2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

おーい だいじょうぶかーい

人物

ポケットモンスター☆SPECIAL第15章、ソード・シールド編における主人公の一人。
名前の読みは「つるぎ・そうど」。愛称は「そーちゃん」。
名前の由来は言わずもがな「剣」と「ソード」であろう。
ポケスペでは初の苗字・名前ともに漢字のキャラクター(もちろん主人公としても初)である。
※6章で登場したガイルの当て字は「鎧流」だが、フルネームはガイル・ハイダウトであるため除外。
背番号は「808」

容姿

基本はポケモン剣盾における男主人公と同一。
ダイヤモンドに近いタレ目が特徴的。よく糸目にもなる。

性格

歴代主人公の中では、目付きもあってダイヤに負けず劣らずのんびりとした印象を覚える少年。
盾・シルドミリアとはお互いを「そーちゃん」、「しーちゃん」の愛称で呼び合う。
せっかちで落ち着きのないシルドミリアと比較すると基本的にはおとなしいが、後述の身具の手入れの時は人が変わる。

バトルスタイルは歴代主人公と比べても非常に冷静。ピンチな状況においても慌てず騒がず、戦況を見極めて的確な指示を出していく。
頭の回転もかなり速いようで、ワイルドエリアでエール団の妨害にあった時は近くの巣穴に飛び込んでマックスレイドバトルに強引につき合わせた上、目当てのポケモンを捕獲しつつエール団のポケモンを疲弊させ妨害を阻止する頭脳プレイを見せた。
※原作ゲームと違い、レイドバトルが終わってもポケモンは自動回復しない為。

その他ガラル鉱山の通り道を大岩が塞いでいる状況で、他のジムチャレンジャーが力技で岩を砕こうとするのに対し一人だけエスパー技で岩を壊さず脇にどかし、先に進まないで後から岩を砕いて中の「ねがいぼし」を独り占めしようと不審な行動をとるビートに早々から感づいているなど、温和な見た目に反して非常に観察力が鋭い。

身具職人(しんぐマイスター)

彼の職業(?)。身具とは一部のポケモンたちが持つ得物のことであり、カラカラ系の骨やミジュマル系のホタチやアシガタナなど彼らにとって身体の一部とも言える大切なものである。
それらは日常生活や戦闘で活用される必需品であるが、そうすると当然痛んだり欠けたりするのは避けられない。それらを常に最大限活かせるよう、手入れするのが創人の役割である。
この手入れ中は非常に集中しており、帽子に前髪をしまったり目付きが鋭くなったりと普段の落ち着いた印象からガラリと変わる。更にこの状態の彼に不用意に近づくと手入れ中の身具を向けられたりするため危険である。シルドミリアは慣れているのかお構いなしに近づいていくが。

尚、「身具」とは作中でも言われているように創人の造語であり、ポケモン公式ではそのような呼び方は一切されていない点に注意。

来歴

実は有名な刀鍛冶の子孫として産まれており、その時聞かされた「くちたけん」と「くちたたて」に興味を持って一目見るため、物語開始1年前にまどろみの森を訪れる。
シルドミリアともこの時に知り合い、森に落ちた「ねがいぼし」を欲する彼女と共に森へ立ち入る。

森の奥地でねがいぼしを手に入れ目当ての「けん」と「たて」も見つけるも、霧に包まれた上に二匹の大型ポケモンに進退を阻まれる。
攻撃がすり抜けることから実体がないことに気づき、「剣と盾は盗らない、あくまで見せてほしいだけだ」と説得することで虚像を消すことに成功。
しかしシルドミリアが不用意に近づきすぎたせいか突如強い光と衝撃に包まれ、目を覚ました時には剣と盾だけでなくシルドミリアの手持ちたちも消えてしまっていた。
大泣きする彼女を宥めつつマグノリア博士の元へ行き、「しーちゃんの手持ちがいなくなったのは自分の責任でもある」ということから知名度を上げていなくなったポケモンの情報を集めるため、ポケモンリーグに挑むことになる。

因みにそれまではバトルに関して全くの無関心だったようである。
そのためかジムでの試合後も自分の番が終わってからは、他の挑戦者の応援や、他人の戦法を学ぶより身具の手入れを優先している等、敢えて悪く言うと他者との関りにもあまり関心を持っていないようである。
現に上記のビートの件以外では自分から積極的に他者と関わろうとする素振りを見せることはあまりない。

活躍

ダンデの推薦でジムチャレンジャーになる。
ジムチャレンジに挑戦した動機は、鍛えた身具がどれだけバトルに通用するか確かめるため、そして鍛えて実力をつけ、もう一度「まどろみの森」に行って剣と盾のポケモンと戦うためである。
旅の中で「くちたけん」「くちたたて」の形状が建国神話に登場する英雄の武具に似ていることに気づき、ブラックナイトと呼ばれる災厄との関係にも迫っていく。

ラテラルタウンのジム戦では、オニオンのキョダイゲンガーの口から亡き「お師匠」こと父親の声を聞き、身具は「バトルで攻めるための道具」ではなく、ポケモンが生きるために不可欠な体の一部である事を思い出す。

アラベスクタウンのジム戦後、エネルギープラントのトラブルとパワースポットではないルートナイントンネルでダイマックス現象が報道され、起きた原因を調査した後に次のスタジアムのキルクスタウンに向かう途中、ジムリーダーのメロンにバリコオルの「氷の杖(ステッキ)」の強化と修復を依頼され引き受ける。修復中にメロンの息子でもう1人のジムリーダーのマクワから野試合を挑まれるが手が離せずマナブに代わって貰う。その時、バリコオルと杖から目を離した一瞬のうちに杖とバリコオルをコオリッポの群れに連れ去られ、シルドミリアがペタと出会った氷のステージにたどり着きその場で修復を終えるも、納得いく仕上がりにいかなかったために鍛えた身具とジムで戦うことは叶わず、ファイナルトーナメントでメロンと再戦することを目指す。

その後、ソニアから崩れたラテラルタウンの壁画の中から「2人の英雄」と「剣のポケモン」「盾のポケモン」の彫像が現れたと報告され、隠された意図を感じるもう一つの物証として以前ナックルシティの宝物庫で見た4枚のタペストリーに続く、キルクスタウンにあった5枚目のタペストリーを見る。

メロンに勝利した後、スパイクタウンに向かう前にバリコオルと信頼を作るためロトム自転車を水上移動できるアクアモードに改造して貰い、水路の9番道路を1人で進む。
合流後、シルドミリアが「くちたけん」と「くちたたて」、ポケモン達を持ち去った2人組を思い出しており、ドータクンとグソクムシャに襲撃されるがスパイクタウンのジムリーダー・ネズに助けられる。スパイクタウンで犯人のソッド・シルディを暴くも逃げられ、襲撃されたソニアからローズと2人組が手を組み災厄ブラックナイトを起こそうとしていると聞いてシルドミリア・ホップ・マリィやジムリーダー達とシュートシティのローズタワーに向かい、オリーヴと戦っていたビートと再会し相手をジムリーダーに任せて最上階にいくがローズはいなく、立体映像で「新たな英雄伝説」を始めると言われた直後に各地からパワースポットの光の柱が上がり、ナックルシティにローズとブラックナイトがいると見て急行。

道中、キョダイマックスしたカビゴンに10番道路の橋が落とされていたために、ホワイトヒル駅から運休中の線路を通ってナックルシティに到着。ソニアとダンデ、キバナ・ルリナと合流してエネルギープラント地下に向かい、ローズを問い詰めるもそれはまたも立体映像であり、本人は2人組とムゲンダイナの戦いを邪魔させないため最上階にいて閉じ込められた。

2人組が「くちたけん」「くちたたて」を使えず敗北した後、委員長を助けるようにオリーヴに言われて最上階に向かう。ジムリーダーやホップ、マリィがムゲンダイナと戦闘中、ギガ・メガが弾き飛ばされた「くちたけん」と「くちたたて」を持って現れ、手にしたときにムゲンダイナの毒に触れた事からか復元しようとしたが今までと違い鍛え方などが何も分からず、本気になったムゲンダイナを止めるため現れた本来の持ち主のザシアン・ザマゼンタに渡すことも拒んで独占しようとした。
直後、ムゲンダイナに捕まりザシアン・ザマゼンタの"ギガインパクト"がぶつかった後に行方不明になってしまう。

その後ドローンロトムの録画映像を調べたことで、ケーシィの"テレポート"のように消えていたと判明。ヨロイ島に昏睡状態で現れてマスター道場の門下生のクララに解毒剤を飲まされるも、薬の副作用で髪が伸び、師匠のマスタードに事情を聞かれる。


所有ポケモン

当初はニックネームを付けていなかったが、後に「(身具)~ン」という名前を付けるようになった。

従来の幼馴染ポケモンに位置する。崖から転落したマナブを軽やかに受け止めた。
本編開始前はカモネギだったがそれまでに腕を磨いて進化したようである。
身具はネギ槍と盾で、何でも貫くネギ槍とクリームや砂まで弾き返すネギの葉の盾を見事に使いこなして戦う。ネギ槍は切っ先の角度を鋭角にする事で空気抵抗を減らし、天然の清水にひたしミネラル分で膨張率を低下させている。
創人の主力ポケモンで信頼を置いており、相性の不利なオニオン戦やポプラ戦でも1匹以上の相手を倒したり、マナブに貸し出されたこともある。

御三家枠。初登場時は創人によるネギ槍の手入れをヒバニーと共に眺めていた。
上記のランスンがかなり強いので出番は少なめ。
身具はスティックで、ドラミングの単調なリズムの反復に焦れた相手が距離を詰めてきたところに反撃する戦法が得意。防御力の高い相手にはスピードを活かしたヒットアンドアウェイを使う。また、スティックを少し曲げる工夫を施しており、"えだづき"で投げてブーメランのように飛ばすこともできる。
妨害に現れたエール団を巣穴に誘導するためにトレーナーに向かってスティックを振り回したこともある。
エール団「トレーナーにダイレクトアタックするな~!!
※因みにトレーナーへのダイレクトアタックが多いことで有名な本作だが、実際にこの言葉が劇中で使われたのはこれが初めてである。
バウスタジアム戦を想定したマナブとの特訓でバチンキーに進化し、スティックが2本に増えた事でリズムがより複雑で強靭になった。

ワイルドエリアの巣穴にいたポケモン。創人は前々から捕獲を狙っていたらしい。
巨大な鉄骨を振り回して大暴れしたが、ヒバニーたちのほのお技で熱された鉄骨を手放した隙にランスンのブレイブバードで倒され、捕獲された。
初陣となるターフスタジアムではヤローヒメンカインファイトで一発KOするなどスペックの高さが窺える。
身具は鉄骨で、武器にも盾にもなる重たい鉄骨を軽々と振り回すパワーファイター。迫力ある振り回しが持ち味で、長大な鉄骨を囮に攻撃を誘発させて近づかせたところを反撃する戦法も使うが、攻撃が追い付かないほど凄まじいスピードの相手や自慢の鉄骨は金属ゆえ熱せられると持てなくなる欠点があるためほのおタイプの攻撃にはめられると脆い側面があり、実際に創人に捕獲された時のバトルでは過熱した鉄骨を取り落とした隙を突かれて敗北している。
余談だが、捕まえたのがドッコラーの場合は「カクザイン」(角材)、ローブシンの場合は「コンクリトン」(コンクリート)にでもなったのだろうか。

ナックルシティに生息していた。ソニアに軍配を踏まれ怒って暴れたが、創人が修繕したことで彼を気に入り自ら手持ちになった。
身具は軍配で、軍配を向けたポケモンに催眠術を掛けて操る能力を持つが、一度に操れるのは1匹だけで手入れや強化が不十分だと思い通りに操れなくなる。

タップダンスとコメディーショーの名手で、8番道路にある氷のステージでショーをしていた野生ポケモン達のスターパフォーマー。タップダンスをポケモンだけではなくガラル中の人に見せたく思ったメロンが捕獲した時に杖が折れてしまい、修復と強化のため預けられる。杖の修繕は一応できたのだが、音とタイミングのズレが気に入らず、自ら杖の強化を望んで創人の手持ちに加わった。
ジムリーダーが狙っただけあり、グンバインの催眠術を跳ね返しテッコツンと同時に倒す強さがある。
元のトレーナーのメロンにはよほど恨みがあるらしくジム戦中に直接攻撃しようとしていた。


余談

歴代図鑑所有者の主人公たちが選ぶ御三家ポケモンはくさ→ほのお→みずというローテーションが組まれており、エックスハリマロンサンニャビーときて創人はみずタイプのメッソンを選ぶかと思われていたが、身具という設定のためかサルノリを選ぶという掟破りが行われている

関連タグ

ポケスペ
ブラック(ポケスペ)…目的は違えど、ヒロインのためにリーグに挑んだのが理由の一つである別の章の主人公。

ラクツ…細かい所は違えど、手持ちポケモンが「武器」繋がりでもある別の章の主人公。

赤井勇:ポケットモンスター関連作品でフルネームが漢字表記の主人公繋がり。

関連記事

親記事

ポケスペの登場キャラクター一覧 ぽけすぺのとうじょうきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 344216

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました