ピクシブ百科事典

ガラルカモネギ

がらるかもねぎ

ガラルカモネギとは、ガラル地方におけるポケモン「カモネギ」のリージョンフォーム。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.083
ぶんるいかるがもポケモン
タイプかくとう
たかさ0.8m
おもさ42.0kg
とくせいふくつのこころ/きもったま隠れ特性


進化

旅立つ君への贈り物


ガラルカモネギネギガナイト(1バトル中に急所に3回あて勝利すると進化)

概要

ポケットモンスター ソード/シールド』に登場するポケモンで、カモネギリージョンフォーム。正式名称は『カモネギ(ガラルのすがた)』。
『ソード』バージョンのみの出現であり、『シールド』ではガラルサニーゴが登場する。

通常のカモネギと比べるとやや黒ずんだ配色となっているほか、目付きもより鋭く、眉毛もキリッとしている上に特大のネギを背負っている。戦闘時にはこの巨大なネギをジャイアントスイングよろしく豪快に振り回す姿も。

そんな強化(?)の影響か、ノーマルタイプひこうタイプもかなぐり捨ててかくとうタイプとなり、飛べるをモチーフにしていながらひこうタイプではないという珍しい個性を得た。
ついでに言えばそらをとぶも覚えられなくなっている……が、その割にレベルアップで普通にブレイブバードを覚えてしまうのはなんでだろう?

余談だが、ひこうタイプでもないのにブレイブバードやゴッドバードを使えるというのも珍しい事例である。元々飛べる鳥がモチーフなんだからおかしな話でもないと言えばそうなのだが。

発売前から発表されていたネギガナイトに進化するが、1回のバトルで急所を3回当て勝利で進化するという特殊な進化方法を持つ(瀕死になると進化できない)。一番簡単に条件を満たす方法としてはながねぎを持たせた上できあいだめを使用し、フワンテなどのむしタイプの技を1/4で受けられるポケモンにれんぞくぎりを当てること。
みねうち」は覚えられないのでズルはできない。卑怯な手段はお嫌いなようである。

余談

孵化余りのガラルカモネギをシールドバージョンのユーザーに渡したりマジカル交換で流す場合はながねぎを持たせて交換に出すと喜ばれる。野生のカモネギからしか入手できず、カモネギが出現しないシールド版では自力で入手できないからだ。

関連イラスト

ガラルカモネギ



関連タグ

ポケモン剣盾
リージョンフォーム ガラルのすがた
かくとうタイプ
カモネギ ネギガナイト

関連記事

親記事

ガラルのすがた がらるのすがた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガラルカモネギ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 118257

コメント