ピクシブ百科事典

ビート(トレーナー)

びーと

『ポケットモンスター ソード/シールド』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「あなたたちの実力…今のでほぼほぼ理解しましたよ」

概要

ポケットモンスター ソード/シールド』登場人物のひとり。
名前の由来はおそらくヒユ科の植物であるビート
ポケモンバトルに対するプライドと、それを裏付ける実力を持った主人公のライバル

ガラルポケモンリーグの委員長、ローズから推薦状をもらいジムチャレンジに参加している。
背番号は「908」(クレバー/clever:賢い)。名前の由来になったビートの和名テンサイに掛けたシャレだと思われる。

非常にプライドが高く、高圧的な態度が目立つ少年。慇懃かつ尊大な口調の丁寧語で話す。突っかかるバランス型のホップにエスパー系のみで完勝する力は侮れない。
チャンピオンよりも、主催者である委員長、引いてはそれに推薦された自分の方が優れていると発言しており、他者への挑発に余念がないヒール系ライバル。

リーグカードによると、幼い頃にトラブルから養護施設に入所し、その事で性格が捻じ曲がってしまったのか、周囲と諍いばかり起こして孤立し寂しい時代を過ごしていた模様。
そんなある時出会ったローズに目をかけられ、ポケモンを貰い、スクールにも通わせて貰ったらしい。その為自分を評価してくれたローズの事だけは強く信奉しており、その秘書であるオリーヴの命令で彼が必要とするダイマックスバンドにも使われる鉱物「ねがいぼし」を必要以上に各地で収集している。

劇中の活躍(ネタバレ注意)

中盤ではローズへの忠誠心と彼の期待に応えたいという思いが暴走。
貴重な遺跡を借りたダイオウドウで破壊し強引に「ねがいぼし」を集めるという明確な悪事を働いてしまう(結果的にこの行為がガラル神話を紐解く鍵となるのだが)。

問い詰められても傲慢極まりない理屈で悪びれなかった事により、敬愛していたローズから失望の言葉を告げられ、そのままジムチャレンジの資格を剥奪されてしまう。
一応のライバルポジションと言えるトレーナーが、まさかの「懲戒処分による失格」でリタイアとなってしまった。

因果応報とはいえども、このまま堕落して救われない末路を遂げるのか……と思いきや、その後諦めず再チャレンジを頼みに行こうとした所に、高齢ゆえに後継ぎ探しをしていたジムリーダーポプラに「いかにもピンク」「真っ直ぐだが捻くれてもいる」という理由で気に入られ、再起の道を見出される。プレイヤーに恐怖と笑いを同時に提供する一連の流れは必見。


♥♥♥
♡♡♡


そして終盤、フェアリータイプのジムリーダーとして再起と復活を果たし、ファイナルトーナメントで再び主人公との戦いに挑む事となる(正規の手続きを踏んだ参加ではなかったため乱入扱いとなったが、ダンデの計らいにより勝負が認められた)。

この時、初めて瞳にハイライトが入る。上述の前科やポプラから逃げるための口実作りもあって、本人は主人公に敗北後トレーナーを引退する気でいたが、試合後に観客から称賛された事で引退を撤回。
相変わらずプライドが高く慇懃無礼で口が悪いが、戦いを終えた後はどこか憑き物が落ちたような姿だった。

その後は、観客席にてマリィと共に主人公とダンデの決勝戦の戦いを見守っていた。

エンディング後の事件では、アラベスクスタジアムのダイマックスポケモンを一人で静め、改めてチャンピオンとなった主人公に勝負を仕掛けてくる。
この段階では既に嫌みなしに主人公を称賛するほどに丸くなっており(成長したというべきか)、オリーヴの言い成りという立場から解放されたことで自分の生き方を決めようとしている様子。
自身がポプラからの影響を受けまくっていることについては頭を抱えていたが。

ちなみに、男性のフェアリータイプのエキスパートトレーナーは彼が初めてとなる。
元々の専門タイプを転向する経歴や、終盤まで手持ちに残ったミブリムがトレーナーに合わせるかの様にタイプが変化したケースも珍しい。

手持ちポケモン

1回目


2回目

3回目

チャンピオンカップファイナルトーナメント

4回目(クリア後)

トーナメント(クリア後)

余談

イベントシーン等では強キャラ感を出しているのだが、手持ちがエスパータイプに偏っている上に本作ではエスパータイプの弱点を突けるあくタイプの技を覚えるポケモンが序盤からやたらと出てくる為、余程捕獲をサボるか縛りプレイでもしていない限り普通にプレイしているとあっさり勝ててしまう事が多かったりする(本作での新登場で序盤の捕獲に有効な「まひ」まき要員でもあるワンパチの「かみつくだけで大抵勝てる)。
そのため、プレイヤーからはイマイチ強敵として見られていないが、道中ホップに完勝していることや、キョダイマックスポケモンを一人で鎮めた等の劇中の描写を見る限りでは、トレーナーとしての実力は決して低くはない。

ライバルがジムリーダーになる例ではグリーンチェレンが前例だが後発作品ではなく初登場作品で、ライバルからジムリーダーになる男性キャラクターは彼が初である。

ちなみにフェアリー使いとして再登場しピンクに染まったことで、ユーザーから光落ちならぬ「ピンク堕ち」「フェアリー堕ち」「メス堕ち」等と言われた。
実際、エンディング後でのバトル後にポプラのレアリーグカードを入手できるのだが、そのカードに写っている二人の様子がどう見ても調教しているようにしか見えない。

作中で確認できるダイマックス使いのトレーナーは殆どがダイマックスバンドを右手首に付けているが、ビートは左手首に付けている。
右腕に腕時計を着けているのとモンスターボールも左手で投げている事から、左利きの可能性があり、攻略本の設定資料で左利きと明記された。

彼の手持ちポケモンの殆どがミブリムを始め本来は穏やかな人間でなければ懐かない個体ばかりか、最終パーティーの面々が人に献身的だったり女性的な外見を持つポケモン(実際性別は見た目通り)ばかりで構成されており一見、トレーナー自身のキャラと不一致だの先述の様に「ピンク堕ち」だの「メス堕ち」だの言われても仕方ない要因と思われがちだが、彼がかつて独り身だった過去を考慮すれば、身寄りがおらず肉親からの愛情に恵まれてこなかった彼にとって人に寄り添うタイプのポケモンが必要だったという考察が可能である。
かつてトラブルを起こしがちで周囲から孤立した過去を送っていたビートだったが、自分を認めてくれる人々や優しいポケモン達に恵まれ、支えらえたおかげで不屈の精神を得ることが出来、いちジムリーダーとして成り上がることが出来たというわけである。

関連タグ

ポケモン剣盾 ライバル(ポケモン) ビトブリ
ホップ(トレーナー)
マリィ(トレーナー)
ポプラ(トレーナー)

グズマ…他者に認められず孤立し、最終的には忠誠を誓った主にすら見放されるが、最終的に再起する前作の似たようなトレーナー。
ザオボー…エスパータイプが専門で似たような処罰を食らっている。

他のエスパータイプの使い手
ナツメ イツキ フウとラン ゴヨウ カトレア ゴジカ ザオボー デクシオ

他のフェアリータイプの使い手
マーシュ マツリカ リーリエ(トレーナー) ポプラ

ジムリーダーになったライバル
グリーン チェレン マリィ
ビート含めた男3人は「最初は他人に棘のある対応をすることが多かったが、ストーリーを通じてだいぶ丸くなった」という共通点がある。

関連記事

親記事

ポケモン剣盾 ぽけっともんすたーそーどしーるど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビート(トレーナー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13943226

コメント