ピクシブ百科事典

ゴチミル

ごちみる

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.575
イッシュ図鑑第1版No.081
イッシュ図鑑第2版 No.137
英語名Gothorita
ぶんるいあやつりポケモン
タイプエスパー
高さ0.7m
重さ18.0kg
とくせいおみとおし / かちき(第6世代~) / かげふみ(隠れ特性)


進化

ゴチムゴチミル(Lv.32)ゴチルゼル(Lv.41)

ゴチトリオ



概要

ゴチムの進化形。初登場は同じく第5世代。
頭身が上がり、髪のような部分も伸びてツインテール状になった。
体はミニスカート状の構造となり、非常に女性的な風貌となっている。(ただし、ゴチムから引き続き♂も存在する)

ゴチムの頃のぱっちりとした目付きは一転して半眼となり、進化に伴い分類名が「あやつりポケモン」という、より怪しげな肩書きに変わっている。特性に変化はなし。

イッシュポケモンの例に漏れずこの系統も進化が遅いが、「しんかのきせき」の効果を役立てられる程度には強くなっている。

図鑑の説明文によると、『ブラック』では催眠術で他者を操ったり、眠った者を連れ去る話があるという分類名を裏切らない性質、『ホワイト』では星明りを原動力に石を浮かべて星の配置を記すという占星術師じみた生態が見られる。
また、『BW2』の図鑑によると「星明りが輝く夜に寝ている子供たちを操って遊ぶ話」が多く残っているらしい。

『BW2』では攻略本の販促キャンペーンで、購入者にのみ隠れ特性(夢特性)として強力な「かげふみ」を持った個体を入手できる権利が与えられた。ちなみに性別は♂固定。

第6世代では、特性周りの設定見直しによって「かげふみ」が一般化し、技の遺伝も可能になったほか、新たに「かちき」を得てアタッカーとしての役割も強化している。

第8世代の図鑑説明では『制裁の魔女』というまどマギじみた異名を戴く事になった。

外伝の『ポケモン+ノブナガの野望』ではガラシャのベストパートナーに指定され、催眠術設定を活かした「さいみんオーラ(一定の確率で自動的に敵をねむり状態にする)」等、本編とはまた異なる強力な特性も得て活躍した。

関連イラスト

個人的出現場所別ゴチミルのイメージ
【ポケナガ】 ガラシャとゴチミル


アタシのほうがうまく使いこなすわっっ
「あんた、あたいとキャラ被ってない?」



関連記事

ポケモン一覧 ポケモンBW

ブーピッグ:分類が同じ「あやつりポケモン」
ダブラン:対になる立場のポケモン

関連記事

親記事

ゴチム ごちむ

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴチミル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 917232

コメント