト

Bullet Shell meets Mush Bullet
モロバレルかわいいよ



関連タグ

ポケモン一覧
タマゲタケ ビリリダマ マルマイン

pixivに投稿された作品 pixivで「モロバレル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 287983

コメント