ピクシブ百科事典

ガラルマッギョ

がらるまっぎょ

ガラルマッギョとは、ガラル地方におけるポケモン「マッギョ」のリージョンフォーム。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.618
ぶんるいトラップポケモン
タイプじめん/はがね
たかさ0.7m
おもさ20.5kg
とくせいぎたい


概要

ポケットモンスター ソード/シールド』に登場するポケモンで、マッギョガラルのすがた
正式名称は『マッギョ(ガラルのすがた)』。

鉄分を豊富に含む泥の中で生活していた結果、薄い身体がでコーティングされた様なものへと変わり、頭や尻尾の先もヒレが変異したとされる鋭い牙状に変化した。

原種同様平たい身体をで隠し、モンスターボールのように紅白になった目立つ唇で獲物を誘い出し、頑丈ながらも非常にしなやかな身体を一瞬で折り畳んで、踏んだ相手を挟み込む。
この様に、相手を感電させる文字通りの地雷だった通常のマッギョに対し、こちらはトラバサミさながらの姿と生態となっている。

表情も従来のマッギョより険しく攻撃的なものになっており、口にもトラバサミのような鋭いギザ歯が生えている。
体の模様も「!」マークから、足跡や水草を思わせる緑色の模様に変わっている他、身体を折り畳むと底部の模様がちょうど目に見える凝ったデザインになっている(メイン画像参照)。

後述するエンカウント方法と相まって、ポケモン剣盾には登場しないビリリダマ系列やタマゲタケ系列からミミック枠の役目を引き継いだポケモンと言えるだろう。

マッギョの他にもボールに擬態するポケモンは上記のようにいくらかは居るのだが、マッギョはその中でも特に明確にボールを取りにくる獲物を狩ることに特化した身体形状と生態をしている。
本来は自然に存在しないはずのモンスターボールという人工物に擬態してまで何をおびき寄せているのだろうか?モンスターボールを拾うのは基本的に人間しかいないのだが…

ゲーム上における特徴

エンカウント

「第二鉱山」や「まどろみの森」で紅白の唇だけを出して地面に埋まっており、これを踏むように移動すると地中からガラルマッギョが飛び出してくる。

飛び出してきた本体に接触するとそのまま戦闘に突入するが、自転車やダッシュなどで飛び出してくる前に突っ切るとそのまま素通りできる。また、地面に埋まったままその場からは動かないため、踏まないように注意して動けば戦闘になる事は無い。逆に捕獲や経験値稼ぎが目的ならば自ら踏んでやれば直ぐに飛び出してくる。

なお、トラバサミに挟まれたからと言って主人公や自転車、手持ちのポケモンに何らかのダメージが発生する事は無く、ただ普通に戦闘に突入するのみである。逃げられない強制戦闘というわけでもない。

また地面に潜んでるガラルマッギョは、スティック押し込みで口笛を吹くと一瞬だけだが地上に出てきて反応してくれる。


性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
原種1096684819932471
ガラルのすがた1098199668432471
増減±0+15+15-15-15±0±0


じめんタイプがあるのは従来のマッギョと同じだが、でんきタイプからはがねタイプとなり、種族値も原種の物理面と特殊面を入れ替えた能力をしている。
また専用技として、新たな拘束技の「トラバサミ」をレベル45で習得する。

しかし、鋭い鋼の牙で身体を覆っているにも関わらず、かみくだくアイアンヘッドを覚えられず、習得できるはがねの物理技はメタルクローのみ。
上述のトラバサミも何故か何一つ関係ないくさタイプの技であり、設定ミスなのか意図があるのかは不明。

この為、ハガネールドリュウズアローラダグトリオといった同タイプ達のように耐性を活かしたタンクアタッカーを務める事は難しい。

専用特性「ぎたい」はフィールドに応じてタイプが変化するものだが、これまたトラバサミ以外の草・電気・エスパー・フェアリーの攻撃技を全く覚えられない為、攻撃面で活かすことはできない。一応鎧の孤島でフィールドに応じてタイプが変化するだいちのはどうを得たが、この特攻では火力にはあまり期待できない。
攻撃的なイメチェンを果たしていながら、むしろ攻撃面は原種のマッギョより低下し、その代わり防御面が強まった性能と言える。

しかしマッギョは元々、攻撃力に頼らない戦術や技構成が強みのポケモン。
ふいうちステルスロックあくびてっていこうせんと言った癖の強い技を覚える為、起点作りとしては非常に強力。上述の特性も、急に耐性を変化させる事で弱点を突かれづらくする防御用と割り切れば、中々に有用である。だいちのはどうもフィールド下では常にタイプ一致なので忍ばせておくのも悪くないだろう。

攻撃を受け止められるポケモンをトラバサミで逃げられなくし、じわれを連発する、運次第だが凶悪な戦法で敵を屠っていく事も可能。
総じて、原種のマッギョ同様油断していると痛い目に遭うポケモンと言える。

ポケモンGO

ジェネレーションチャレンジ2020:セレブレーションに伴って実装。

従来のマッギョと比べ技の範囲が広く、でんき技の代わりに通常技が「メタルクロー」、ゲージ技が「ラスターカノン」、どろばくだんはソード・シールドで使用不可となったためじしんに置き換わっており、そして4つ目の技として「いわなだれ」を覚える。

原種のマッギョ同様ジム・レイドバトルではあまり強さを発揮できないが、トレーナーバトルではそれなりの活躍が見込める。チャージ技の連発が取り柄だった原種に対し、こちらは1発の威力重視型になっている。
タイプ相性もはがねタイプがあることで比較的多くの相手に挑める。ただし肝心相手には弱点を突かれるので注意。特にマリルリは原種と違い弱点を突けないためハイドロポンプ持ちを引くとあっという間にやられてしまう。

このように、原種とは違う特徴を持ち合わせているので、パーティーを組むときはそれも考慮すべし。


関連タグ

ポケモン剣盾 リージョンフォーム
じめんタイプ はがねタイプ
マッギョ

関連記事

親記事

ガラルのすがた がらるのすがた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガラルマッギョ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52098

コメント