ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「あなたたちの 実力……
 今ので ほぼほぼ 理解しましたよ」

概要

ポケットモンスター ソード・シールド』に登場するライバルの一人。
名前の由来は恐らくヒユ科の植物である「ビート」。
背番号は「908」(「9=く」「0=れ」「8=は」、クレバー/clever:賢い)。
名前の由来になったビートの和名「テンサイ」に掛けたシャレだと思われる。

ガラルポケモンリーグの委員長であるローズから推薦状をもらい、ジムチャレンジに参加している少年。
非常にプライドが高く、高圧的な態度が目立っており、慇懃かつ尊大な口調の丁寧語で話す。
チャンピオンよりも主催者である委員長、引いては彼に推薦された自分の方が優れていると発言しており、他者への挑発に余念がないヒール系ライバル。

主人公や、主人公のライバルであるホップに対しても初対面の時から挑発的な態度をとっており、ホップに対してはバトルに勝利した際「チャンピオンである兄の顔に泥を塗っている」とまで発言している(なおこの発言によりホップが大きなショックを受け迷走することになってしまう)。

リーグカードによると、幼い頃にトラブルから養護施設に入所し、その事で性格が捻じ曲がってしまったのか、周囲と諍いばかり起こして孤立し寂しい時代を過ごしていた模様。

そんなある時出会ったローズに目をかけられ、ポケモンを貰い、スクールにも通わせてもらったらしい。そのため自分を評価してくれたローズの事だけは強く信奉しており、その秘書であるオリーヴの命令で彼が必要とする鉱物「ねがいぼし」を必要以上に各地で収集している。

設定資料では左利きと明記されており、作中でもダイマックスバンドを左手首に、腕時計を右腕に着け、モンスターボールも左手で投げていることが確認できる。

作中において

順調にジムチャレンジを進めていたが、中盤でローズの期待に応えたいという思いと、そんな彼に選ばれた者だという自尊心が遂に暴走。
強引に「ねがいぼし」を得るべく、借りたダイオウドウラテラルタウンの文化遺産である遺跡を破壊させるという明確な悪事を働いてしまう(しかし皮肉にもこの蛮行が、歪められたガラルの伝承を紐解く鍵となった)。

問い詰められても傲慢極まりない理屈で悪びれなかった事により、敬愛していたローズからも失望され、そのままジムチャレンジの資格を剥奪されてしまう。
ライバルポジションのトレーナーが、まさかの懲戒処分による失格でリタイアとなってしまった。

自業自得とはいえ、このまま堕落して報われぬ末路を辿るのかと思いきや、諦めず再チャレンジを頼みに行こうとしたところ、高齢ゆえに後継ぎ探しをしていたジムリーダーポプラと出くわし、「いかにもピンク」「真っ直ぐだが捻くれてもいる」という理由で気に入られ、再起の道を見出される。プレイヤーに恐怖と笑いを同時に提供する一連の流れは必見。

♥♥♥
♡♡♡


そして終盤、アラベスクタウンのジムリーダーとして再起と復活を果たし、ファイナルトーナメントで再び主人公との戦いに挑む事となる(正規の手続きを踏んだ参加ではなかったため乱入扱いとなったが、ダンデの計らいにより勝負が認められた)。

この時、初めて瞳にハイライトが入る。上述の前科やポプラから逃げるための口実作りもあって、本人は主人公に敗北後トレーナーを引退する気でいたが、試合後に観客から称賛された事で引退を撤回。
相変わらずプライドが高く慇懃無礼で口が悪い上に誰かに責任転嫁してしまう性格は変わっていないが、戦いを終えた後はどこか憑き物が落ちたような様子だった。

殿堂入り後の事件では、アラベスクスタジアムのダイマックスポケモンを一人で静め、改めてチャンピオンとなった主人公に勝負を仕掛けてくる。
この段階では既に嫌みなしに主人公を認めるほどに丸くなっている。
オリーヴの言い成りという立場から解放されたことで自分の生き方を決めようとしている様子(なお薄明の翼の展開によりオリーヴが彼を本当いいように扱っていたのかは不明)。
自身がポプラからの影響を受けまくっていることについては頭を抱えていた。
ジムチャレンジ時代にギスギスしていたホップとの関係は、ガラルスタートーナメントにて互いに憎まれ口を叩きあうものの良きライバル関係を築いている様子が窺える。

クリア後のトーナメントで勝利時に獲得できる賞金額が他のジムリーダーと比べて少し高い。
一応、ライバルポジションの1人であるが故だろうか。
ちなみに、同じような立ち位置にあるマリィは招待せずとも1日1回バトルが行える関係からか、他のジムリーダーと比べるとそこまで高い額には設定されていない。逆にホップは賞金がより高く設定されている。

ライバルがジムリーダーになる例は過去にグリーンチェレンがいるが、初登場の作品でライバルからジムリーダーになったキャラクターはビートとマリィが初である。

フェアリータイプのエキスパートトレーナーは男性では彼が初めて。
また、終盤まで手持ちに残ったミブリムは、最終進化形においてトレーナーに合わせるかのようにフェアリーとの複合タイプになっている。
元々の専門タイプから転向したとはいえエスパー要素が全くなくなったわけではなく、元々手持ちにいたガラルポニータとテブリムがそれぞれ進化して続投。新規加入の面子の1体もエスパータイプ持ちのサーナイトにしており、特定のタイプとの複合に偏らないポプラとは対照的と言える。苦楽を共にしてきたエスパータイプに対しては依然として愛着を抱いているということなのかもしれない。

なお、フェアリー使いとして再登場しピンクに染まったことで、ユーザーから光落ちならぬ「ピンク堕ち」「フェアリー堕ち」「メス堕ち」等と言われることも。
ちなみにエンディング後にポプラのレアリーグカードを入手できるのだが、そのカードに写っている二人の様子がどう見ても調教、もといビートが手なずけられているようにしか見えない。

因みに彼の専用BGMにはPWT決勝戦と同様のフレーズが使われている。

実力

イベントシーン等では強キャラ感を出しているのだが、手持ちがエスパータイプに偏っている上に本作ではエスパータイプの弱点を突けるあくタイプの技を覚えるポケモンが序盤からやたらと出てくる為、余程捕獲をサボるか縛りプレイでもしていない限り普通にプレイしているとあっさり勝ててしまう事が多かったりする(本作での新登場で序盤の捕獲に有効な「まひ」要員でもあるワンパチの「かみつくだけで大抵勝てる)。
そのため、プレイヤーからはイマイチ強敵として見られていないが、道中ホップに完勝していることや、キョダイマックスポケモンを一人で鎮めた等の劇中の描写を見る限りではローズに教育されている為かトレーナーとしての実力は優秀である。。

当初は勝負に負けても「見せ場をあげた」「本気ではなかった」などと言い訳をして自分のメンタルを守ろうとする悪癖があったが、負けの理由をポケモンのせいにだけはしておらず、決して道具扱いしてはいない。
むしろポケモンが自分が弱いと思っているトレーナーの手持ちにいることを哀れんでいるような態度もとっている場面があったり、手持ちになつき進化が条件となるニンフィアが加わった辺り、元からポケモンを大事にしていたことが伺える。

彼の相棒であるミブリムが本来は穏やかな人間でなければ懐かないポケモンであったり(おそらくローズから貰ったポケモンがミブリムと推測される)、最終パーティーの面々が人に献身的だったり女性的な外見を持つポケモン(実際性別は見た目通り)ばかりで構成されている。

仮にもライバルで男性であるにも関わらずファンシーに偏っている編成は本人の性格と相まってギャップがあり、先述の様に「ピンク堕ち」等と呼ばれる要因とされるが、彼がかつて独り身だった過去を考慮すれば、身寄りがおらず肉親からの愛情に恵まれてこなかった彼にとって人に寄り添うタイプのポケモンが必要だったという考察が可能である

かつてトラブルを起こしがちで周囲から孤立した過去を送っていたビートだったが、自分を認めてくれる人や優しいポケモン達に恵まれ、支えらえたおかげで不屈の精神を得ることが出来、いちジムリーダーとして成り上がることが出来たというわけである。

手持ちポケモン

ミブリムとその進化形が一貫して切り札となっている。
このミブリムは性格が荒れていた幼い頃にローズから譲られた個体であることが「鎧の孤島」で明らかになっており、主人公にとっての御三家ポジション、最初のパートナーである可能性が高い。

1回目 / ガラル鉱山


2回目 / 第二鉱山


3回目 / ラテラルタウン


4回目 / チャンピオンカップ乱入


5回目 / アラベスクスタジアム

  • クチート♀ Lv.61
  • サーナイト♀ Lv.61
  • ガラルギャロップ♂ Lv.62
  • ブリムオン♀ Lv.63


チャンピオンカップ再戦 トーナメント(クリア後)

  • クチート♀ Lv.61
  • サーナイト♀ Lv.61
  • ガラルギャロップ♂ Lv.62
  • ニンフィア♀ Lv.62
  • ブリムオン♀ Lv.63(キョダイマックス)


ガラルスタートーナメント

タッグバトルの対戦相手またはパートナーとして登場

  • クチート♀ Lv.72
  • ガラルギャロップ♂ Lv.73
  • ブリムオン♀ Lv.74(キョダイマックス)

チャンピオンカップ再戦 トーナメント(ガラルスタートーナメント初回挑戦後)

  • クチート♀ Lv.72
  • サーナイト♀ Lv.72
  • ガラルギャロップ♂ Lv.73
  • ニンフィア♀ Lv.73
  • ブリムオン♀ Lv.74(キョダイマックス)


アニメ版

薄明の翼

CV:永塚拓馬

第7話「空」にてセリフはないが登場。ダンデとキバナの試合を観戦していた。
その後、「EXPANSION ~星の祭~」に登場。ガラルスタートーナメントの招待状を受け取り、「ピンクの力見せてやりますよ!」と意気込んでいた。

アニポケ


2021年現在登場していない。原作通りの設定であれば、ソード&シールド編でローズと何の絡みもないのはおかしいので、少なくとも何かしらの改変は受けていると考えられる。ローズとの繋がり自体が無かったことになっている可能性もなくはない。
なお、ゲームではビートがラテラルタウンの遺跡を故意に破壊していたが、アニメのソード&シールド編ではゴウラビフットがダイマックスをした際によろけて壊してしまったという明確な「事故」という形になっている。

関連イラスト

ビート
ビートくん


ピンク×ピンク
ビートくん


関連タグ

ポケモン剣盾 アラベスクタウン
ポプラ(トレーナー)
マサル(トレーナー) ユウリ(トレーナー) ホップ(トレーナー) マリィ(トレーナー)
ジムチャレンジャー

エスパータイプ フェアリータイプ ブリムオン

似てるトレーナー達

  • ザオボーSMにおけるエスパータイプ専門。「敬語で接してくるが割と無礼な物言いが多い」、「敵組織のトップと関わっていた」、「問題行動を起こしたが後に改心し、以降はネタキャラ的な面が増えていく」「リージョンフォームのポケモンが手持ちにいる」…と、共通する所が多数ある。
  • セイボリー:剣盾の真なるエスパータイプ専門で、敬語で接してくるが無礼な物言いが多く、自らの卑怯な言動によりビートと似たような処罰を食らった経緯があるが後々改心している。さらに、ビートもセイボリーも手持ちにガラルギャロップがいるという所が共通する。また、ガラルスタートーナメントにて運が良ければ二人の掛け合いが見られる。
  • シルバー:悪事を行つつ平然と開き直っていたライバル繋がり。後に改心していることかつその改心のきっかけの1つが主人公に対する度重なる敗北である点も共通(ビートの場合ポプラの影響のほうが大きいが)。ただしビートが見下す相手が人間限定なのに対し、彼は当初ポケモンすら見下す態度をとっていた。また、ビートがローズに依存していたのに対し、彼はむしろ依存していた相手(父)が惨敗したショックでグレていたという違いも。
  • クロス:アニメ映画のライバル。GSCライバルに近い性格の持ち主。こちらも悪事を行ったが後に改心した。
  • シューティー:アニメ(BW編)のライバル。ビートたちと違い、明確な悪事は行わないが、性格に歪みがあり傲慢な態度を取ったり問題行動を起こしてしまうこともある。改心というよりは主人公を認める展開がある。


シルバー、クロスに関しては悪事に限らず、ビートと違いポケモンを道具扱いする相違点が見られたが、その短所自体は後々治した。

準似てるトレーナー

  • シンジ:アニメ(DP編)のライバル。性格の歪みに関してはビート、GSCライバル、シューティーに通ずるが、「他人を見下す」というよりは「『強さ』に執着し、それ以外に無関心」なタイプで、改心の方向性も彼らとはやや異なり、シューティーにも言えるが故意的には悪事は行っていない。比較するとポケモンは大事にするが卑劣なやり方も厭わないビートとポケモンを酷使するがそれ以外の倫理はある程度は弁えているシンジとどちらも負の側面を抱えていながらその点が真逆であったものの、どちらもその負の側面を治していった。ちなみに主人公との決戦時に1番手に繰り出したのがどちらもはがねタイプ(複合)のポケモン(ビートはクチート、シンジはボスゴドラ)である。
  • ラングレー:主人公ではなくアニメ版におけるヒロインのライバル。同じくBW編のライバルであるシューティーと同様の傲慢な態度で口も悪いうえ問題行動を起こしたりしたが、ビートの破壊活動よりかは可愛いものであり起こしてもせいぜい朝御飯の盗み食い程度である。最初からポケモンに優しい点もビートと共通するが、彼女はドラゴンポケモンにだけある種の偏見を抱いている。ただし、そんな彼女も回を追うごとにライバルを認め出し性格も幾分か丸くなってく点がビートと共通する。さらに、偶然か必然か両者が愛用しているポケモン達のタイプの大半がドラゴンタイプに有効なタイプでありその中の一体がはがね複合(ビートはクチート、ラングレーはキリキザン)という点も同じであるうえ、二人して公式の手によりネタ要素を付け加えられたりする(ビートはピンク墜ち、ラングレーはライバルであるアイリスルークゾロアに度々からかわれる)。
  • グズマ:ライバルではなく悪の組織(小規模)のボス(むしタイプ専門)。唯一認めてもらえた相手にすら見放されるが、最終的に再起する点が共通している。こちらもメンバーにはがね複合(ハッサム)がいる。
  • ミルフィ:XY世代のアニポケから登場したライバル。「ポケモンに優しくする一方でちょっと毒舌気味」だが問題行動は全く起こしてないため、ビートらよりはマイルドなキャラである(この事は後述のミカンも該当する。)。彼女も回を追うごとにライバルを認め出してるうえ、手持ちにフェアリーポケモン(ペロリーム)がいる所がビートと共通する。
  • ミカン:過去にいわタイプ使いからはがねタイプ使いへと転向したジムリーダー。ただし転向した理由は一切不明。

その他

  • ローズマリー・アップルフィールド別作品の登場人物だが、ビートと同じく不憫な生い立ち(彼女は孤児院出身)ながらも我欲の為に問題行動もとい悪行を起こして主人公と何度か対立したという点が似てるのだが、後々改心したビートらとは異なって彼女は改心どころか主人公と関係を修復することはしなかった(一応、あることに対しては主人公に謝罪していた)。ちなみに両者とも植物由来の名前で、自身に関わっていた中年男性が何らかの形で罰を受けた点も共通する。

他のエスパータイプの使い手

ナツメ(ポケモン) イツキ フウとラン ゴヨウ カトレア(トレーナー)
ゴジカ ザオボー デクシオ セイボリー(トレーナー)

他のフェアリータイプの使い手

マーシュ(トレーナー) マツリカ(ポケモン) リーリエ(ポケモン) ポプラ(トレーナー)

コンビタグ

ビトブリ ピンク師弟

関連記事

親記事

ライバル(ポケモン) ぽけもんのらいばる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビート(トレーナー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42596678

コメント