ピクシブ百科事典

ライバル(ポケモン)

ぽけもんのらいばる

ゲーム「ポケットモンスターシリーズ」に登場するライバルポジションのキャラクター。
目次[非表示]

アニメ「ポケットモンスター」シリーズに登場するライバルはこちらを参照→サトシのライバル

概要

大抵のバージョンの序盤(主人公が最初のポケモンを手に入れたあたり)で出会うトレーナー。主人公の旅の中でしばしば登場し、バトルを挑んでくる。

ダイヤモンド・パール以降はシナリオでマルチバトルで共闘するケースがある。
性格は全体的に癖が強く、親族が特別な役職に就いていることが多い(性格面に関しては、近年では割と良識的な人物が多くなる傾向にある)。

性別比は男性にかなり偏っている。特に1人しかライバルがいない作品の場合は男性のみ。
一部作品では選ばなかった性別の主人公がライバルとして登場することがあるが、それを除けば女性のライバルは現在4人しかいない。

以下、特記の無い限り主人公に有利な御三家を使う。

一覧

赤・緑・青・ピカチュウ第3世代でのリメイク含むグリーン※1
金・銀・クリスタルバージョンリメイク含むシルバー※1
ルビー・サファイア・エメラルドリメイク含むユウキ/ハルカミツル
ダイヤモンド・パール・プラチナジュン※1
ブラック・ホワイトチェレンベルN
ブラック2・ホワイト2ヒュウ※1
X・Yカルム/セレナサナティエルノトロバ
サン・ムーンウルトラサン・ウルトラムーンハウグラジオ
Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイシン※1
ソード・シールドホップマリィビートクララ※2、セイボリー※3

※1…名前を自由に決めることが可能。
※2…追加DLC『鎧の孤島』限定。『ソード』のみ登場。
※3…同上。『シールド』のみ登場。

第1世代

グリーン赤・緑・青・ピカチュウ

グリーン
むらさきコンビ


ゲームではデフォルトネームがいくつかあり、正式名称がなかったために名前が決まっていなかった。
次第にデフォルトネームのなかから赤緑の「緑」から取った「グリーン」や「シゲル」、主人公は「赤」から取ったレッドやサトシで呼ばれるようになる。
以降、ポケスペギエピーなど、様々なアンソロジー含む初代を題材にした漫画では「ライバル=グリーン」の式が確立。
その影響か、続編の金銀ではグリーンとして再登場。全ての始まりとなるライバルは「グリーン」となった。

海外では「緑」が「Blue Version(青)」として発売されたため、名前がBlue(ブルー)になっている。

ポケスペ版はグリーン(ポケスペ)を参照。TVアニメ版では彼をモデルとしたオーキド・シゲルが登場した。

第2世代

シルバー金・銀・クリスタルバージョン

ライバル
金・銀リメイクおめでとう!


この頃もこれと言った正式名称がなかったために名前が定まっていなかったが、同作の男主人公と対比する形でシルバーと呼ばれることが多く、ポケスペで彼に相当するキャラも「シルバー」である。
しかし、リメイク作が発売されてからは、リメイク前の彼も名前を付けずにライバルと呼ばれることが多くなっていた。これに関する詳細は後述の第4世代を参照。

第3世代

初の名前が固定されたライバルが登場。

ユウキ/ハルカルビー・サファイア・エメラルド

ユウハル
赤いこと青いこ


CV(ハルカ):KAORIアニポケ

初めて主人公キャラがNPCとしても登場。
選ばれなかった方の主人公が、先輩トレーナー兼ライバルとしてこの名前で登場する。

ミツル(ルビー・サファイア・エメラルド)

ミツル&サーナイト
ミツル


主人公を除けば、初めて名前が固定されたライバル。
同時に、初の御三家を使わないライバルでもある。

海外名はWally(ウォーリー)

グリーン(ファイアレッド・リーフグリーン

「ボンジュール!」
ねぇねぇ、こっちむいて!


CV:江口拓也THE ORIGIN)、福山潤ジェネレーションズ)、逢坂良太マスターズ

初の旧作リメイクライバル。名前こそ変わりはしなかったが、デザインがアレンジされ、服装の上下の配色が入れ替わった。
後の作品でもこちらをベースとしたデザインで登場する事が多い。

海外でも「Blue Version」(日本版での「緑」)に相当するバージョンが「LeafGreen Version」として発売されたが、彼の海外名は『HGSS』以降でもBlue(ブルー)のまま。

ポケモンジェネレーションズでは挑戦者名義で登場。
これは彼が登場する話の題名でもある。

ポケスペでもグリーンがコスチュームチェンジする形で登場。

第4世代

ジュンダイヤモンド・パール・プラチナ

おくれたら ばっきん100まんえんな!
コンビネーション


CV:鈴木達央(アニポケ)、代永翼(マスターズ)

前述のグリーンや『GSC』のライバルと同じく、名前を自由に決めることが可能。

元々この名前は『ダイヤモンド』における選択肢の一つで、『パール』では選択肢の名前が全く異なり(「ヒサシ」など)、さらに何も入力しなかった場合は選択肢にない「パール」/「ダイヤ」になるため名前が定まっていなかった。

そのため便宜上の通称としてジュンが使われていたが、アニメで正式にこの名前で登場し、さらに『プラチナ』でもこの名前が選択肢として続投したことから、事実上の公式名となった。

海外名はBarry(バリー)

ポケスペで彼に相当するキャラはパール

シルバー(ハートゴールド・ソウルシルバー

ひとのじゃましてんじゃねーよ
ライバル


CV:逢坂良太(ジェネレーションズ)

リメイクにあたり旧作からデザインがアレンジされ、特に髪型が大きく変化している。

主人公達と比べると容姿の変化が小さいことや、何も入力しなかった際の名前がリメイク元から変更されていることもあってか、名前を付けずにライバルのタグが用いられることが多かったが、
2019年に発表された『ポケモンスケールワールド』シリーズや、2020年に参戦した『マスターズ』において、『金』『クリスタルバージョン』のシルバーが公式名として設定されている。

ポケモンジェネレーションズではサカキの息子名義で登場。同作で初めて声が付くことになった。

ポケスペでもシルバーがコスチュームチェンジする形で登場。

第5世代

チェレンベルブラック・ホワイト

BW!
真夏の幼馴染


CV(チェレン):木村良平BW2PVアニメ)、江口拓也(アニポケ)、阿部敦(マスターズ)
CV(ベル):伊藤静(アニポケ)、竹達彩奈(BW2PVアニメ)

ライバルというよりは幼馴染としての側面の方が強く、主人公と「競う」場面は少ない(特にベル)。

チェレンはこれまでのライバルの設定に則り主人公に有利な御三家を、ベルは主人公に不利な御三家を使う。

ベルの海外名はBianca(ビアンカ)。チェレンは日本名と同様のCheren

N(ブラック・ホワイト)

休戦
明け


CV:神谷浩史(BW2PVアニメ)、中村悠一(アニポケ)、石田彰(ジェネレーションズ)

ミツルに続く御三家を使わない、さらに初の伝説のポケモンを使うライバルであり、本作の重要なキーキャラクター。
表向きの悪の組織ボスであるためか、海外では彼をライバルに含めない意見の方が優勢である。

Nだけでは無関係なイラストがたくさん混ざるため、タグを付ける際は「N(トレーナー)」の形が好ましい。

海外名も同様にN
初期設定におけるフルネームは「ナチュラル・ハルモニア・グロピウス」。

ヒュウブラック2・ホワイト2

おれはいまからry
ライバルゥウウウウ


CV:皆川純子(PVアニメ)

前述のグリーンなどと同じく、名前を自由に決めることが可能。

『GSC』や『HGSS』のライバルと同じく選択肢はないが、あらかじめこの名前が入っている。
よって、用意された名前は一つだけであり、ポケスペでもヒュウとして登場。
ジュンとは違い、カードゲームでも「ライバル」名義ではなくこの名前が使われている。

海外名も同様にHugh

第6世代

カルム/セレナX・Y

お隣さん
お隣さん


CV(カルム):小野賢章(マスターズ)
CV(セレナ):牧口真幸(アニポケ)

久々に選ばれなかった方の主人公がライバルとして登場。
ただし主人公の場合と異なり、帽子は被っていない。

サナティエルノトロバ(X・Y)

ヒマワリ


CV(サナ):小堀友里絵(アニポケ)
CV(ティエルノ):勝杏里(アニポケ)
CV(トロバ):藤井美波(アニポケ)

正確にはサポートキャラに近く、主人公と競う意思は薄い。
トロバは「ポケモンずかんの完成度を比べる」という一風変わった勝負を仕掛けてくることも。

海外名はサナがShauna(ショーナ)、トロバがTrevor(トレバー)、ティエルノが日本名と同様のTierno

ユウキ/ハルカオメガルビー・アルファサファイア

ミズゴロウとユウキくん
ハルカ


CV(ユウキ):岡本信彦(PVアニメ)、三瓶由布子(マスターズ)
CV(ハルカ):花澤香菜(PVアニメ)

基本的にリメイク元と同様。
本作では出番が増加し、友達としての側面が強まった。

ミツル(オメガルビー・アルファサファイア)

また逢えましたね・・・・
ミツルの日


こちらも基本的にリメイク元と同様。しかし…

第7世代

ハウサン・ムーンウルトラサン・ウルトラムーン

いただきまーす!
ハウくん


CV:福山潤(アニポケ)、山下大輝(マスターズ)

ポケモンのライバルとしては珍しく、主人公に不利な御三家を使う。
前述した通り、ベルはライバルというよりは幼馴染の側面が強いため、ハウは初の主人公に不利な御三家を使うメインライバルと言えるであろう。

『USUM』では出番が増え、よりライバルとしての側面が強まった。

海外名も同じくHau

グラジオ(サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン)

悪くない仲
グラジオ


CV:岡本信彦(アニポケ)

3人目となるメインストーリー上で御三家を使わない、そしてシリーズ初の準伝説を使うライバル。
ただし、シルヴァディが主人公の御三家に有利なタイプのメモリを持っている他、『USUM』では主人公と同じタイプのカントー御三家を使ってくるため、そういった意味では従来のライバルに近いと言える。

海外名は若干だが日本名と異なり、Gladion(グラディオン)となっている。

ちなみに、主人公に有利なアローラ御三家を使うのはククイ博士である。

シンLet's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ

ブイ
ライバル


ポケモンシリーズ全体を通して初となる、デフォルトネームが存在しないライバル
そのため、同作の主人公達と同様に、公式PVで使われたシンという名前で呼ばれている。

名前の由来は「進」で、シンはその音読み。
海外名は「足跡」などの意味を持つTrace(トレース)
主人公達と同じく進むことに関する単語が由来で、タイトルの『Let's Go!』とかけたものと思われる。

第8世代

ホップソード・シールド

ホップくん〜


CV:三瓶由布子薄明の翼

隣の家に住む主人公と同じ日にトレーナーとして旅立つ。
往年のライバルに相当するポジション。ガラル地方の現チャンピオンダンデの弟。
『SM』のハウに続き主人公に不利な御三家を使う。また、ゲーム開始時から既にパートナーのポケモン(ウールー)を持っている。

マリィ(ソード・シールド)

マリィ


相棒ポケモンのモルペコと共に、とある目的のためにチャンピオンを目指す。
可憐な見た目と冷静な試合運びから熱狂的なファンになってしまう人達も。
そして(選ばなかった方の性別の主人公達を除けば)シリーズ初となる「主人公と競う女性ライバル」である。

ビート(ソード・シールド)

ビートくん


ポケモンバトルに対する高いプライドとそれに見合った実力を持つ。
リーグ委員長のローズから推薦状をもらいジムチャレンジに参加している。

クララ(ソード)

クララ


ヨロイじまで、マスタードの元で主人公と共に修行する人物。
常に笑顔を絶やさない、どこか妖艶な雰囲気を漂わせた若い女性。
どくタイプの使い手で、後述するセイボリーとは対になっている。

セイボリー(シールド)

セイボリー


ヨロイじまで、マスタードの元で主人公と共に修行する人物。
礼儀正しいが、プライド高い一面も持ち、主人公をライバル視している。
エスパータイプの使い手で、上記のクララとは対になっている。

関連イラスト

好きトリオ
ライバル
ライバル!
ライバル!


あ!
待ち伏せバトル
腕試しといこうや!
バトルしようぜ!!!



関連タグ

ポケモン ポケモントレーナー ライバル
ポケモン主人公 ポケモン男主人公 ポケモン女主人公

関連記事

親記事

ポケモントレーナー ぽけもんとれーなー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ライバル(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1126055

コメント