ピクシブ百科事典

ゴチミル

ごちみる

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.575
イッシュ図鑑第1版No.081
イッシュ図鑑第2版 No.137
英語名Gothorita
ぶんるいあやつりポケモン
タイプエスパー
高さ0.7m
重さ18.0kg
とくせいおみとおし / かちき(第6世代~) / かげふみ(隠れ特性)


進化

ゴチムゴチミル(Lv.32)ゴチルゼル(Lv.41)

ゴチトリオ



概要

ゴチムの進化形。初登場は同じく第5世代(BW)。
頭身が上がり、髪(?)も伸びてツインテール状になった。ラルトスキルリアの前例を踏襲するように、こちらもミニスカート状の構造を持ち非常に女性的な風貌となっている。でもやっぱり♂もいる
特徴的だった目付きは一転して半眼となり、それに伴い分類名が「あやつりポケモン」という、より怪しげな肩書きに変わっている。名前はゴチ「ミル」と言ってるのに。一方、特性に変化はない。

イッシュポケモンの例に漏れずこの系統も進化が遅く、ラルトスが最終進化を終えてもまだゴチムのままという有様である。その分ステータスはキルリアよりも高く、「しんかのきせき」の効果を役立てられる程度には強くなっている。

『ブラック』と『ホワイト』で語られる生態がまるで異なっており、『ブラック』では催眠術で他人を操るという分類名を裏切らないもの、『ホワイト』では星明りを原動力に石を浮かべて星の配置を記すという占星術師じみたものとなっている。

両者は『BW2』で合体事故を起こし、
星明りが 輝く 夜に 寝ている こどもたちを 操って 遊ぶ 話が 多く 残る。(原文ママ)
という、ロリーパーの後継者みたいな事になった。もう少しマシな組み合わせ方は無かったのだろうか・・・

しかも、それでいて技としての「さいみんじゅつ」は使えない。何なんだアンタら

こうした特徴が互いに相殺し合ったのか、キルリアほどの注目は集めずにいたゴチミルであったが、『BW2』にて攻略本の販促キャンペーンに抜擢された事で流れが変わる。
購入者のみに隠れ特性(夢特性)として強力な「かげふみ」を持った個体をゲットする権利が与えられたのである。
このゴチミルは♂固定で、当然の事ながら1体限りの存在とされたため、趣味的な方面でも「男の娘」や「ヤンホモ」といった属性の考察が進められるようになった。ゲーフリェ・・・

また、外伝の『ポケモン+ノブナガの野望』ではガラシャのベストパートナーに指定され、催眠術設定を活かした「さいみんオーラ(一定の確率で自動的に敵をねむり状態にする)」等、本編とはまた異なる強力な特性も得て活躍した。

第6世代では、特性周りの設定見直しによって「かげふみ」が一般化し、技の遺伝も可能になったほか、新たに「かちき」を得てアタッカーとしての役割も強化している。
進化先やタイプを増やしていったキルリアに比べると派手さは薄れるが、着々と存在感を増しているポケモンと言えよう。

関連イラスト

個人的出現場所別ゴチミルのイメージ
【ポケナガ】 ガラシャとゴチミル


アタシのほうがうまく使いこなすわっっ
「あんた、あたいとキャラ被ってない?」



関連記事

ポケモン一覧 ポケモンBW
ダブラン:本来対になる立場のポケモン。
チラーミィ:ゲーム中の関係は特に無いが、名前繋がりでよく引き合いに出されるポケモン。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴチミル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 510549

コメント