ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第八世代
タイプいわ
威力120
命中90
PP10
分類特殊
直接攻撃×
範囲単体
効果1ターン目に宇宙の力を集めることで特攻が上がり2ターン目に相手を攻撃する。
英語名Meteor Beam


概要

第八世代から登場する、鎧の孤島で新しく追加された教え技。
ソーラービームのように宇宙の力を身体に集め、強力なビームとして発射する。

パワージェムから10年以上経って登場した3つ目の特殊いわ技にして、威力120のいわ特殊最強技となった。
加えて溜め技では珍しく、チャージしたターンに特攻が1段階上昇し発射後も戻る事は無い。これは防御が1段階上昇するロケットずつき以来だったりする。

なのでパワフルハーブで即発射すれば実質威力は180という凄まじい威力が出る上、以降の特殊技も上がった特攻のままで放てるので、いのちのたまといった火力補強アイテムの代わりにもなる。

欠点として2発目以降は必ずターン消費が必要となり、まず撃つ前に潰されるので、どうしても連発したい時はダイマックスしてから「ダイロック」として放つ事をオススメする(特攻上昇効果は消えてしまうが)。


隕石といえばまずは岩…と思うがポケモンの世界においてはあまり当てはまらないようで、宇宙・隕石を用いた技で初めて岩タイプとなった技。
ビームを撃つので名前に反して実際に隕石は落ちてこないのだが…。

はがねタイプの「コメットパンチ」、エスパータイプの「コスモパワー」、ドラゴンタイプの「りゅうせいぐん」、あくタイプの「ブラックホールイクリプス」、かくとうタイプの「スターアサルト」等など。とまぁ色々ある割にはそのどれもが岩ではなかった。
一方でポケモンとしては惑星・星をイメージするポケモンはちゃんと大体岩タイプに分類されている。

習得者についてだがパワージェムよりは緩いとはいえメテオビームという名前から天体や宇宙と関係する要素を持っているポケモン、特にエスパータイプはがねタイプのポケモンの方が多い。
肝心のいわタイプの方は特攻が低いポケモンが多く、最も高い特攻種族値は特攻95のルナトーン、次点で特攻80のセキタンザンである。一応イワパレスガメノデスは強力な積み技「からをやぶる」を覚えるため全く使えないといったわけでは無いのだが…

隕石は絶滅の要因として挙げられるためかサニゴーン系統やカセキメラもこの技を覚える。

関連項目

ポケモン わざ ポケモン技一覧
いわタイプ

関連記事

親記事

特殊技 とくしゅわざ

兄弟記事

コメント