ピクシブ百科事典

ガチゴラス

がちごらす

ガチゴラスとは、ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモン(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ぜんこくずかんNo.697
カロスずかんコーストカロス/No.065
ぶんるいぼうくんポケモン
タイプいわドラゴン
たかさ2.5m
おもさ270.0kg
とくせいがんじょうあご/いしあたま


他言語版の名称

英語 Tyrantrum
イタリア語Tyrantrum
スペイン語Tyrantrum
フランス語Rexillius
ドイツ語 Monargoras


進化

顎落下ポケモン


チゴラスガチゴラス(朝・昼の間にLv39以上に上げる)

概要

ポケモンXYで登場した化石ポケモンで、チゴラスの進化形。
チゴラスと比べると高さは2倍、重さはなんと10倍にもなり、よりティラノサウルスに近い姿になった。さらに首に生えた体毛は襟巻きを彷彿とさせ、トサカも王冠のような形になり、「王者」の風格を思わせるデザインとなっている。

「ぼうくんポケモン」の分類が示すとおり、1億年前の世界では無敵を誇っており、王者として君臨していたポケモンである。最大の武器である大きなアゴは、分厚い鉄板すらも紙のように噛みちぎってしまうほど強力である。

ゲームでの性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ
82121119695971

ステータスは攻撃・防御は高く特攻・特防は低めといういわタイプの典型的なものだが、意外と素早さもそれなりにある。というか素早さはあのキノガッサより1上である。
攻撃技はいわタイプ最強のもろはのずつき、特性の効果が乗る多数のキバ技に加えどういうわけかりゅうのまいまで習得できる。但しキバ技やりゅうのまいは遺伝技である為バトルで使うと(性別比が7:1である事も相まって)なるとなかなか育成が面倒なポケモンである(しかも夢特性解禁でさらに面倒になっている)。
何気につのドリルあまえる等、見た目では想像も付かない技まで習得してしまう。

夢特性いしあたま(進化前はがんじょう)。
これにより「もろはのずつき」が無反動で放てるようになった為自慢の物理耐久がさらに活かしやすくなった。反面今までサブ~メインウェポンとしての採用が多かったキバ技の威力が下がった為この辺は一長一短である。
超火力で相手を叩きのめす暴君っぷりを見せ付けるか、様々な絡め手で的確に弱点を突く智将っぷり(なお、ティラノサウルスは恐竜の中では知能は高い方)を見せ付けるかはトレーナー次第である。

欠点は「弱点の多さ」。
特に攻撃面でメジャーなタイプがかなり揃っており、弱点を攻められるとあっさり落ちてしまう事も。
ただ、物理耐久は前述の通り高めである為中途半端な物理攻撃では早々落ちない。
ついでに、ドラゴン複合では数少ない4倍弱点なしという点にも活路を見出したい。
また、ドラゴンとしては珍しくノーマルタイプやひこうタイプに対して後出しできると言う利点がある為うまく活用してあげたい。特に使用率の高いファイアローに対して有利なのは見逃せない点。

またドラゴンタイプでありながらドラゴンタイプの技に恵まれない点も地味に痛い。
特にXYではげきりん」「ドラゴンダイブ」のどちらも習得できず、物理ドラゴン技の最高打点が「ドラゴンクロー」しかなく威力不足であった為、ドラゴン技を切ってこの枠にこおりのキバを入れると言うのがメジャーだった。
一応「りゅうせいぐん」も覚えられるが、特攻が低い(それでも69あるが)ため有効活用できない。
この点はORASの教え技で「げきりん」を習得した事である程度解決された。

「チゴラスの進化後ガチゴラス」は少し駄洒落っぽい言い方である。

余談だが、アニメに登場するユリーカのパジャマはガチゴラスである。

デザインを担当したのは『ロックマンギガミックス』で有名な有賀ヒトシ先生
ちなみにロックマン7スラッシュマンステージによく似た顔のティラノサウルス型のキング・ガジュラスがいたりする。(スラッシュマン自体も恐竜がモチーフ。)

キング・ガジュラス




主な使用トレーナー


関連イラスト

がちごらす!



関連タグ

ポケモン ポケモンXY
いわタイプ ドラゴンタイプ
化石ポケモン
チゴラス
アマルス アマルルガ

ガブティラ

進化前の頭に1文字足した進化ポケモン

オオタチ マニューラ ドサイドン ギギアル ギギギアル

pixivに投稿された作品 pixivで「ガチゴラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 466211

コメント