ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ミツル(トレーナー)

みつる

ゲーム『ポケットモンスター ルビー・サファイア』、マイナーチェンジ版『ポケットモンスター エメラルド』、リメイク版『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』に登場するキャラクター。
目次 [非表示]

概要編集

ポケットモンスタールビー・サファイア・エメラルド』およびリメイク版『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』に登場するキャラクター。


作中にはオダマキ博士の子供でホウエン御三家を持つユウキハルカもライバルとして登場するが、チャンピオンロードまでやってきて主人公に挑むのはミツルのほうであり、彼が本作における実質的なライバルキャラといえる。


人物編集

緑色の髪の色白な少年。

服装は『RSE』では白いワイシャツと黄緑のズボン。

『ORAS』ではシャツに水色のカーディガンを羽織り、終盤ではキーストーンが付いたメガペンダントを身に着けている。

いかにも気弱でおとなしそう外見だが、意外にもしっかり者で行動力がある。


活躍編集

ルビー・サファイア・エメラルド編集

326+

生まれつき病弱で、療養のためトウカシティの両親の元を離れ、空気が良いシダケタウンの叔父の家に住むことになった際、寂しくならないようにと野生のラルトス(♂)を主人公と一緒に捕まえる。なお、このラルトスを捕まえるチュートリアルは乱数調整をすれば捕獲作業用にミツルがセンリに貸してもらったジグザグマで倒すことができるが、そのまま捕獲した扱いでストーリーが進む。


シダケタウンの生活で元気を取り戻した後、ラルトス一匹でキンセツシティのジムに挑もうと無茶をするも、叔父と主人公によって止められる。

その際の主人公とのポケモン勝負において、本当のポケモントレーナーというものを学んだ。


そのしばらく後にポケモントレーナーとしてシダケタウンを旅立ち、主人公を遥かに上回るペースでホウエン地方のジムを制覇。

トレーナーとして見違えるように成長した彼は、ラルトスをサーナイトにまで進化させ、チャンピオンロードにて主人公に勝負を挑んでくる。


しかしながら今作のライバル枠のキャラクターとしてはストーリーへの絡みが少なく、最後に登場するチャンピオンロードでは不意打ち同然にバトルを挑んでくるためあまりユーザーからは良い印象を抱かれているキャラクターとは言い難かったが…


オメガルビー・アルファサファイア編集

基本的な流れや出番は『ルビー・サファイア・エメラルド』と同様。

絵柄の変化などもあり、非常にショタっ気の強い見た目になっている。

こちらは両親や親戚の許可を得た上でトウカシティから旅立っており、ラルトスをゲット後にポケナビにアプリ機能を付け足してくれる。


『RSE』の後のシリーズ『DPt』で新たな進化形のエルレイドが登場し、前作『XY』にてサーナイトがメガシンカ可能になったことに対応してか、『ORAS』ではミツルのラルトスはエルレイドに進化し、メガシンカを獲得した。


ミツルのエルレイドの持ち物である「エルレイドナイト」は、シダケタウン-カナズミシティ間を繋ぐトンネル「カナシダトンネル」で発掘された石の一つで、ここで岩に阻まれて会えずに困っていたミツルの従姉妹ミチルとその恋人が見つけたものである。

「サーナイトナイト」とまるで対であるかのように一緒に発見され、このうちエルレイドナイトをミツルが受け取っていたようで、残ったサーナイトナイトはストーリー後半でシダケタウンを再度訪れると主人公が貰う事ができる。

エピソードデルタ』のエンディングでは、センリから貰ったチケットで「バトルリゾート」へ向かった。元気になった息子の姿に両親も喜んでいる様子。


しかし…


無題


「くっ……ここで詰んだか……」


主人公がバトルハウスのスーパーバトルで50連勝を達成するとミツルが現れ、その後勝負することができる。この時主人公に負けたミツルは「詰んだか」「抜かれてしまう」などと発言し、このポケモン廃人のようなセリフを始めとしてネット上では廃人化と呼ばれネタにされている。


これ以降、早朝や深夜にたくさんのタマゴを抱えて走り回っている緑髪のランニング王子の噂、タイプ相性や基礎ポイントについて語る緑髪のマニア王子の噂、選びに選びぬいたポケモンでバトルハウスを賑わせている緑髪のエルレイド使いの噂をバトルリゾートにいるNPCが話すようになる。


ポケモンマルチナビのトレーナーアイによる再戦も可能となるが、その際、

など、現実世界のポケモン廃人のように強力な手持ちになっている


なお、続投メンバーも別の個体になっている(一部木の実をなげつけることで容易に判別できる)が、これはゲームバランスの都合による変化であり、槍玉に挙げるべきものではない。

というか、そもそもRSEの頃からサーナイトと最初のラルトスはシステム上別個体である。

さらに言うなればそもそも今までのシリーズに登場した様々なトレーナー達のポケモンもシステム上別個体である場合が多い


旅立った時から大きく変わったミツルであるが、主人公に負けた際には、


さすがは(主人公)さんです!ぼくのベストメンバーを倒すだなんて!

それにしても…ほんとに…ポケモン勝負っていいですよね…

こうしてトレーニングと勝負の毎日を過ごして思うんです

本当に楽しくって楽しくって!ここは僕の居場所なんだなって!

ぼく…もっともっと強くなります!だからまた勝負お願いします!


とも言い残し、ポケモン勝負を楽しむ気持ちと主人公への憧れは変わっていないことが分かる。

彼の『廃人化』は強くなりたいという純粋な望みの結果である。その上でミツルという人物の力を求める故での変化が良いか悪いかを判断するのは、各々のプレイヤーの価値観次第といえるのだ。


サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン編集

ポケモンSM』『ポケモンUSUM』では、殿堂入り後のバトル施設「バトルツリー」のボストレーナーの一人として登場。

顔つきはORASよりもやや精悍で自信に満ちた顔つきになっている。


余談編集

先述の通り廃人化したミツルは、バトルハウスのスーパーバトルで50連勝しなければ出現しない。(シングル以外のダブルやトリプルを50連勝しても出現する)

スーパーを50連勝ともなると、ほとんどの場合まずはプレイヤー側がそれなりの厳選などのやり込みプレイをする必要がある。顔を合わせるだけでも一苦労であり、強化ミツルを見ないまま終わるプレイヤーも少なくはないだろう。

また、条件を満たさない限り廃人と化した彼について言及するNPCも出現しない。つまりプレイヤーが廃人でない限り、彼は廃人化しないとも言われる。

元々RSEの頃から闘志を燃やすキャラクターとして描かれていた(記事冒頭の「ぼくは もう まけない」はRSEの時点でも存在したセリフ)ため、その闘志の向いている対象である主人公が廃人になったのなら、ライバルとしてそれを追いかけるのはごく自然なわけである。


海外では「もうこれは一から育て直しかな」というセリフがネタにされている。


ちなみにバトルリゾートでの初戦では、彼の旅メンバーをLv.60台まで上げて最終進化形にしたパーティと戦うことになる。

勝つために選んだ再戦時メンバーの話題が一人歩きしているが、バトルリゾートに着いてからも、旅で彼を支え続けていたポケモン達はちゃんと育てているようだ。


ライバルのテーマ

病弱だった頃からは想像もつかない、激しいメタル調の曲。

キンセツシティでの戦闘後、主人公に「あなたを僕のライバルに・・・」と言えなかった彼の戦闘用BGMにこのタイトルが冠せられているのは、彼の成長を意味しているのだろうか?

戦闘曲扱いではないため、対人戦で流すことはできないが、代わりにバトルリゾートのBGMのひとつになっている。

ちなみにこの曲は歴代ポケモンシリーズにもあった「個人のテーマ曲の戦闘曲アレンジ」であり、ミツルのテーマと聞き比べると同じようなメロディーラインを発見する事が出来る(今作の新キャラであるヒガナ(Zinna)も個人のテーマとその戦闘曲アレンジ(「戦闘!伝承者ヒガナ」)を持っている)。


他媒体編集

ポケットモンスターSPECIAL編集

詳細はミツル(ポケスペ)を参照。


ポケモンマスターズEX編集

2024年時点で3組のバディーズが実装されている。

CV担当は村瀬歩


ミツル&エルレイド編集

ミツル&エルレイド

『ORAS』の姿で登場。バディーズわざを打つことでメガシンカするかくとうタイプのアタッカーバディーズ。EXカラーはエルレイドを意識した白と深緑。


性能はクリティカットで急所率を、Tわざ「ぼくは勝つんだ!」で攻撃、特攻、命中率を上げることができる両刀アタッカー。

メガシンカ後にはローキックインファイトに変化することで物理火力も大幅に上がるが、メガシンカ前から使える特殊技きあいだまが他の格闘バディーズとの最も大きな差別化点である。


マジコスミツルサーナイト(色違い)編集

ミツルくんマジコス

原作同様にサーナイトをバディとしたミツル。身に纏うマジコスは色違いのメガサーナイトをモチーフとした黒を基調としたもの。登場イベントでは同じサーナイト使いであるカルネとの絡みが描かれた。


「せいれいのねがい」によってせいれいゾーンを展開できるフェアリータイプのテクニカルバディーズで、ゾーン展開時にはバディーズわざの威力が2倍になる。メガシンカした際に解放されるシンクロわざ「極・マジカルシャイン」によって相手全員の攻撃と特攻を4段階ダウン、フェアリー抵抗を1段階ダウンできるため相手の火力を削りつつ味方のフェアリー技の火力を補強できる。


ミツル&エネコロロ編集

トレーナーズサロンにてミツルとの親密度レベルを100にすると仲間になるノーマルタイプのサポートバディーズ。エネコロロはリメイク前後を問わずチャンピオンロードの勝負で使用し、リメイク後もバトルリゾートの初戦までは手持ちに加わっている。


配布バディーズとは思えないほどクセがなく扱いやすい優秀な性能。Tわざ「ぜったい勝とうね!」によってチーム全員の防御と特防を4段階まで上げられ、1ゲージ技の「なきごえ」や「ミニキズぐすりG」まで所持している。バフ・デバフ・回復の三拍子が揃っているため編成に困った際に組み込めば活躍が見込める。


使用ポケモン編集

ラルトスは最終的に『RSE』ではサーナイトに、『ORAS』ではエルレイドに進化。さらにメガシンカによりメガエルレイドとなる。

それ以外の手持ちは特に変更なし。


ルビー・サファイア・エメラルド編集

キンセツシティ


チャンピオンロード

※対戦するごとにポケモンのレベルが3ずつ上昇していく


オメガルビー・アルファサファイア編集

1回目キンセツシティ


2回目チャンピオンロード


バトルリゾート(初戦)


バトルリゾート(再戦)


前述の通り持ち物や特性、手持ちのメンバーに関してはかなりガチ寄りにはなっているが、

まだまだ修行中ということなのか、技構成や個体値に関しては若干甘い面が多い


手持ちポケモンの最高レベルは81と歴代トレーナーの中でも指折りの高さを誇っていたが、SVゼロの秘宝公開によりミツルの手持ちポケモンのレベルを超えるトレーナーが続出した(ちなみに歴代1位は同率2人でHGSSにおけるレッドBDSPにおけるシロナ88、3位も同率でSVスグリネモシアノ87、6位も同率でプラチナでのライバルBDSPにおけるゴヨウピカブイレッドSVボタンオモダカカキツバタタロネリネ85となっている)。


サン・ムーン編集


関連イラスト編集

ルビー・サファイア・エメラルド

ミツルくんと保護者ミツル


オメガルビー・アルファサファイア

ミツルの日ミツルくん


関連タグ編集

ポケモン ライバル(ポケモン) ポケモンRSE ポケモンORAS

第3世代:ポケモンRSE ライバル チャンピオンロード

第6世代:ポケモンORAS メガシンカ 彼岸花

豊縁トリオ(ホウエン組):ユウキ ハルカ


ミツル

ポケモントレーナー ポケトレ

ポケモン廃人 ガチパ


関連キャラ

ワタル(トレーナー)…ゲームシステムにまつわるネタキャラという点では先輩

は本編から過去の物語であるため当然出演しないが、ムベ…『LEGENDSアルセウス』の登場人物でミツルの先祖と思われる人物。エースとなる使用ポケモンもミツルと同じくサーナイトとエルレイドである。


表記ゆれ編集

ミツル(ポケトレ)※現在タグはこちらの方が多い

ORASミツル

関連記事

親記事

ライバル(ポケモン) ぽけもんのらいばる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4176294

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました