2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ヒガナ

ひがな

「ポケットモンスター」シリーズに登場する人物で、ORASのサブストーリー「エピソード・デルタ」の鍵を握る。
目次[非表示]

概要

ヒガナ


ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア』に登場するキャラクター。
RSEには登場していないリメイク版オリジナルのキャラクター。
名前の由来は恐らく「ヒガンバナ彼岸花)」と思われる。

「シガナ」と言う名前のゴニョニョと共に旅を続けている
シガナ自体は戦闘に参加しないが相当の強さであるようで、また「」と呼ぶほど可愛がっている。
シガナの名前の由来は、「彼岸」と対をなす言葉である「此岸」の可能性が高い。
その正体や素性などの一切が謎に包まれており、エピソードデルタの鍵を握っている。

海外名は「百日草」の英名である「Zinnia」(ジニア)。

やや褐色気味の肌、ボロボロのマントを羽織っているなど、どこか異民族的な印象。
しかしマントの下は、黒いタンクトップにベージュ色の短パン、ニーソックス等今時の服装であり、髪型はおかっぱ風の黒髪。
メガリングの一種・メガアンクレットを(右足首)に装着している。

メガネと来て更に特徴的な形と位置である。
これにより手持ちであるボーマンダメガボーマンダへとメガシンカさせる。

野生児のような独特の動きは非常に印象に残るものとなっている。
対戦終了時は満面の笑みを浮かべて満足そうに頷くと言う、至って普通のモーションであるがために一層強烈な印象を与える。

伝承者



その正体は、『流星の民』の末裔にして正統な伝承者
当初はマグマ団(OR)/アクア団(AS)に潜入しており、カガリ/ウシオの部下として行動していた。

主人公に興味を抱きつつも本編では顔見せするだけに止まっており、その後はえんとつ山でアオギリ(OR)/マツブサ(AS)と対峙している3人の団員のうちのひとりとして登場するのみに留まっている。人によっては言わなければヒガナだと気づかないだろう。

本格的に登場するのは殿堂入りした後のストーリー「エピソードデルタ」。
メガシンカ発見のきっかけとなった事件に大きく関わった千年前より飛来が予見されていた巨大隕石衝突の危機の回避の為、レックウザをメガシンカさせその力で大気圏を突破して隕石を破壊してもらう為、暗躍する事になる。

性格

飄々としたつかみ所のない言動が多く、常人には理解し難い思考の持ち主。

手持ちポケモン

シナリオ「エピソードデルタ」では2回戦闘をすることになる。
ドラゴンであるレックウザを祀る流星の民だけあってか、ドラゴンタイプのポケモンばかりで構成されている。

ちなみに、バトル時の専用BGM「戦闘!伝承者ヒガナ」は2回目でしか流れない(1回目は一般トレーナー戦のBGM)。またこの専用BGMは非常に人気が高く、「みんなで決める2014年の新曲ランキング」では537曲中2位、「みんなで決めるRPGバトルBGMランキングベスト100」では494曲中6位に堂々のランクインをはたした。

1回目(石の洞窟)


2回目(空の柱)

ドラゴンで固められている事から、ドラゴン・こおり・フェアリータイプの技が一貫して通る。
特に2戦目はレックウザが強制的に先発になるが、タイプで圧倒的に有利なのでよほどの事が無い限り負けることは無い。メガレックウザならば尚更である。
そもそも、勝つ必要すらない(勝敗に問わらず話が進む)。

残された謎

  • 彼女の正体

彼女は「流星の民の末裔」で「現代における正当な伝承者」であること以外は謎になっている。

想像力が足りないよ
時限転移装置で隕石を転移させ世界を救おうとするダイゴ達に対して、彼等を過去の大戦争にて使われた危険性を伴う技術に頼り、新たな方法を模索しない者達と評し言い放った言葉。その後別の場面でも使用している。

ねえ!してよ!メガシンカしなさいよ!
レックウザがメガシンカする力を失っていたため、今までの積み重ねやこのために割り切ってきた犠牲の全てが無駄になるかもしれないという状況と、使命も果たせず世界を守る事が出来ないという絶望から錯乱・激昂し、レックウザに対して叫んだ言葉。
なお、彼女が作中において取り乱したのはこの場面のみである。

他媒体

ポケスペ
詳しくは、ヒガナ(ポケスペ)参照。

ポケモンマスターズ
CV:愛美

2020年1月末より期間限定開催の伝説ポケモンイベント「天空を統べる竜」で加入する配布バディーズ。
シガナは連れておらず、ボーマンダをバディとして活動していた。
エピソードデルタの後日談として、使命を果たせなかったことで自分には何もなくなってしまったと失念している様子だったが、レックウザと今一度向き合うことで、いつか自分の果たすべき使命が訪れた時のために、力を貸してほしいと願う。
その結果、自分を取り戻すことができた上に、無事レックウザをバディにすることにも成功している。
戦闘BGMは原作では石の洞窟で一度戦うことも考慮してか、通常ホウエントレーナー戦とヒガナ戦のミックス。

ヒガナ



わざはげきりんりゅうせいぐんの両刀。サブウェポンにつばめがえしも。
メインウェポンはどちらも混乱や特攻低下というデメリットを持つため、トレーナーわざ「想像力を働かせて」を挟んでデメリットをある程度打ち消しながら戦うスタイル。
後に実装されたポテンシャル機能によりどちらか一方のデメリットを無効化出来るパッシブを得る事が出来るようになったので、ポテンシャルを粘れば安定したアタッカーになれる。
また、バディストーンボードの拡張により「こんらん無効」を付けつつ「りゅうせいぐん」のデメリットを幾分か打ち消せるようになり、かなり使いやすさが上がった。
悪の組織ホウエン編の前編開始に合わせて星6EXが、後編に合わせてメガシンカが解禁された。ORAS本編では叶うことが無かったレックウザのメガシンカを遂に発動させることに成功した。悪の組織編のシナリオにてこのシーンでは「メガシンカしなさいよ!」と散々ネタにされて来たセリフを言うのだが、本当にレックウザのメガシンカに成功する為に使われるとは誰が予想出来ただろうか。
メガシンカ後は「つばめがえし」が「ガリョウテンセイ」に変化する他、「初登場時ダウン解除」と「技後ゲージ増加2」が追加される。

その後開催された「チーム・ホウエン結成!」ではエピソードデルタ内で一悶着あったハルカダイゴと顔を合わせているが、特に関係に問題があるようにも見えないので、2人には彼女なりに謝罪を済ませていると思われる。(エピソードデルタ後主人公にわざわざ感謝の手紙を送る彼女の性格を考えると、みんなに謝罪をしていてもおかしな話ではない。)
このエピソードはいわゆるエピソードデルタの後日談なのでヒガナファンからは評価が高い。
バトルポイント実装で、ボーマンダをバディにしたヒガナを仲間にできる。恐らく上記にあるイベント内で使用していたボーマンダだと思われる。
自己バフを積みつつドラゴンダイブでの怯みを狙うテクニカルバディーズとなっており、相手の変化技を封じる変化ガードという新たなトレーナー技も持ち合わせている。

ポケモンエボリューションズ
CV:佐倉綾音
第6話「ザ・ウィッシュ」で登場。

関連イラスト

彼岸の花
ヒガナ


🐉
ヒガナ



ヒガナ
マンガ『大空を飛ぶ』



関連タグ

ポケモン ORAS
エピソードデルタ ヒガナ(ポケモン)(曖昧さ回避)

他のドラゴンタイプの使い手
ワタル(トレーナー) イブキ(トレーナー) ゲンジ(トレーナー) シャガ アイリス(ポケモン) ドラセナ(トレーナー) リュウキ(トレーナー) キバナ ハッサク(トレーナー)

関連記事

親記事

エピソードデルタ えぴそーどでるた

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13976067

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました